お芋と豆の具沢山スープ~冷凍スムージー「サイビー」deヘルシーご飯

2014.05.14.09:10

白系サイビーを使ったお芋と豆の具だくさんスープ


冷凍スムージー白い「Saiby(サイビー)」と市販クリームスープを使って、お芋と豆の具だくさんスープを作ってみました。市販「スープの元」に野菜と果物から作られた冷凍スムージー「Saiby(サイビー)」を加える事で、味に深みが出るのが魅力です。


同じく白い「Saiby(サイビー)」でオススメ簡単のアレンジ!りんごジュース割にして飲んでみました。開封して余ったSaiby(サイビー)などに作ると便利です。



2015年3月1日更新:「まるごと野菜美力Saiby(サイビー)」は2015年2月27日(金)で販売終了しました。


目次


  1. 白いSaiby(サイビー)で作る!お芋と豆の具だくさんスープの材料
  2. 白いSaiby(サイビー)で作る!お芋と豆の具だくさんスープの作り方
  3. 白いSaiby(サイビー)を利用して~りんごジュース割り
  4. スープと相性が良い豆の種類と栄養素
  5. 今回レシピのレシピ栄養素

白いSaiby(サイビー)で作る!お芋と豆の具だくさんスープの材料


白系サイビーを使ったお芋と豆の具だくさんスープ


  • 冷凍スムージー「白Saiby(サイビー)」:1パック90g
  • 市販スープの元:1/2袋(約30g強)
  • 水:300cc
  • 牛乳または豆乳:100cc
  • 具:さつま芋、レンズ豆をそれぞれ茹でたものを適量

白いSaiby(サイビー)で摂る「白系フィトケミカル」


白系サイビーを使ったお芋と豆の具だくさんスープ


Saiby(サイビー)は野菜と果物から作られたキューサイより販売されている冷凍スムージーです。


白系「Saiby(サイビー)」は、ヤーコンのフランクオリゴ糖、しょうがのジンゲロールでカラダの中からすっきりサポート!「巡めぐり」に着目して作られています。


白いSaiby(サイビー)で作る!お芋と豆の具だくさんスープの作り方


白系サイビーを使ったお芋と豆の具だくさんスープ


▲分量の熱湯に市販スープを溶かした中に、茹でた豆、茹でた芋を加えて温めます。熱湯の代わりに温めた牛乳または豆乳を入れるとまろやかに仕上がります。


白系サイビーを使ったお芋と豆の具だくさんスープ


▲仕上げに白いSaiby(サイビー)を加えます。


※POINT:


野菜と果物の栄養素をなるべく壊さないために、Saiby(サイビー)を入れた後、スープをぐつぐつと温めることは避けて下さい。60℃に抑えることが理想です。


慣れてくると60℃がどの程度の温度なのか分かるようになりますが、温度をいちいち測ってる余裕がなくても「アツアツ」ではなく「温かい」程度の温度が概ね60℃程度になります。


同様に栄養素を壊す可能性があるため、電子レンジでの調理は避けましょう。


白系サイビーを使ったお芋と豆の具だくさんスープ


▲出来上がりました♪ ”具だくさん”と大口を叩いたけど肝心の具はスープの中に埋もれています(^^;


白系サイビーを使ったお芋と豆の具だくさんスープ


▲スプーンですくうとスープを吸って美味しくなったレンズ豆が出てきました。Saiby(サイビー)で旨味プラス。豆の食感は満足感が高いです。


白いSaiby(サイビー)を利用して、りんごジュース割り


白系サイビーを使ったお芋と豆の具だくさんスープ


【こんな時にオススメ!】


  • スープを作る暇もない!
  • 少しだけSaiby(サイビー)が余ってしまった!
  • 暑いので温かいスープは飲みたくない!

白いSaiby(サイビー)+りんごジュースの組み合わせも美味しいです。


白系サイビーを使ったお芋と豆の具だくさんスープ


▲りんごジュースで割っていただきます。りんごジュースとSaiby(サイビー)の比率は1:1にしていますが、決まりはありません。好みに応じて変えて下さい。


前回、試した「オレンジジュース+ほうじ茶+Saiby(サイビー)」の組み合わせは意外に美味しいとお伝えしたのですが、「りんごジュース+Saiby(サイビー)」の組み合わせも同様に美味しいです。


スープとに合う豆の種類と栄養素


冷凍スムージー「Saiby(サイビー)」 + 「豆」の組み合わせは、簡単に摂ることができるヘルシーご飯の中でも優等生です。


豆類全般の特徴として、ビタミンB1、B2、B6など「ビタミン類」、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛等など「ミネラル類」、意外なところでは「食物繊維」も多く含んでいます。


予め茹でて小分けパック&冷凍することで何時でも手軽にスープやサラダなどの具に使うことができます。


ダイエットを意識しているため、普段良く食べる豆に含まれる「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」項目を取り出し下表に比較まとめてみました。


種類 炭水化物 たんぱく質 脂質
1 あずき 58.7 20.3 2.2
2 いんげん豆 57.8 19.9 2.2
3 えんどう豆 60.4 21.7 2.3
4 そら豆 55.9 26 2
5 レンズ豆 61.3 23.2 1.3
6 ひよこ豆 61.5 20 5.2
7 大豆 28.2 35.3 19

※可食部100g当たりの含有量を単位G(グラム)表示。日本食品標準成分表を参照作成。


7「大豆」について、実はスープとの相性がバツグンというよりは、栄養面から見て「畑のお肉」と称される通り、たんぱく質が豊富なので、意識して取り入れています。


7「レンズ豆」について、この頃、スーパーなどでも手軽に手に入るようになりました。豆そのものが出汁を良く吸ってくれるので、スープとの相性はバツグン。2006年米の健康専門月刊誌によって世界の5大健康食品選ばれています。


今回レシピの主な栄養素


  • 炭水化物 :牛乳/豆乳、レンズ豆、さつま芋
  • タンパク質:牛乳/豆乳、レンズ豆
  • ビタミン:Saiby(サイビー)、レンズ豆
  • ミネラル:Saiby(サイビー)、牛乳、レンズ豆
  • 脂質:-

※市販「スープの元」に含まれる成分は分類していません。食材個々に含まれる脂質は含めていません。


【目次へ戻る。】
関連記事

スポンサードリンク



theme : おいしく食べてダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

comment

※現在、記事単位のコメントエリアは閉じています。 コメントがある方は問い合わせフォームよりお願いします。
サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

お気に入り♪
カテゴリ
最新記事一覧
EMSトレーニングパット「Bodypump ボディポンプ」1カ月間使った感想 Oct 17, 2017
EMSトレーニングパッド Bodypump ボディポンプ使ってみた感想 Sep 25, 2017
井村雅代ヘッドコーチ語る「日本シンクロ復活」秘話~ファイテン・ファンの集い参加レポ Sep 22, 2017
40代から始めたい「脳梗塞」対策まとめ Sep 11, 2017
自分に合うマットレスを求めて!睡眠セミナーで診断受けてきました♪ Aug 26, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ