記憶に残る母の日ギフト”エプロンブーケ”、”トートバッグブーケ”とは~2017日比谷花壇母の日ギフトアレポ

2017.04.18.10:01

2017 母の日 トートバックブーケ エプロンブーケ  日比谷花壇 


2017年5月14日(日曜日)母の日ですね。


花束をラッピングしている包み紙がエプロンやトートバッグだったら?


サプライズギフトとなることはもちろん、フラワーギフトに普段使いのアイテムを添えることで何時迄もお母さんの記憶に残る贈り物となります。



NEW!写真:日比谷花壇では2017年もエプロンブーケ、トートバッグが登場しています。

日比谷花壇_2014年母の日ギフト特集


以下、記事では日比谷花壇で母の日定番「エプロンブーケ」「トートバッグブーケ」について、ギフトを受け取ったひと時サプライズに留まらず永く記憶に残るギフトであるのか・・・詳細を徹底チェックしています。



 
目次
1.エプロンブーケとは?
2.トートバッグブーケとは?
3.合わせてcheck! 単体でも買えるトートバッグ
4.贈り手:お母さんの「記憶」に残る贈りものを選ぶ基本は「観察」と「行動」

1. エプロンブーケとは?


母の日リバティプリント エプロンブーケ「ポピーアンドデイジー」


「エプロンブーケ」とは日比谷花壇より母の日ギフトとして販売されているフラワーギフトです。


花束をラッピングしているのは何とエプロンです!


写真は2014年母の日エプロンブーケ。毎年デザインが変わるので”母の日”定番プレゼントとして贈っても飽きることがありません。


母の日リバティプリント エプロンブーケ「ポピーアンドデイジー」


写真:日比谷花壇母の日2014エプロンブーケ内容。


毎年エプロンのデザイン、柄は変わりますが使いやすさを考えた作りは一貫して高水準。


エプロンにはあると便利なポケットを付けるなど使い勝手良く作られています。


PICKUP!2017母の日エプロンブーケ~サンキューミッキー


2017 母の日 エプロンブーケ 日比谷花壇(ミッキーマウス)手に持った様子


2017年母の日エプロンブーケで注目は何と言ってもコレ!【日比谷花壇】【母の日】ディズニー エプロンブーケ「サンキュー ミッキー」です。


2017 母の日 エプロンブーケ 日比谷花壇(ミッキーマウス)ラッピング


花束を傾けるとラッピングはキャンパス地風の布=エプロンで出来ていることが分かりますね。


2017年ラッピングならぬエプロン柄はまぎれもなくミッキーマウスです!


「エプロンブーケ」といえばリバティ柄に代表される花のイメージが強かったのですが日比谷花壇も今年は挑戦!?或いは大人ディズニーファンの熱い声があったのかな(笑)。


私の知る限り数年間内に登場したエプロンブーケとしてはディズニーモチーフは初めて登場するデザインと思われます。


2017 母の日 エプロンブーケ 花 日比谷花壇


エプロンブーケに包まれた花束は母の日定番カーネーション。


カーネーションの間から顔を出すピンクの薔薇もキュートです。


2017 母の日 エプロンブーケ白 日比谷花壇(ミッキーマウス)


日比谷花壇スタッフさんにエプロンをつけてもらいました。


2017 母の日 エプロンブーケ白 日比谷花壇(ミッキーマウス)使った様子


ディズニーというと子どもっぽい印象かと思ったのですがさすが白地に赤がアクセントになったシンプルなデザインは大人の雰囲気です。


2017 母の日 エプロンブーケ赤 日比谷花壇(ミッキーマウス)使った様子


2017年は大盤振る舞い!?


エプロンは裏表リバーシブルで使うことができます。


2017 母の日 エプロンブーケ赤 日比谷花壇(ミッキーマウス)


赤に白抜きのデザインがモダンです。


2017母の日エプロンブーケ~リバティ柄


展示会では残念ながら拝見していないのですが2017年もしっかりリバティプリント柄のエプロンブーケをが登場しています。



画像:リバティプリント エプロンブーケ「ミシェル」@日比谷花壇(※画像クリックで販売ページに遷移します)。



画像:リバティプリント エプロンブーケ「カペル&ヴァレリー」@日比谷花壇(※画像クリックで販売ページに遷移します)。


ラッピングとなるリバティ柄のデザインはもちろんですが、ブーケ主役である花の組み合わせもエプロンに使われているリバティに合わせて変化をつけていることが分かります。


エプロンは使い込むうち意外と汚れが目立つエプロンは何枚あっても困らないもののひとつ。


年に1回、母の日にエプロンを新しいものに変えれば気分一新。


日々料理をしている母さんにとっては記憶に残る、嬉しい贈りものとなりますね。


【目次へ戻る。】

2. トートバッグブーケとは?


2017 母の日 トートバックブーケ 日比谷花壇 手に持った様子


写真:トートバッグブーケ「シャンドゥフルール」日比谷花壇販売2017母の日ギフト


「トートバッグブーケ」とは日比谷花壇より母の日ギフトとして販売されているフラワーギフトです。


2017 母の日 トートバックブーケ デザイン 日比谷花壇


写真:トートバッグブーケ「シャンドゥフルール」日比谷花壇販売2017母の日ギフト


ブーケのラッピングはトートバックとして使うことができます。


日比谷花壇 母の日2016 トートバッグブーケ


参考まで、写真は去年2016年母の日ギフト「トートバックブーケ」です。


エプロンブーケ同様、毎年デザインが変わるので安心して贈ることができますね♪


日比谷花壇 母の日2016 トートバッグブーケ


写真:2016年母の日「トートバックブーケ」


大容量なので買い物に行くときはもちろん、旅行先での土産サブバッグとして重宝します。


毎日のお買い物に使って貰えそうなトートバッグは普段使いのものとしてお母さんの記憶に残る贈りものとなってくれること請け合いです。


NEW!2017年母の日トートバッグブーケ内容


2017 母の日 トートバックブーケ 日比谷花壇 手に持った様子


【日比谷花壇】【母の日】トートバッグブーケ「シャンドゥフルール」です。


色とりどりのカーネーションを包むラッピングならぬトート柄2017年版はパステル調で見ているだけでやさしい気持ちになれます。


2017 母の日 トートバックブーケ 縫製 日比谷花壇


しっかりした縫製は健在。ディリーに活躍してくれそうです。


2017 母の日 トートバックブーケ 日比谷花壇 使った様子


持ち手のグリーンがアクセントになっていて素敵です。


普段使いのトートバックは意外に汚れて来るもの。年に1度母の日に新しいトートバックを見る度、使う度、お母さんの笑顔が目に浮かびます。


【目次へ戻る。】

3. 合わせてCHECK! 単体で購入することが出来る トートバッグ


母の日トートバッグブーケ「グラッツェ」


写真:2014年母の日フェアで撮影したリバティプリントのトートバック。


日比谷花壇ではトートバッグ単体でも購入することが出来ます。


雨の日も安心のマットラミネート加工。母の日に生花フラワーギフトと一緒に合わせて贈ってみるのも良さそうです。


日比谷花壇リバティプリント トートバッグ「ロデン」


さすが花屋が作ったトートバッグ!?内側に花を入れるホルダーポケットと茎を支える紐がついるのでお花の持ち帰りにも便利です。


細部に渡って配慮された作りは花好きであれば使うほど気に入ること間違いなし!買い物ついでに花屋さんについ足が向きそうな、花が大好きなお母さんにとって長く愛用してもらえそうなバッグです。


日比谷花壇リバティプリント トートバッグ「ロデン」


外で買った切り花もこんなトートバッグがあれば優しく持ち帰ることができますね。


日比谷花壇オリジナルトートバッグ詳細




  • 写真上:【日比谷花壇】リバティプリント トートバッグ「プリンスジョージ」。
  • 写真下: 【日比谷花壇】米織小紋 A4フラットバッグ(梅)(山形県)

※画像クリックで販売ページに遷移します。


前出エプロンブーケ、トートバッグと異なり人気定番柄は通年デザインを変えずに販売している商品もあります。


贈り手:お母さんの「記憶」に残る贈りものを選ぶ基本は「観察」と「行動」


日比谷花壇母の日ギフトスイーツセット


贈りもの基本は如何に相手を観察しているかということに尽きると考えています。


例えば恋をした時「相手は何が好きなのか」「相手は何に興味があるのか」人は相手のことを必死になって観察します。「贈りもの」とは突き詰めれば如何に相手に愛があるかによって意味合いが大きく変わってくるように思えてならないのです。


な~んて、ハードルを上げてしまったけど「母のために買ってみたものの全く使っていないなぁ」など私もいつも失敗続きです(苦笑)。世の中そんなに甘くない。母親とは言えそう簡単に相手の気持ちが分かる筈が無いのですよね。


「心底より喜んでもらうことは難しい」されど「Try&Error」だと私は思っています。


「大好き」「ありがとう」という言葉は口にしない限り、或いは手紙に認めない限り贈り手には届きません。大切なことは贈り手、お母さんのことをまずは知ろうとする努力、そして失敗を恐れず行動すること。


「日頃、お母さんはどんな風に暮らしているのかな」など想像を巡らせ「母の日」に何か贈るのも良し、時間やお金に余裕がないのであれば「ありがとう」のひと言でも十分お母さんの記憶に残る母の日になると思います。


写真は日比谷花壇「母の日」ギフト定番「花とスイーツ」のセット。例え遠く離れていても・・家族写真と一緒にメッセージカードを贈ってみたり、花と一緒にお母さんの大好きなお菓子を贈ることで、お母さんにとっていつまでも記憶に残る「母の日」となってくれと思います。



記事で紹介した母の日フラワーギフト詳細はこちら  日比谷花壇【母の日ギフト特集】


【目次へ戻る。】

関連記事

スポンサードリンク



theme : 贈り物・プレゼント
genre : ライフ

comment

※現在、記事単位のコメントエリアは閉じています。 コメントがある方は問い合わせフォームよりお願いします。
サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

お気に入り♪
カテゴリ
最新記事一覧
EMSトレーニングパット「Bodypump ボディポンプ」1カ月間使った感想 Oct 17, 2017
EMSトレーニングパッド Bodypump ボディポンプ使ってみた感想 Sep 25, 2017
井村雅代ヘッドコーチ語る「日本シンクロ復活」秘話~ファイテン・ファンの集い参加レポ Sep 22, 2017
40代から始めたい「脳梗塞」対策まとめ Sep 11, 2017
自分に合うマットレスを求めて!睡眠セミナーで診断受けてきました♪ Aug 26, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ