敏感肌にオススメ!「薬用入浴剤DRアロマバス」使ってみた感想

2014.12.20.22:36

薬用入浴剤DRアロマバス


レスピレーションより販売されている「薬用入浴剤DRアロマバス」のモニターをさせていただくことになりました。


合成香料、タール系色素は一切不使用、高品質な天然エッセンシャルオイルだけをブレンドして作られた薬用入浴剤は敏感肌の私でも安心して使うことができました。



「薬用入浴剤DRアロマバス」詳細&販売先はこちら薬用入浴剤DRアロマバス

「薬用入浴剤DRアロマバス」の魅力


薬用入浴剤DRアロマバス


効能:「薬用入浴剤DRアロマバス」商品説明より抜粋


湿疹、あせも、荒れ性、にきび、冷え症、産前産後の冷え症、肩のこり、腰痛、神経痛、リウマチ、疲労回復、痔、くじき、ひび、しもやけ、あかぎれ

有効成分


  • 硫酸ナトリウム
  • 炭酸水素ナトリウム(重曹)

日本浴用剤工業会によると一概に入浴剤といっても「無機塩類系入浴剤」「炭酸ガス系入浴剤」「薬用植物系入浴剤」「酵素系入浴剤」「 清涼系浴用剤」「スキンケア系入浴剤」成分によって違いがあるとのこと。


「薬用入浴剤DRアロマバス」の場合は成分からみて「無機塩類系入浴剤」に分類。”入浴後の保温効果が高く湯冷めしにくい”とされています。


ちなみに「一般的な入浴剤」であっても「入浴剤」と語るには「ここがスゴイ!」と胸を張れる成分の1つや2つは持っているし、大々的に広告しています。


「一般的な入浴剤」と「薬用入浴剤DRアロマバス」で大きな違いは「その他成分」として何が使われているか、ということに尽きるかと。


その他成分


  • ホホバ油
  • 無水ケイ酸
  • 香料(エッセンシャルオイル)

「薬用入浴剤DRアロマバス」で「その他成分」として使われているのは非常にシンプル、カラダに必要ない合成香料やタール系色素は一切使っていない薬用入浴剤になっています。


使用精油


  • ユーカリ(ラジアタ)…鼻づまりにオススメ!
  • ペパーミント…クリーンで清涼感ある香り
  • カユプテ…ユーカリに似たウッディな香り
  • ティートリー…爽やかでシャープな香り
  • ラベンダー(真正)…真正=原種のラベンダー

何れも天然エッセンシャルオイルなので安心。「薬用入浴剤DRアロマバス」をお風呂に入れた瞬間、心地良い香りが広がりまるでアロマテラピー・・心身共に癒されます


「薬用入浴剤DRアロマバス」と「一般の入浴剤」の成分を比較


「薬用入浴剤DRアロマバス」


薬用入浴剤DRアロマバス


▲「薬用入浴剤DRアロマバス」パッケージで「有効成分」「その他成分」「効能」を確認。


「一般の入浴剤」


1-P1280886.jpg


▲某「一般的な入浴剤」の成分表示です。


「入浴剤」を語る限りは「有効成分」として嬉しい成分が入る一方で、合成香料(天然と書かれていない、書けない理由=人工香料だと思われます。)、黄色202号、青色1号など、カラダには不要と思われる成分が並んでいることがずっと気になっていました。


「薬用入浴剤DRアロマバス」と「一般の入浴剤」を比較


薬用入浴剤DRアロマバス


  • 写真上「一般的な入浴剤」
  • 写真下「薬用入浴剤DRアロマバス」

ちなみに「一般的な入浴剤」の種類は「森林浴」でした。「森林浴」のイメージを出すためにお湯を緑色にする必要はあるのでしょうか(--)。


「薬用入浴剤DRアロマバス」を実際に使ってみた感想


薬用入浴剤DRアロマバス


百聞は一見・・・一浴に如かず(笑)「薬用入浴剤DRアロマバス」を使って入浴してみました。


写真は「薬用入浴剤DRアロマバス」を手に持った様子。ちょっと細長い形をしています。


薬用入浴剤DRアロマバス


▲1回に使う分量はキャップに約半分。180Lのお湯に溶いて約20回分です。


薬用入浴剤DRアロマバス


▲「薬用入浴剤DRアロマバス」の「使用方法」を確認。使い方は一般的な入浴剤とほぼ同じ。


薬用入浴剤DRアロマバス


▲「薬用入浴剤DRアロマバス」を溶かしてみた様子です。


う~ん、香りが良い


実際の分量より濃い目に溶いていることもあるのだろうけどお湯に手を入れた手のうるおい感がタマリマセン。


「薬用入浴剤DRアロマバス」を使って実際に入浴してみた母と私の感想


「薬用入浴剤DRアロマバス」をお湯に入れた瞬間、ふわっと香る天然アロマオイルの香りが心地良いです。


無着色なのでお湯は無色透明。


一般的な入浴剤に慣れた母は使い始め当初こそ「ちょっと物足りないわねぇ・・」と言っていたものの「普段使っている入浴剤の色は着色料の色だよ。」と言うと納得した様子。


実際に「薬用入浴剤DRアロマバス」を使って入浴してみて「やっぱり、さら湯とは違うわね」と負け惜しみを言っていました(笑)。


合成香料や着色料がずっと気になっていた敏感肌の私の場合、透明のお湯に入って「これが自然」とまずは安心。実は入浴直後、保湿クリームが欠かせなかったのだけど忘れてしまったほど!背中など痒くなることなく過ごす事が出来ました。


入浴直前に使う!


「薬用入浴剤DRアロマバス」を使う上で、1点注意点があるとすると入浴直前に使った方が良いということ。


天然ゆえにある程度、時間が経つと折角の香りが飛んでしまいます。


説明によると効能は変わらないとのことだったけど、折角の天然オイルの香りも入浴の楽しみ。入浴を120%楽しむ上で「薬用入浴剤DRアロマバス」は入浴直前に使うことをオススメします。



記事で紹介した「薬用入浴剤DRアロマバス」詳細&販売先はこちら薬用入浴剤DRアロマバス


関連記事

スポンサードリンク



theme : スキンケア&コスメ
genre : ファッション・ブランド

comment

※現在、記事単位のコメントエリアは閉じています。 コメントがある方は問い合わせフォームよりお願いします。
サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

PickUp
カテゴリ
最新記事一覧
ダイエットタイプ別サポートサプリ8種比較 May 23, 2017
DHCプロティンダイエット全7タイプを比較~自分に合った置換ダイエット食とは? May 22, 2017
DHCプロティンダイエット(PD)リニューアルで更に美味しくなりました♪ May 21, 2017
フォーミュラーカーに乗れる!asicsステーションストア品川でワーキングシューズをチェック♪ May 12, 2017
未だ間に合う!2017母の日ギフトまとめてみました。 May 10, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ