「寝かせ玄米」自宅de作った!5日間の記録

2014.09.15.10:04

寝かせ玄米


話題の「寝かせ玄米」「酵素玄米」を食べてみたいとがになって久しいですが、我が家で作っている寝かせ玄米の作り方詳細公開します。


「寝かせ玄米ご飯」の作り方


寝かせ玄米


材料の玄米です。スーパー、米店、ネットで購入できます。


玄米について


  • 利点:「白米」に比べてビタミンBはじめ栄養素が多い。
  • 欠点:殻ごと頂くため、消化吸収率が悪い。殻に残った農薬が不安。


「玄米」を炊いて寝かせることで玄米の「欠点」である固くボソボソして消化吸収率が悪いという点をクリアします。


農薬について、2014/9/16付NHKあさイチ!「精米機」特集で「糠に残る農薬が心配」との質問が投げかけられていまいた。


番組お米マイスター曰く「市場に出回っている米は検査されているため基本的には心配ない。どうしても心配の場合、お米屋さんに尋ねて見てくださいとのこと。


自然食ショップでも玄米を扱うようになって、完全無農薬とまでいかなくても減農薬のお米も比較的手に入りやすくなってきました。


材料


  • 玄米  : 3合
  • 小豆  : 適量 ・・・ 小豆以外でも我が家では色がついた豆で代用しています。
  • 自然塩: 3g・ ・・・ 1合につき1g程度。
  • 水    : 水は米+豆の約1.3倍程度。

作り方


  1. 玄米をしっかり洗う。・・・いちど目のとぎ汁は素早く捨てて二度目の水で揉むようにして洗います。
  2. 1日しっかり給水させる。・・・時間がない時は半日程度で済ませることもあります。
  3. 電機炊飯ジャーに材料をすべて入れて「玄米モード」で玄米を炊く。
  4. そのまま炊飯ジャーで1~5日間保温させる。

POINT:1日に1回、寝かせ玄米をかきまぜる。


玄米に加える豆 = 色が付いた豆


寝かせ玄米


「小豆」が一般的ですが、色がついた豆であれば美味しい寝かせ玄米が出来上がります。


我が家では写真、黒豆を玄米と一緒に炊いて頂くことも多いです。


豆を入れる量について、全体として3合であれば、6分の1程度を豆に置き換えると調度よい感じになります。


「寝かせ玄米」1日目


寝かせ玄米


電機炊飯ジャー「玄米」モードで炊きあげた玄米ご飯です。


このままあと4日間保温することを考えると電気代が少々心配・・・少しでもコスパを上げるために炊飯器いっぱいになるまで炊きました。


炊きたてホヤホヤなのでまだ「寝かせ玄米」と呼べませんが、普段から玄米ご飯を食べつけていること、豆の旨味もあって1日目にして十分美味しく頂けました。


「寝かせ玄米」2日目


寝かせ玄米


寝かせ玄米2日めの朝を迎えました。


たった1日寝かせだけで豆の中には崩れ始めた豆が出てくるなど全体としてやわらかな味になってきました。


それにしても「炊飯ジャーで炊いたご飯は時間を置く程まずくなる」「そもそも電気代の無駄!」が常識だった私、我が家にとってこれまでの人生初となる「24h」=24時間保温している表示が光ります。


「明日の朝になると”48h”、明後日には”72h”、4日めには”96h”の表示が見られるのかなぁ・・・」と思うと妙な期待感がムクムクと芽生え始めました(笑)。


「寝かせ玄米」3日目


寝かせ玄米


3日めに入ると寝かせ玄米もモチモチ感いっぱいになりました。香りもなかなか良い感じです。


「3日めの寝かせ玄米」がとても美味しかった為、これまで朝だけ味見程度に済ませていた玄米食を朝昼晩3食に切り替えました。


正直言って「3日めの寝かせ玄米がベストではないか?!」と思ったのだけど、もう1日ガマン!たくさん炊いて置いてよかった。残りの寝かせ玄米はこのまま4日間寝かせることにしました。


ところで気になっていた炊飯ジャーの”24h”表示その後ですが、何と!24時間を超えた時点で現在時刻を表示するようになっていました・・・orz。


なんだツマラナイ(と言ってみる、^^;)。


24時間以上の保温を想定していないということなのですね。


「寝かせ玄米」4日目


寝かせ玄米


寝かせ玄米4日めに突入しました。


3日めであれだけ美味しかった寝かせ玄米が4日めでどれだけ変化できるのか、期待薄の状態で食べてみたけど、うむ、やっぱり3日めより4日めの方が熟成度が増して美味しいかも。4日間寝かせて良かった^^。


「寝かせ玄米」5日目


寝かせ玄米


4日間寝かせてオシマイにするつもりが、まだ寝かせ玄米が余っていたのでそのまま保温状態で5日目突入。


5日目となると見た目さすがにベチャっとした感じになるも、柔らかくてモチモチな感じは健在。美味しく頂けました。


とは言え・・・


  • 少ないご飯を炊飯ジャーで保温することによる電気代の無駄が気になる。
  • これ以上寝かせると味はともかく見た目が悪くなりそう。

以上理由により、6日目まで寝かせることも頭の隅に過るも5日目で中断しました。


POINT: 残った寝かせ玄米は1食分ずつタッパーウェアに入れて冷凍保存します。


残った「寝かせ玄米」の食べ方


我が家の場合、電気代諸々考えて5日目にして中断した寝かせ玄米ですが、残った寝かせ玄米はそのまま電子ジャーの中で保温しつつ食べ切ることがベストです。


以前、参加した酵素セミナーで「60~70℃程度で活発に動く酵素」の話を聞きました。


電子ジャー内部温度は70℃なので酵素を保つ上で最適ということがわかります。


冷凍、冷蔵した寝かせ玄米は自然解凍の後、弱火で低温蒸しして温めます。


「寝かせ玄米」をグツグツと熱いお湯で温めたり、電子レンジでチン!することはやめましょう


理由はたんぱく質である酵素は、電子レンジの高熱を加えると熱変性してしまうため。


同様に、冷凍することで酵素が壊れないか心配の向きもあるため我が家では冷蔵、冷凍した場合でもなるべく早く食べ切るように心がけています。


まぁ・・実際、食べている寝かせ玄米にどれだけの酵素が入っているか、家庭の場合、計測する手立てがないため、すべて推測の域を脱していないところはご海容下さい。


ちなみに「熱変性」のことを考えると、酵素玄米に限らず、電子レンジは極力使わないほうが良いという結論に至ります。


2016年4月追記:寝かせ玄米食べ始めて1年半後~最新状況


水の配分について


玄米+豆:水=1:1.3の割合で炊いていましたが初日から玄米をおいしく食べるために最近では玄米+豆:水=1:1.5の割合で炊くことも多くなりました。


1:1.5の割合の場合、3日目以降、寝かせ玄米が柔らかすぎる傾向にあるのですが80歳を超える母がいる我が家では好評です。


ちなみに1:1.3以下の割合で固く玄米を炊いてみたこともあるのですがさすがに手強い!5日間寝かせてようやく美味しく食べることが出来ました。


玄米と水の割合については好みの範疇。基本の割合「1:1.3」より始めて水を増減、自分に合う割合を見つけると良いと思います。


加える塩について


グラム計で測っていたのですがさすがに面倒になったので小さじを使った目分量に変えました。


小さじ1杯=塩6gとなるため3合玄米を炊く場合は小さじ2分の1を入れると言った具合です。


余った寝かせ玄米の再加熱について


電子レンジを封印し低温蒸しで暫く再加熱を続けていましたが時間がかかることから最近では以下2つの方法に切り替えています。


冷たいまま食べる。
電子レンジして食べる。

冷たいご飯=炭水化物はゆっくり吸収されると知って以来、寝かせ玄米をおむすびにして冷めたまま食べることが多くなりました。


冷凍した寝かせ玄米についてはあれほど頑なに封印していた電子レンジもためには已む無しと開き直り使っています。


電子レンジによって栄養がどの程度損なわれるか不明も食物繊維やビタミンBなどしっかり残る栄養素もある訳で、時間がない時は「たまには良いよね・・・」と考えるようになりました。


関連記事

スポンサードリンク



theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

comment

※現在、記事単位のコメントエリアは閉じています。 コメントがある方は問い合わせフォームよりお願いします。
サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

お気に入り♪
カテゴリ
最新記事一覧
ニオイ・ムレが気になる女性におススメ!コラージュフルフル泡石鹸を使ってみた感想 Jun 25, 2017
美容ヒフ科発スキンケアコスメで話題!Dr.K(ドクターケイ)使ってみた感想 Jun 24, 2017
水素で髪見違えるって本当!?エイジングヘアケア”ミネコラ パーフェクト3”口コミ Jun 23, 2017
oisix(おいしっくす)おためしセット感想~お得に新鮮野菜&殿堂入り商品を試せて満足♪ Jun 21, 2017
kit oisix(きっと、おいしっくす)は忙しい人の味方!短時間で美味しい献立が完成します♪ Jun 21, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ