失敗例から学ぶ!間違いない「母の日」プレゼント選び方、贈り方

2015.03.25.18:20

母の日フェア


持ちうる気は使った(つもり)。ついでにお金も使って贈った筈の母の日プレゼント。


「折角プレゼントするなら喜んで貰いたい」と思っていた気持ちとは裏腹に「あ~こんな筈じゃなかった!」という経験、失敗は誰にでもあるのでは!?


経験者(=私です)は熱く語ります!失敗例から学ぶ間違いない「母の日」プレゼントの選び方、贈り方をまとめてみました。



写真:母の日フェアにて撮影。日比谷花壇イイハナ・ドットコムなどフラワー専門ショップでは「何を贈ったら良いか悩んでいる人」向け記事を特集するなど悩める人向けアドバイスが充実しています。



目次
  1. 「母の日」プレゼントで失敗したなと思った瞬間
  2. 失敗から学ぶ「母の日」プレゼントの選び方
  3. 失敗から学ぶ「母の日」プレゼントの贈り方
  4. NEW!母の日フェア2016で見つけた!間違いない母の日ギフト

1. 「母の日」プレゼントで失敗したなと思った瞬間


「購入・準備」編


  • 「義母向けギフト>実母向けギフト」にしたら妬まれた。
  • 「義母向けギフト<実母向けギフト」にしたら更に妬まれた。
  • 兄嫁からのプレゼントが良くて差がついてしまった。

  • 贈りたかったフラワーギフトが既に完売していた。
  • 母の日に間に合わない。
  • 母が在宅している日に届かない。

  • 気がついたら母の日が過ぎていた。
  • 何時か贈ろうと思いつつ早10年。

「母の日」当日編


  • 花屋に買いに行ったら大行列で1時間待った。

  • 以前、贈ったモノと全く同じモノを贈ってしまった。
  • 趣向を変えたモノを贈ったつもりが戸惑われた。

  • 食事会に用意した花束が暑さで帰宅する頃には萎れてしまった。
  • レストランで食事中に「貰った花が気になるから早く帰宅したい」と母が言い出した。

「母の日」その後編


  • 花束を贈ったも花瓶がなかったらしく今にも倒れそうな小さな器に飾られていた。

  • 長く楽しんでもらうために花鉢を贈ったも1ヶ月後に母親の家を訪ねたら枯れていた。
  • 草木につく虫が実は怖いことも知らず義母に鉢植えを贈ってしまった。
  • 「せっかく貰った花鉢を枯らしてしまった」と母がしきりに気にする。
  • 母の日過ぎた頃「近所スーパーで安売りしてた」と言われた。

  • 贈ったアーティフィシャルフラワーアレンジメント(特大)が部屋の中で明らかに浮いていた。
  • 色褪せて埃をかぶったブリザードフラワーを何時迄も同じ場所に飾っている。

【目次へ戻る。】

2. 失敗から学ぶ「母の日」プレゼントの選び方、贈り方


(1)定番「花+スイーツ」はやっぱり喜ばれる。


母の日フェア2015 スイーツギフト


「花より団子」の言葉どおり、甘いもの、美味しいものはやはり嬉しいプレゼントです。


美しい花をを愛でながら頂くデザートほど至福の時間はありません。


写真:母の日フェアにて撮影。母の日向けに花と老舗スイーツがセットになったギフトが多く登場するようになりました。


(2)花瓶の心配があるならフラワーアレンジメントを贈る。


イイハナ・ドットコムフラワーアレンジメント


母の日フェアにて撮影。ひと言でフラワーアレンジメントと言っても多種多様にアレンジされ好みの1つが見つかるようになりました。


花瓶があるかどうか不明であればそのまま飾れば良いだけのフラワーアレンジメントを選ぶことが無難です。


(3)実の母親、義母、悩んだら共に同じものを贈って置くと無難。


2015母の日フェア


母の日フェアで撮影。色違いで同じデザインの母の日ギフトも多く登場しています。


実の母親と義母、ふたり居るなら同じ予算。可能であれば同じ内容、同じモノを贈っておくことが無難です。


全く同じものに抵抗があるのであれば、色やデザインを変える、花と一緒に贈るスイーツの種類を変える(但し、予算は同じ=これが重要!)などすることで違いを出すことができます。


(4)モノを贈るなら「普段使い」が無難


母の日プレゼントに限ったことではないのですが贈り物はいわゆる無難なモノを選んでおくと失敗がありません。


無難なモノの中でも普段使いのモノは使う度に貰った記憶が蘇り幸せなれる、普段使い=消耗するため毎年新しいものを贈りやすい利点があります。


(5)「モノはたくさん持っているから何も要らない」母親には「時間が経てば無くなるモノ」を贈る。


私然り、一定の年齢になると正直欲しいモノがなくなってきます。


それどころか人生の断捨離ならぬ「モノ」を増やすことより「モノ」を如何にして減らすことができるかばかり考えるようになります。


「もうモノは要らない」と話す厄介な相手、母親には何時までも残る「モノ」ではなく敢えて時間が経てば消えてなくなる「モノ」を贈ってみては如何でしょう?


貰った時期だけ楽しむことが出来る、生花の花束やフラワーアレンジメントはひとつ良い方法だと思います。


子どもが小さい内は「成長記録」をアルバムとして毎年母の日に贈るという手もあります。


もうひとつ「自分の時間」を贈るという考え方があります。


どれだけ忙しくても、楽しい食事会、観劇など母親と共に過ごす時間を捻出することは、大切な人との「時間」の共有、かけがえの無いプレゼントとなります。


3. 失敗から学ぶ「母の日」プレゼントの贈り方


(1)なるべく早く準備する。


母の日に限ったことではないのですが「必要がある」ことを先送りすると「気がかり」となる時間が長くなってストレスの元です。


インターネットで購入可能なフラワーギフトの場合、早く注文することで到着日指定ができるなど特典も多くあります。


(2)継続はチカラなり、継続して贈る。


歳をとると褒めてもらえる機会はグンと減ります。


年にたった1度の母の日くらいは「ありがとう」の言葉を添えて贈って多過ぎることはありません。


実の母親に対してありがちなことに「その内に・・」など思っていると「後悔した時には親はいない」ということになりかねません。「今」を大切に考えたいですね。


(3)遅れても良いので贈る。


「母の日プレゼントは早く、継続して贈りたい」と書きましたが、例え何年もブランクが空いてしまったとしても、母の日が過ぎてしまった後ても、気持ちを伝えることは大切なことです。


有名フラワーショップでは遅れてごめんね母の日ギフトも展開しています。上手に利用したいですね。


(4)メッセージを添える。


鉢植えカーネーション


写真:イイハナ・ドットコム母の日ギフト展示会にて撮影。「お母さんいつもありがとう」のメッセージ付きスイーツとセットで贈ることができます。


肩ひじ張らず自分の気持ちをメッセージに託すことが出来ます。


(5)近所で買った場合、何処で買ったか伝えておくと無難。


時間がない時など近所の店で済ませることもあると思います。


母親が目にするような店で買うのであれば最初から正直に「時間がないから近所の◯◯スーパーで買った。」なと言っておくことで後から「あら、ここで売ってたのね・・安く済まされたわね」など詮索されることがなくなります。


(6)上級編!「花鉢」を贈った後に「アドバイス」をさり気なく伝えられるとベター


最後に上級編。


「花鉢」を贈る場合、お母さんに長く楽しんで貰うためにアドバイス、鉢植えを長持ちさせる会話が出来るとベターです。


とは言え前もって熱心に勉強する必要はありません。


一流フラワーショップともなれば「花鉢」を長持ちさせるためのコツが同梱されているのでこれを利用します。


イイハナ・ドットコム薔薇の花鉢 育て方


写真:イイハナ・ドットコムで花鉢を買うとついてくる「育て方ポイント」です。


私には永久保存版級&大切なもののひとつ。最近ではネットでもある程度のことは調べることができますが紙にまとめられているので何時でも読むことができます。


折角、同梱された説明書ですが「小さな字だから読みづらい」或いは「活字は読まない」と嘆く年代である母親の場合、説明書をしっかり読んでいるとは限りません。


花鉢を贈った後でも良いので同梱された説明書を読んだ上で「こんなこと書いてあるよ」と伝えるだけでも十分です。


その場合、お母さんが説明書を「私は読まない」と早々に捨ててしまわないように電話1本でも良いので念押し置くことをお忘れなく。


【目次へ戻る。】

4.記事紹介フラワー専門店


千趣会イイハナ・ドットコム

2016母の日鉢植えイイハナ


  1. 写真上:未来(アジサイ)
  2. 写真左下:ミニ胡蝶蘭
  3. 写真右下:フェアリーアイ(アジサイ)

花鉢の中でも日光に当てなくても比較的元気に育ってくれるアジサイは日向を確保できないマンション、都心暮らしのお母さんにもオススメです。


2017年もイイハナ・ドットコムではアジサイ鉢植えを種類豊富に用意。花鉢と一緒に「育て方」が同梱されているので初めて花鉢を育てるお母さんも安心です。


イイハナ・ドットコム母の日花鉢


写真:アジサイの中でも個人的に一押しは希少種アジサイ「KEIKO」です。


花びらの縁がピンク色がかってやさし趣が印象的なアジサイは珍しさも相まって花好きなお母さんに喜んで貰えること請合です。


イイハナ・ドットコム2017年母の日フラワーギフト詳細&販売先はこちらイイハナドットコム【母の日特集】


日比谷花壇


都会的なハイセンスなフラワーギフトを贈るなら日比谷花壇がオススメです。


日比谷花壇専属デザイナーズブーケ、まるで本物に見紛うアーティフィシャルフラワー、サプライズ感たっぷりエプロンブーケなどフラワーギフトのパイオニアならでは多種多様な母の日ギフトを用意しています。


日比谷花壇2017年母の日フラワーギフト詳細&販売先はこちら母の日ギフト



2017/4/18:最新情報に更新

【目次へ戻る。】

関連記事

スポンサードリンク



theme : ギフト・プレゼント・贈り物
genre : ライフ

comment

※現在、記事単位のコメントエリアは閉じています。 コメントがある方は問い合わせフォームよりお願いします。
サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

PickUp
カテゴリ
最新記事一覧
ダイエットタイプ別サポートサプリ8種比較 May 23, 2017
DHCプロティンダイエット全7タイプを比較~自分に合った置換ダイエット食とは? May 22, 2017
DHCプロティンダイエット(PD)リニューアルで更に美味しくなりました♪ May 21, 2017
フォーミュラーカーに乗れる!asicsステーションストア品川でワーキングシューズをチェック♪ May 12, 2017
未だ間に合う!2017母の日ギフトまとめてみました。 May 10, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ