目指せ1日6g!和風だしパック『味楽家 幸せだし』使って減塩生活

2015.03.10.17:12

和風だしパック『味楽家 幸せだし』


「減塩生活」を送る我が家にとって、和風だしパック『味楽家 幸せだし』の魅力は「だしパック」手軽さそのまま、純粋に「出汁」の「旨味」を利用することが出来ることでした。


「和風だしパック」とあるけど、しょうゆ等調味料が入っていないので減塩出汁を取ることが可能。和風はもちろん、洋風の献立にも良くあいます。『味楽家 幸せだし』を使うことで面倒だった減塩献立が一気に楽になりました。



和風だしパック『味楽家 幸せだし』は現在、楽天市場にて販売中です。昆布、かつお節、椎茸、焼きあご、煮干し、あさり、帆立、7種類の国産原料を使用。化学調味料は...


塩分目標1日6g!


1日6gなんて途方もなく難しい数値に見えますが、フランスなどでは減塩生活を特別に意識していない家庭であっても普通に達成している数値です。


一方で日本人の塩分平均摂取量は1日10gを軽く超えています。


なぜか?


小さい頃から塩分過多の食事に慣らされてきているから。私たち日本人は塩分ありきの食事が当たり前となっているのです。


高血圧にしろ腎臓病にしろ、一定の年齢になってから突然なってしまう訳ではなく蓄積。子どもの頃から慣れ親しんでしまった塩分ありきの食事によって少しずつ悪化。一定の年齢・・・40代以上になると成人病になる人が多くなることで分かるとおり、顕著化します。


もちろん、体質もあるけれど、「蓄積」とはいったもので、どれだけ減塩生活を送ってきたか=環境によって一定の年齢になって出る結果が異なることを考えると、高血圧&腎臓が弱い家系である我が家では塩分目標6gは命題となっています。


和風だしパック『味楽家 幸せだし』の特徴と魅力


和風だしパック『味楽家 幸せだし』


  • 鍋で取った出汁を粉末化
  • 小分けパッケージが便利&衛生的
  • 化学調味料 無添加
  • 食品添加物 無添加
  • 副原料 無添加
  • 厚労省指定「アレルギー物質表示義務・表示推奨27品目」不使用

和風だしパック『味楽家 幸せだし』


▲和風だしパック『味楽家 幸せだし』パックです。1つずつ個包装になっているので使いやすく最後まで衛生的に使うことが出来ます。


POINT! 隠れ塩分を摂る心配が無い


”減塩している人は分かっている、既に実践済みと思うも「減塩」=「出汁」を上手く使うは定石。


かつお節や昆布を使って自分で出汁を取るのであればOK。


但し、一般的に市販されている「インスタントだし」はもちろん本格的な「だしパック」には多分に塩分が含まれていることがあるので注意が必要です。


和風だしパック『味楽家 幸せだし』の場合、かくれ塩分=塩、醤油など調味料は未使用とのこと。「だしパックを使うことで塩分をどの程度取るのかなぁ」など心配すること無く、安心して使うことが出来ます。


POINT! 鍋で取った出汁を粉末化


和風だしパック『味楽家 幸せだし』


これまで我が家で使っていた「従来型だしパック」の場合、粉末化された「かつお節」、「昆布」など原料に、旨味をプラスするために塩、醤油など「調味料」や「各種エキス」を加えてパックされたものでした。


一方で、和風だしパック『味楽家 幸せだし』の場合、一度、鍋で取った出汁を粉末化しています。


調味料やエキスに頼らない出汁本来の味を手軽に現出来ることが魅力です。


和風だしパック「味楽家 幸せだし」


▲ちなみに塩分=ゼロではありません。


とは言えこれまで我が家で使ってきた顆粒タイプインスタント「だしパック」、他社減塩タイプ「だしパック」とナトリウム量(カッコ内塩分相当量で換算)を比べると、以下のとおり「幸せだし」がいかに減塩されているか、一目瞭然となります。


  • 顆粒タイプインスタント「だしパック」:約1300mg/1パック ・・・ 塩分相当量(約3g)
  • 他社減塩タイプ「だしパック」:約500mg/1パック ・・・ 塩分相当量(約1g)
  • 「幸せだし」:195mg/1パック ・・・ 塩分相当量(0.5g)

和風だしパック『味楽家 幸せだし』と一般的な「だしパック」を比較


原材料


和風だしパック『味楽家 幸せだし』


▲これまで我が家で使っていた東京日本橋老舗の減塩タイプ「だしパック」です。


知る人ぞ知る超有名&人気の老舗「だしパック」なのですけどね・・・一般的な「だしパック」の場合、いかに老舗とはいえ食塩、調味料などで味を調整することで旨味を引き出していることを知りました。


和風だしパック『味楽家 幸せだし』


▲参考まで、スーパーなどで手軽に買える顆粒状の「インスタントだし」の場合、原材料上位に並ぶ(=配分が多いとされる)のは調味料、砂糖、食塩・・・前出、老舗「だしパック」に比べて更に塩分は強いと思われ、もはや減塩生活における「出汁」とは呼べません。


和風だしパック『味楽家 幸せだし』


▲味楽家「幸せだし」の原材料は「こんぶ、かつお節、焼きあご、いわし、ほたて貝柱、しいたけ、あさり」のみです。


出汁の味


和風だしパック『味楽家 幸せだし』


  • 写真手前左側:和風だしパック『味楽家 幸せだし』
  • 写真奥側右側:日本橋老舗「だしパック」

東京日本橋老舗「だしパック」と和風だしパック『味楽家 幸せだし』の味を比較してみることにしました。パッケージ大きさはほぼ同じでした。


和風だしパック『味楽家 幸せだし』


  1. 写真左側:日本橋老舗「だしパック」
  2. 写真右側:和風だしパック「味楽家 幸せだし」

紙パックを開けて中身を確認してみることにしました。


和風だしパック「味楽家 幸せだし」の場合、お湯を注いでも粉末が溶けずに残っています。


写真では区別がつきずいかもだけど出汁色は般的な「だしパック」に比べて濃い目でした。


味について


勝手知ったる老舗「だしパック」の場合、お湯で溶いただけでも美味しく頂けます。


一方で和風だし「味楽家 幸せだし」第一印象は、「あれ・・何か物足りない」感じ?!


さもありなん、これまで慣れ親しんできた調味料、塩分が含まれていないからということに気づきました。


塩分は体調、カラダに合わせて必要な分だけ必要量を加えれば良いこと。塩分を自分で調整したい人=私には嬉しい本格派のだしパックであることを再認識しました。


「幸せだし」パックを使って料理してみる。


シンプルに出汁をとる


和風だしパック『味楽家 幸せだし』


▲和風だしパック『味楽家 幸せだし』を500ccのお湯で約2分間煮出した様子です。だしパックの使い方としては一般的なだしパックと同じです。


シンプル出汁+塩


和風だしパック『味楽家 幸せだし』


▲まずはシンプルに和風だしパック『味楽家 幸せだし』をそのまま飲みます。


物足りない時は塩を少しずつ加えて頂きます。


シンプル出汁+牛乳or豆乳


和風だしパック『味楽家 幸せだし』


▲洋風にも合うことを活かして、シンプルに和風だしパック『味楽家 幸せだし』に牛乳を少し加えただけの飲む「お出汁」です。


水分はしっかり摂っておきたい一方で、お茶、コーヒーだとカフェインが気になる。


そんな時に便利なのが「お出汁」をシンプルに飲むという方法があります。


これまで「何も入れずにお出汁だけで飲むなんて!」と思っていたのだけど、かつお節など老舗が多く並ぶ東京日本橋では実際、出汁を飲むスタンドがあるのですよね・・・これは自宅でも取り入れなければイケナイ!と我が家でも始めました。


和風だしパック『味楽家 幸せだし』パックの場合、出汁を使って水分を摂っていて知らず塩分過多にならないのが最大の魅力です。


いろとりどり季節の野菜スープ


↑デパ地下風ネーミングにしてみました^^。


和風だしパック『味楽家 幸せだし』


▲自宅でランチなど1人前だけ作リたい時は和風だしパック『味楽家 幸せだし』パックを開封して中の粉末をスープにそのまま入れて使います。粉末スープはそのままスープと一緒に頂きます。


和風だしパック『味楽家 幸せだし』


▲スープ仕上げにオリーブオイル、黒胡椒を落として頂きます。


和風だしパック『味楽家 幸せだし』そのものには塩分など調味料が含まれていないため味付けが必要なのだけど、これぞ出汁のチカラ?!野菜の味とスープの味だけで、それなりに美味しく頂くことが出来るので塩分制限している我が家としては嬉しい限り。


塩分制限していないのであれば、出来上がった野菜スープにほんのちょっと塩を加えることをオススメ。


調味料は「さしすせそ」の順で入れるもの。塩は調理はじめの段階で入れることが常識だったけど、減塩したいなら最後の最後に食塩を加える事がポイント。


どの程度、塩を入れたか自分で把握しやすい。少しずつ塩を加えることで味付けが濃くなることを押さえることが出来ます。試してみて下さいね。


たっぷりネギ入り玉子焼き


和風だしパック『味楽家 幸せだし』


▲たっぷり刻んだネギと袋から出した粉末の和風だしパック『味楽家 幸せだし』を加えてフライパンで焼きます。


出汁の旨味とネギが調和した口当たり柔らかな和風玉子焼きに仕上がります。


減塩生活中の私は何もツケずにこのまま頂きました。


物足り無い方はだし割しょうゆなどつけて頂くと美味しいです。


炙り油揚げの幸せだしロール


和風だしパック『味楽家 幸せだし』


▲フライパンで炙った油揚げに袋から出した粉末状の和風だしパック『味楽家 幸せだし』をパラパラと載せて巻きます。


和風だしパック『味楽家 幸せだし』で割った醤油をけつけて頂きます。


ちなみに使う醤油はほんの数滴でOK。炙った油揚げが香ばしく、出汁に馴染んだ味はクセになる美味しいさです。


和風だしパック『味楽家 幸せだし』


▲卵かけご飯にも和風だしパック『味楽家 幸せだし』中身、粉末を加えてみました。だしの旨味があるので後から加える醤油はごく少量で済ませることができて、減塩卵かけご飯になります。



和風だしパック『味楽家 幸せだし』は現在、楽天市場にて販売中です。昆布、かつお節、椎茸、焼きあご、煮干し、あさり、帆立、7種類の国産原料を使用。化学調味料は...


※記事で使用中の商品は試供品として頂いた物を使っています。

関連記事

スポンサードリンク



theme : 健康生活:病気・治療法
genre : ヘルス・ダイエット

comment

※現在、記事単位のコメントエリアは閉じています。 コメントがある方は問い合わせフォームよりお願いします。
サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

お気に入り♪
カテゴリ
最新記事一覧
40代からのキレイ習慣!ファイテン「カシス5000」飲んでみた感想 Jul 28, 2017
究極デンタルケア!アーユルヴェーダ”オイルプリング”体験レポ Jul 13, 2017
2Wayトリートメントでつるんとツヤ髪!リバースケア シャンプー&トリートメント【Gokubi-pro】感想 Jul 11, 2017
自宅で歯の黄ばみケアはここまで出来る!プレミアムブラントゥース使用レポ Jul 11, 2017
夏向け機能性アンダーウエア「ミズノドライベクターエブリ」とその他肌着を比較して分かったこと Jul 06, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ