「消費税」アップ直前「主婦目線!今、買っておきたいモノ5つ」

2014.03.09.12:22

消費税アップまでいよいよカウントダウン!今、買っておきたいものを5つ主婦歴間もなく30年アラフィフ視点で5つピックアップしてみました。また消費税アップ前後で価格っはいったいどの程度異なるのか?シュミレーションを交えて考えてみました。




消費税アップまでに買っておきたいもの5つ


1.備蓄品


東日本大震災以降、最近では東京でも大雪で缶詰ということもあって我が家でも定番となった備蓄品。3月は賞味期限切れとなる食品も多いことから総点検。買い替え、買い足しをしました。



  1. 備蓄の中で最も重要になる「水」。最低でも家族ひとり2L/1日必要で計算。例え水道が回復しても直ぐに飲めない可能性もあることからある程度余裕を持って、一方で消費期限を考慮して備蓄量を計算しました。

    12L ✕ 12個 = 144L
    144L ÷ 2人 ÷ 2L(1日にあたり確保したい水の量) = 36日分

    2人家族の我が家で備えた水はウォーターサーバー用12L入りの水を12個。もしもの時の備えとしては36日、約1ヶ月分となります。
     
  2. 缶詰
    これまで食べられれば良いと思って味にこだわらず買っていたのですが、賞味期限ぎりぎりになって処分のために実際に食べると、普段、缶詰を食べる習慣がないので飽きてくるのですよね(苦笑)。有事の時こそせめて食べものは美味しいものを頂きたい、昨年、流行した大人の缶詰を中心に揃えることにしました。
     
  3. レトルト食品
    缶詰同様、備蓄のレトルト食品を食べることが楽しみになるようなレトルト食品を選ぶようにしています。ブログ友だちオススメは中村屋のレトルトカレー。最近では試食会で初めて食べて、この頃のレトルトカレーのレベルの高さに感動、無印良品のカレー1個300円を買い揃えたいと思っています。
     
  4. ロングライフ商品
    普段使いとして目につくようになったロングライフ商品。豆腐、牛乳など普段使いの食品は通常使う量とは別に用意しておきたい食品です。

2.家電・パソコン等周辺消耗品


パソコン周辺であればプリンターカートリッジ、プリンタ用紙など、家電周辺商品であれば掃除機のフィルターなど、普段より値段が一定で変わらないもの。


3.老舗ブランドバッグ


今後1ドル80円を切るようなことは無いと想定。1つ辺り単価が高いバッグ他ブランド商品は買っておきたいもののひとつです。


私自身、ブランドに強くこだわっている訳ではないのですが、その道一筋、長くモノ作りに携わってきている老舗には、ブランドとして名を馳せる理由があると考えています。


例えば信頼出来る店で買ったバッグは細部修理が必要ながらも購入後20年以上経つのに未だ現役。一方で2年前に買ったセールで買った1万円皮バッグは金具などパーツは1つも傷んでいない状態でありながら、試用回数ほんの10数回2年経たない内に表面の皮がボロボロになって使うことができなくなりました。高くても良いものを長く大切に使いたい私としては未だ使えるのに使えなくなったバッグを見るにつけ悲しい限り。長く使うものは信頼できるブランドを選びたいと思うようになりました。


4.美容関連消耗品


女性であれば必需品スキンケアコスメ、ヘアシャンプー。コスメブランドも消費税アップには戦々恐々としているらしく今春リニューアルする商品も多く見かけますが、日頃使っているものなので勝手知ったる値段。1年で使いきれる分を目安に買い足し予定です。


5.定期券他


通勤、通学ルートが決まっているならずばり6ヶ月定期。或いは回数券。


ディズニーランド年間パスポートも人気沸騰中なのだとか!旅行が決まっているなら出来ることならパッケージツアー申し込み、出張が決まっているなら新幹線や飛行機のチケットを買っておきたいところです。


消費税アップ前後でこれだけ違う!


消費税アップ直前、買い忘れがないよう計画的に買い物ができるように自分用に買い物予定のリストを作ってみました。また「消費税アップ前後」でどの程度価格が異なってくるのか把握するために差額を集計しておくことにしました。


消費税アップ直前買い物リスト
    税抜き
価格
消費税5% 消費税8% 差額
1 6ヶ月定期券 60,000 63,000 64,800 1,800
2 ウォーター
サーバ用水
36,000 37,800 38,880 1,080
3 備蓄食品 30,000 31,500 32,400 900
4 プリンタ
カートリッジ
4,000 4,200 4,320 120
5 用紙 3,000 3,150 3,240 90
6 電気歯ブラシ 10,000 10,500 10,800 300
7 同替えブラシ 3,200 3,360 3,456 96
8 タフトブラシ 7,200 7,560 7,776 216
9 ブランドバッグ 50,000 52,500 54,000 1,500
10 春スーツ 20,000 21,000 21,600 600
11 20,000 21,000 21,600 600
12 美容院 10,000 10,500 10,800 300
13 美容関連 30,000 31,500 32,400 900
14 ギフト 30,000 31,500 32,400 900
合計 9,402

表項番2~5:家全体の備蓄品が含まれますが、その他商品は個人用になります。消費税アップ直前、買い物で失敗しないために立てた方針に則り買い物リストを作成しました。


消費税アップ直前、買い物で失敗しないための買い物リスト


  1. 必ず買うものを買う。
  2. 賞味期限・消費期限をチェックして買う。
  3. 保管場所を考えて買う。
  4. 買い溜めはしない。
  5. 値崩れがないものを買う。
  6. 消耗品は基本的に1年内に使いきれるものを買う。

6「消耗品であっても1年内」とした理由は値崩れがないものであっても1年後の生活変化まで見通せないため。食べものであれば賞味・消費期限が存在すること。食べものでなくても例えば新品未使用の靴やバッグであっても経年劣化で接着剤が甘くなり使えなくなる可能性があるので注意が必要です。


買い物リストから外したもの


  • トイレットペーパー
  • ティッシュボックス
  • 家電

「トイレットペーパー」「ティッシュボックス」を除外した理由は消費税前後であっても特価で買えるか否かによって大きく異なるため。また収納先など限界があることが理由。


オイルショック時、何処へ行ってもトイレットペーパーが手に入らなかった!!!「あの異常事態はオイル不足ではなく人が引き起こしたショック」を痛感している私としてはトイレットペーパーひとつで右往左往したくない。日頃から行っている震災時用備蓄の買い足し、通常備蓄以外の買い溜めはするつもりはありません。


エコポイント制度以後値崩れが激しかった「家電」。そもそも価格変動がが激しいこと、交換時期ではないことから無理をして買うことは控えました。

関連記事

スポンサードリンク



theme : 家計簿
genre : ライフ

comment

※現在、記事単位のコメントエリアは閉じています。 コメントがある方は問い合わせフォームよりお願いします。
サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

PickUp
カテゴリ
最新記事一覧
スレンダートーンでポッコリお腹は何処まで凹む?1ヶ月経過レポ Mar 20, 2017
イイハナ・ドットコム2017母の日ギフトは早期注文がお得♪ Mar 18, 2017
ヴァントルテ・ミネラルシルクファンデ感想~カバー力あるのに敏感肌でも使うことが出来ました♪ Mar 12, 2017
血糖値スパイク対策に低GI「えん麦」で作るトロトロ料理&スイーツ Mar 11, 2017
コラーゲンでカラダ内外から本気でスキンケア・マニュアル Mar 07, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ