最高の教授陣による本気の授業!「gacco」体験イベント参加レポ

2015.01.22.21:40

「gacco」体験イベント


最高の教授陣による本気の授業!eラーニング講座「gacco(ガッコ)」体験イベントに参加してきました♪


イベントでは5つの人気講座「3Dプリンタ」「脳と創造性」「プログラミング」「iPS細胞」「統計学」を参加者でプチ体験。


実際に「gacco」講義に触れてみて、「何となく難しそう、ハードルが高そう」だった「gacco」イメージが一新!「楽しそう、受けてみたい!」と思うようになりました。



写真:「gacco」体験イベント会場の様子。


ブログタイムズ【PR by BLOGTIMES】


目次
  1. 「gacco」で学ぶとは?
  2. 忙しくても学べる!「gacco」学習の流れ
  3. 数字で知る「gacco」深読み
  4. 「gacco」講座をプチ体験!
  5. 私が受けてみたいと思った「gacco」講座
  6. 「gacco」講座受けるためのポイント

1. 「gacco」で学ぶとは?


NTTナレッジスクエア主催eラーニングサービス「gacco」は、一流大学の教授陣による本格的な講義を、誰でも無料で受けられるウェブサービスです。


「gacco」の特徴と魅力


  • 最高の教授陣が「gacco」のために講義内容を無料で受講することが可能。
  • ネット受講&継続しやすいカリキュラム構成。
  • 掲示板での議論するなど、同じ講座を受けている仲間とのコミュニケーションが可能。
  • 学習成果が先生に認められた証として、修了証を取得可能。

一流講師陣を迎えていることが最大の魅力。


「よくわかる!iPS細胞」講座では京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授、「脳と創造性」講座ではテレビ出演でお馴染み茂木健一郎氏など、贅沢&魅力的な講師陣の授業を受けることが出来る!と考えただけでも(ミーハーかな^^;)ワクワクしてきます。


大学の単位や公的資格等を証明するものではないも講座修了時に付与される「修了証」は自分に対する励みとして自信に繋がっていきそう・・・日々の生活や仕事の活力となりそうです。


「gacco」体験イベント


▲「脳と創造性」講義内容をイベントに参加したメンバーで視聴している様子。


自宅で実際に講座を受ける際はひとりでパソコンに向かうことになると思うけど、ネットの先には自分と同じように講義を聴いている仲間がいると思うと嬉しいですね。


「gacco」体験イベント


▲知らない人はいない?!茂木健一郎先生の話=授業の様子です。


「脳」について勉強すると聞いて難しいイメージが先行していたのだけど、講義第4週では「創造性を高める実践的な方法」について展開していくとのこと。


正確な計算はコンピュータに、正確な動作はロボットに代替えされる時代になっても”人が人たるは創造性”と語る茂木先生の講義を聴くことで発想の転換!良い機会となりそうです。


【目次へ戻る。】

2. 忙しくても学べる!「gacco」学習の流れ


授業&確認テスト:4~5週間


  • ビデオ講義10分×10本程度・・・1週間=1コマ
  • ディスカッション・・・適宜
  • 小テスト 選択式問題×10問程度、レポート

最終テスト&レポート:最終週


  • 最終クイズ 選択+記述式問題20問程度
  • 最終レポート

修了後


  • PDF版修了証発行

1度に聴く講義の時間=10分程度の時間であればどれだけ忙しい人(私)でも生活の中に組み込むことが出来る時間であり、学ぶことに集中出来る時間だと思いました。


開始~修了まで数週間と短い期間というのも良いですね。最後までモチベーションが継続できそうです。


「gacco」講座をプチ体験してみて思ったことは、例えばプログラミングや統計学を勉強しようと思ったら、これまでは1人孤独に専門書を読みあさっていたことをオンライン上で、同じ興味をもった人とコミュニケーションしながら学べるということ。


テレビ番組を見ながらツイッターのハッシュタグに書かれた第三者の意見を参考にすることが多いのだけど、同じ番組に興味を持った人、見た人の意見を読むことはとても楽しいこと。「gacco」でも似たような臨場感&共感を楽しむことが出来そうです。


忙しい人間にとって最も敷居が高いのは最終レポートかな・・・と自覚(苦笑)。


でも本気で何かを習得するために必要だなぁと痛感することのひとつに「入力」と「出力」。


どちらか一方でも偏りがあるのですよね・・・得た知識を自分の言葉で出力できてこそ、知識が真に身についたと感じる今日このごろ、レポート提出は面倒だけど必要なことなのだと感じています。


【目次へ戻る。】

3. 数字で知る「gacco」深読み


世界での「eラーニング:オンライン講座」について


日本に先駆け2012年に米国より「MOOC:Massive open online courses」としてスタート。


パキスタンに暮らす12歳少女がオンライン講座を受講、世界の才能を発掘する無料オンライン講座として注目を浴びるようになりました。


臨場感溢れる実験の様子をオンラインで流すなど魅力あふれる授業内容も話題、今では世界500講座サービス利用者2000万人を持つほど急成長を遂げています。


日本版MOOC「gacco」について


  • サービス開始:2014年4月
  • 講座数:34講座
  • 会員数:10万
  • 1講座あたり平均:1万
  • 人気講座の場合:2万
  • 受講者満足度:95%
  • 年代:30~40代を中心に20代~60代まで万遍なく登録
  • 男女比率:男性7割、女性3割

※2015年1月発行NTTナレッジスクエア資料より抜粋。


世界に比べるとまだ市場規模が大きいとは言えない日本版「gacco」だけど1講座平均1万人=東大生より圧倒的に多い数になるそうです。


日本ならでは「コンテンツ、メディア」ではアニメに関する講座なども登場、興味深いです。


【目次へ戻る。】

4. 「gacco」講座をプチ体験!


イベントでは以下5つの人気講座を実際にプチ体験する機会に恵まれました。


  • iPS細胞
  • 3Dプリンタ
  • 脳と創造性
  • プログラミング
  • 統計学

5つの中から私がプチ体験できた講座は「3Dプリンタ」「脳と創造性」「プログラミング」の3つ。


受講時間は各回約20分間ずつだったのだけど感覚としては「あっ」と言う間。


「ある程度知っていた」講義も「全く知らなかった」講義も、共通して言えることは「もっと知りたい」「面白うそう」ということ。「面白い」話は時間が経つことを忘れてしまうことを改めて実感しました。


難易度について


私もしかり「物理法則」と聞いて壁を感じた参加者も多かったと思われる「物理法則プログラミング入門」について、実際に必要とされる前提知識を調べてみると「高校1年程度の数学」で「sin、cosを理解している」とあります。


「sinとかcosとか忘れちゃったよ」と思っても、若い頃に覚えたことは意外な程、直ぐに思い出せるモノ。←経験者(私です)は語る(^^;


「gacco」体験イベント


▲自分の描いた絵が手の動きと共にグニャグニャと動く様子をプログラミングしてみよう!という試み。


講師となるのは美術大学の先生なのですよね・・・。実際、講義一端に触れてみると小難しいというよりはクリエイティブな感覚を磨く授業といった印象。


講義を受ける上で何より大切なことは「興味がある」「面白うそう」という気持ち。タブレットの上で自分の描いた絵が動いたら・・・可能性は無限大に広がりますね♪


「gacco」体験イベント


▲曲線が描かれる様がイメージできます。


一見難しそうに見えるプログラミングも必要なことは例えばMovetoなど関数に座標をインプットするだけで良いことが見て取れます。


その昔、プログラミングに抱いていたイメージ=小難しい、ややこしい、死ぬほど面倒!なイメージとはかなり違って来たことを実感しました。


【目次へ戻る。】

5. 私が受けてみたいと思った「gacco」講座


私がもっとも興味を持った講座=3Dプリンタとデジタルファブリケーション


「gacco」体験イベント


▲慶應義塾大学講師 田中先生の講義の様子。田中先生の親しみやすく分かりやすい語り口にファンになってしまいました。


「gacco」体験イベント


▲デジタルファブリケーションを実現する3Dプリンターの数々を教えて貰いました。


3Dプリンタ-を使うことでリプリケーターが決してSFだけの世界ではないことを実感しました。


「gacco」体験イベント


▲3Dプリンタで実際に出力したパーツを見せてもらいました。これだけ出力するのに現在の3Dプリンタで30~40分かかるそうです。費用面も含め今後の課題とのこと。


私が「3Dプリンタとデジタルファブリケーション」に興味を持った理由


「脳と創造性」については以前に茂木健一郎氏の著作を読んだことがあることから、また「プログラミング」については分野は異なるも以前に仕事でプログラムを組んでいたことがあることからある程度の予備知識を持って講義を聴くことが出来ました。


一方で「3Dプリンタ」については全くの門外漢。テレビニュースで知る程度で前提知識ゼロの状態で話を聴きました。


前提知識ゼロゆえに講義で聴いた話は私にとって全て新鮮でした。


これまで「3Dプリンタ」について、単に2D→3Dにプリント出来るようになった印刷機!程度に考えていたのだけど、実は未来を変えるツールであることを知りました。


「gacco」体験イベント


▲普及のSF名作「スタートレック」では「リプリケーター」装置を使って宇宙空間でモノがリサイクル、作られていく様子が描かれていました。


データという設計図さえあれば何でも作れる、更には何でもリサイクル出来る、SFの世界だけと思っていた技術が3Dプリンタによって現実のモノとなっていく・・・?!夢ある技術に興味が沸きました。


【目次へ戻る。】

6. 「gacco」講座受けるためのポイント


1つに絞り切れない・・・が悩みの種


「gacco」について、「前提知識がないと受講できない」印象から一転、「面白うそう」「やってみたい」気持ちさえあれば受講できそう!と思えるようになって、一番困ったことが実は1つの講座に絞ることでした。


オンデマンドならぬ何時でも講座受講可能であれば良いのだけど、入校受付期間は一定期間、期日までに受講したい講座を決める必要があります。


人気講座に関しては再放送を検討しているとの話だったのだけど確約ではないので過剰な期待も出来ません。


「gacco」講座をひとつに絞り切れない!など私と同じような悩みを持つ人にアドバイスとしては、興味ある講座はまずは受けてみること。


感覚としては興味ある本は差し当たり読んでみないと同じ。


「gacco」は無料で受講することが可能という利点を最大限に活かし(一部、有料授業もあります)、まずは体験。


講義内容を自身の目である程度、体感した上で、本当に興味がある講座に絞る、継続が難しい講座を辞める、といった方法を取ることで時間をコントロールしながら好奇心ある講義を受けることが出来る、柔軟性をつことが出来そうです。



『gacco公式ウェブサイト』はこちら  
gacco

【目次へ戻る。】
関連記事

スポンサードリンク



theme : 通信教育・通信講座
genre : ライフ

comment

※現在、記事単位のコメントエリアは閉じています。 コメントがある方は問い合わせフォームよりお願いします。
サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

お気に入り♪
カテゴリ
最新記事一覧
ニオイ・ムレが気になる、肌トラブルに悩む女性におススメ!コラージュフルフル泡石鹸使ってみた感想 Jun 25, 2017
美容ヒフ科発スキンケアコスメで話題!Dr.K(ドクターケイ)使ってみた感想 Jun 24, 2017
水素で髪見違えるって本当!?エイジングヘアケア”ミネコラ パーフェクト3”口コミ Jun 23, 2017
oisix(おいしっくす)おためしセット感想~お得に新鮮野菜&殿堂入り商品を試せて満足♪ Jun 21, 2017
kit oisix(きっと、おいしっくす)は忙しい人の味方!短時間で美味しい献立が完成します♪ Jun 21, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ