化粧品でシミを何とかしたい!b.glen:ビーグレン使い始める。

2014.03.18.12:18

b.glenビーグレン ハイドロキノン ホワイトケア


ファンデーションだけではどうにも消せないシミを今年こそ何とかしようと思う一方で、レーザーでのシミ取りを始め美容皮膚科でのシミ取りにはどうも一步踏み出せなかった私が、出合ったスキンケアプログラムがハイドロキノン配合b.glen(ビーグレン)ホワイトexプログラムでした。



NEWS!b.glen(ビーグレン)にてホワイトケアプログラムがリニューアルしました。詳細はオンラインショップで確認して下さい。  肌トラブルを改善するサイエンスコスメb.glen


 

b.glenビーグレンホワイトexプログラムの特徴


b.glenビーグレン ハイドロキノン ホワイトケア


  • サイエンス技術から生まれたスキンケアブランド
  • QuSome(キューソーム)による独自の浸透テクノロジー採用
  • ハイドロキノン配合
  • ハイドロキノン誘導体であるアルブチン配合
  • ビタミンC配合

b.glenビーグレン ハイドロキノン ホワイトケア


▲b.glenビーグレンより届いたホワイトexプログラムのトライアルパッケージ。「brightening」ブライトニングは肌を明るくするという意味。シミというと出来てしまった場所だけを何とかしたい!とばかり兎角ピンポイントで考えがちだけど実は肌全体の問題なのですよね。


私がb.glenビーグレンでホワイトケアしたいと思った理由


  1. レーザー治療は怖い、化粧品を塗るだけでシミを何とかしたい。
  2. そもそも顔全体がくすんできているのでピンポイントに治療するレーザーではキリがない気がする。
  3. ファンデーションではもはや隠しきれない。
  4. コンシーラを使いすぎると厚塗り化。乾燥した肌なので目立つことこの上ない(ToT)
  5. 肌乾燥が進んで敏感肌になってきた。
  6. 10年来のシミがあるので遠回りはしたくない。
  7. もうこれ以上シミを増やしたくない。
  8. 信頼できるブランド製品を使いたい。

私がb.glenホワイトexプログラムプログラムに興味を持った理由は以前、NHKあさイチ!で紹介されていた特集「最新のシミ事情」の中に、塗っただけでシミへアプローチ出来るハイドロキノンという成分があること、b.glen(ビーグレン)ホワイトクリームexにはハイドロキノンが配合されていることを知った為。


できてしまったシミにアプローチしてくれる漂白型の美容成分であるハイドロキノンを使ってレーザー治療などに因らず、顔中に出来てしまったシミを何とかしたいと思ったからです。


b.glenビーグレンホワイトクリームexセットは思いの外、簡単ステップ


b.glenビーグレン ハイドロキノン ホワイトケア


▲b.glenビーグレンホワイトケアexプログラムのトライアルを手に持った様子。たっぷり1週間試すことが出来ます。


  1. STEP1:化粧水で保湿する。
    まずは土台づくり。乾燥しきった土台=肌では何をしても無駄になってしまいそうなので大切なステップです。
  2. STEP2:美容液で整える。
    制肌成分である高濃度ビタミンC配合の美容液であるCserum(Cセラム)を使います。
  3. STEP3:クリームでケアする。
    いよいよブライトニング成分であるハイドロキノン配合のクリームの登場です!!使う量はパール1~2粒程度でOK。額、あご、両頬、鼻の5点に置いてから内側から外側へ円を描くように伸ばしていくとのこと。最後にハンド。プッシュして顔全体を押さえてオシマイ。

たったこれだけ。拍子抜けしそうなほどシンプルケアだったので面倒なことが苦手な私でも長続きできそうです。


b.glen(ビーグレン)ホワイトクリームexトライアルセットのテクスチャーを確認してみる。


b.glenビーグレン 10-YBローション


▲b.glenビーグレン10-YBローションさっばりタイプは以前にも使ったことがあるので安心して使いはじめることが出来ました。


b.glenビーグレン 10-YBローション


▲さっぱりタイプなのだけど、乾燥しきったアラフィフ肌の私にも物足りないという感じは全くありません。付け心地は「うるおす」という言葉ぴったりな感じ。10-YBローションを付けた後はベタベタすることなくしっとりと落ち着いてきます。


b.glenビーグレン ハイドロキノン ホワイトケア


▲写真、向かって左:透明なテクスチャーはCセラム。右:白いクリーム状がハイドロキノン配合!ホワイトクリームexです。


b.glenビーグレン Cセラム ハイドロキノン ホワイトケア


▲Cセラムの方がとろみ感ある液体ということもあって伸び感は良いです。


b.glenビーグレン Cセラム ハイドロキノン ホワイトケア


▲共に強い香りはなくこの頃、乾燥が進んでトラブル気味な私の肌にもよく馴染んでくれました。


おまけ:クレイウォッシュ


b.glenビーグレン「クレイウォッシュ」


▲余談ですが「ホワイトクリームexセット」トライアルをついてきたら今だけなのかな?クレイウォッシュが1つおまけについてきました(喜)。


b.glen(ビーグレン)「クレイウォッシュ」は「にきびケア」にオススメな洗顔料だけど、スキンケアの基本は洗顔。すっきりとした洗い心地は癖になりそうです。


b.glenビーグレン「クレイウォッシュ」


▲緩めのクリーム状なので泡立てネットがなしでも洗顔することができました。少し色がついているのはクレイ:泥の色ですね。


トライアルから始める理由


私の場合、これまでにもb.glenビーグレン化粧水「10-YBローション」や目元集中美容液「トータルリペアアイセラム」を使ったこともある一方で出来てしまったシミにアプローチする場合、どうしても一定の時間がかかる。いろいろな気持ちが交錯して実はトライアルは飛ばして本品を買っておこうかと真剣に悩んでいました。


そんな私がやっぱりトライアルから始めて見ようと思った理由は2つ


  1. ハイドロキノン配合コスメを使うのは初めてのため。
  2. トライアルは価格面からお得なので利用しない手はないこと。

b.glenビーグレンホワイトexプログラムを使い始めて、感想


40代以上の友だちの間で共通する悩みのひとつに「若い頃は日焼けすることが当たり前、ステータスだった」ということ。私もしかり、ツケは見事にやってきました(ToT)


更に悪いことは続く?!40代になって乾燥肌が進んだためか、ちょっとした刺激でかぶれるようになりました。コスメによってはピリピリと刺激を感じる、場合によっては赤くなることもある私も、b.glenビーグレンホワイトexプログラムは問題なく使うことができました。


出来てしまったシミにアプローチするには時間がかかるので、長い目で試していきたいと思っています。



b.glen(ビーグレン)にてブライトリングプログラムがホワイトケアプログラムとなってリニューアル新登場しています。詳細はオンラインショップで確認してください。  肌トラブルを改善するサイエンスコスメb.glen

関連記事

スポンサードリンク



theme : 美肌スキンケア
genre : ファッション・ブランド

comment

※現在、記事単位のコメントエリアは閉じています。 コメントがある方は問い合わせフォームよりお願いします。
サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

お気に入り♪
カテゴリ
最新記事一覧
究極デンタルケア!アーユルヴェーダ”オイルプリング”体験レポ Jul 13, 2017
2Wayトリートメントでつるんとツヤ髪!リバースケア シャンプー&トリートメント【Gokubi-pro】感想 Jul 11, 2017
自宅で歯の黄ばみケアはここまで出来る!プレミアムブラントゥース使用レポ Jul 11, 2017
夏向け機能性アンダーウエア「ミズノドライベクターエブリ」とその他肌着を比較して分かったこと Jul 06, 2017
ミズノ・ドライベクター感想~スポーツメーカー生まれテクノロジーでサラサラ体感 Jul 05, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ