シミもシワも諦めたくない年代に強い味方!新ビーグレンホワイトシリーズ使ってみた感想

2015.04.03.20:09

ビーグレン2015リニューアル「キューソームホワイトシリーズ」


肌に確実に成分を届ける浸透テクノロジー「QuSome:キューソーム」で有名なビーグレンよりシミ・そばかす対策にオススメ!「ホワイトシリーズ」が2015年4月1日リニューアル、新しくなって新登場しています。


今リニューアルで大きなポイントはシミもシワも諦めたくない年代に嬉しい「Qusome Moisure RichCream:キューソーム・モイスチャー・リッチクリーム」がラインナップに加わったこと。発売直前一足早くモニター試用する機会に恵まれたので試してみました。



ハイドロキノン”配合!新しくなったビーグレン「ホワイトシリーズ」詳細&販売先はこちら[b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセット


エイジングケア優先と考えていた私がビーグレン「ホワイトケア」に注目した理由


ビーグレン2015リニューアル「キューソームホワイトシリーズ」


▲2015年4月リニューアルしたビーグレン「ホワイトシリーズ」トライアル商品を開封してみたところです。見た目は旧バージョン「ホワイトシリーズ」と同じに見えるけど4つめ、スキンケア最後に使うクリームが異なります。


  1. QusomeWhiteLotion
    キューソームホワイトローション:化粧水
  2. QusomeWhiteLotion
    キューソームホワイトエッセンス:美容液
  3. QusomeWhiteLotion
    キューソームホワイトクリーム1.9:ハイドロキノン入りクリーム
  4. QusomeWhiteLotion
    キューソームモイスチャーリッチクリーム:保湿クリーム※

※「ホワイトシリーズ」に新しく加わることになったスキンケア仕上げに使うクリームです。


これまで”ビーグレン「エイジングケアシリーズ」を使うことはあってもシミ・そばかす対策「ホワイトシリーズ」はトライアル止まりで、それ以上使うことはありませんでした。


なぜか。


「シミ」も気になるけどそれ以上に「シワ」も気になる40代後半。


”出来てしまったシミは非常に気になるも、それより何より刻一刻、深く刻まれていく「シワ」はそう簡単には取れそうにない。


これ以上シワを増やしたくない一心でシミ・そばかす対策は後回し、エイジングケア優先した結果、年齢を重ね乾いた肌にしっかり”うるおい”&”ハリ”感を与えてくれることからビーグレン「エイジングケアシリーズ」”を頼りにしていた次第。


そんな私が2015年4月に新しくなった「ホワイトシリーズなら使えるかも知れない」と思った理由は「モイスチャーリッチクリーム」がホワイトシリーズに加わったという点が大きいです。


頼りにしていた「エイジングケアシリーズ」の中で実は私が最も気に入っていた、便りにしていたスキンケアアイテム=モイスチャーリッチクリーム」だったのです。


これはもう「シミと小じわ、共に気になる」私の思いが通じた!としか言いようがないです(笑)。


ビーグレンをこれまで使ったことがある人も含めてリニューアルしたことで一人1回トライアル商品をお試しすることが可能になったというのも嬉しいですね。


ビーグレン商品に慣れている人で「美白ケアも気になるけど、保湿もしっかりした人」はいきなり本商品でケア始めても良いかもだけど、折角ディスカウント価格でトライアル出来るチャンスを利用しない手はないです。


レーザーでシミをとった姉に再びシミが出現!


肌の状態


▲エッセンスケアは懸命にやってきたのである程度のハリは出てきたと思う(多分)も後送りにしてしまった「シミ」は左右ともにこんなにたくさん出来てしましました・・・orz。


頬に大きく目立つのは老人シミですね。


「これさえなければどれだけ気持ちが晴れるだろう?」と何度手で隠して鏡を見つめたことか(苦笑)。


それでも美白ケアを後送りにしてしまった理由は「イザとなったら、ちょっと怖いけどレーザーでシミを取れるよね・・」と甘い考えを持っていたこから(苦笑)。


最終的にレーザーさえあれば何とかなる!と甘い考えを打ち砕いたのは実の姉に出来たシミでした。


曰く「数年前にレーザーで取ったシミが再び出てきた」とのこと。


「正直、ここまでシミが増えてしまうとレーザーで1つ1つシミを取っていたらお金がいくらあっても足りない!」と思っていた今日このごろ。


高いお金と勇気を出してレーザーでシミ取りしても再びシミが出現するのであれば結局は日々のスキンケアでケアしていく方法が最適解なのではないかと思うようになりました。


新しくなったビーグレン「ホワイトケア」詳細チェック


ビーグレン2015リニューアル「キューソームホワイトシリーズ」


▲新しくなったビーグレン「ホワイトシリーズ」も従来通りシンプル4ステップ。


一方で必要な成分を必要な場所に届ける仕組み「QuSome:キューソーム」は健在。


いったいどのような仕組みで肌の状態を保つのか今ひとつ不明のオールインワンゲルに比べると非常にわかりやすい。全てのステップで必要な働きをしているスキンケアアイテムが頼もしい限りです。


QuSome White Lotion:キューソーム・ホワイト・ローション(化粧水)


ビーグレン2015リニューアル「キューソームホワイトシリーズ」


▲「Qusome White Lotion(キューソームホワイトローション)」(化粧水)の成分と働きを確認。化粧水で採用されているのは浸透テクノロジーは「Qusome:キューソーム化ビタミンC」。まずは肌をうるおいで満たす役割をになっています。


ビーグレン「ホワイトシリーズ」


▲新しくなった「「Qusome White Lotion(キューソームホワイトローション)」(化粧水)」を手の平にとってみました。


テクスチャは少しトロっとした無色透明。


40代後半頃より、気のせいか手相が複雑化したような気がする=これってもしかするとシワ?!(汗)と思っていのだけどローションをつけるとしっとりうるおいチャージしてくれる感じが心地よいです。


乾燥が進んだ肌にも安心のうるおい化粧水です。


美容液


ビーグレン2015リニューアル「キューソームホワイトシリーズ」


▲「Qusome White Essense(キューソームホワイトエッセンス)」美容液の成分と働きを確認。


ビーグレンの場合、化粧水の次に使うのは乳液ではなくて美容液とちょっと贅沢なラインナップです。


シミやそばかす、目に見えるものばかりが見た目肌を変えている訳ではないのですよね。紫外線に当たることで全体的にくすんできた肌を整えてくれる頼もしい美容液です。


ビーグレン「ホワイトシリーズ」


▲新しくなった美容液を手に取ってテクスチャーを確認。


色は無色透明でトロ~としています。伸び感良く少量でも肌によく馴染みます。


ハイドロキノン入りクリーム


ビーグレン2015リニューアル「キューソームホワイトシリーズ」


▲「Qusome White Cream1.9(キューソームホワイトクリーム)」の成分と働きを確認。


ビーグレンホワイトシリーズの中で肝。美容皮膚科などで使われることが多い塗ることでシミケアしてくれるハイドロキノンが入ったクリームです。


美容皮膚科で処方されるクリームと違ってハイドロキノンの量は少ないのだけど、ビーグレン独自の浸透テクノロジー「Qusome:キューソーム」を採用することにより配合量以上の働きが期待できるそうです。


美容皮膚科に行くのは今ひとつ敷居が高かったり、お金がいったい幾らかかるか不安だったり、そもそもハイドロキノンが自分にあっているのか分からない時に、試してみるにはコスメは手軽&便利です。


ビーグレン「ホワイトシリーズ」


▲新しくなったホワイトクリームを手に取って伸ばしてみます。


テクスチャは固めの白いクリーム状。出来てしまったシミにピンポイントでつけることができます。


リッチクリーム


ビーグレン2015リニューアル「キューソームホワイトシリーズ」


▲「Qusome Moisture Rich Cream(キューソーム・モイスチャー・リッチ・クリーム)」の成分と働きを確認。


これまで美白を気にしつつも私がエイジングケアシリーズを使っていた最大の理由、リッチクリームです。


リッチクリームをつけて寝ると安心感が強いのですよね。翌朝違いを実感します。


ビーグレン「ホワイトシリーズ」


▲新しくなったキューソームモイスチャーリッチクリームのテクスチャを確認します。


白色の濃いクリーム状。肌全体を薄いヴェールで包み込んでくれるような安心感があります。


ビーグレン「ホワイトシリーズ」本商品


ビーグレン2015リニューアル「キューソームホワイトシリーズ」


▲ビーグレン美容セミナーにて「ホワイトシリーズ」新シリーズ本商品を見てくることができました。


ビーグレン2015リニューアル「キューソームホワイトシリーズ」


▲ホワイトローション(化粧水)の本商品です。


本商品といえばエイジングケアシリーズのローションを使ったことがあるのですが大容量でたっぷり使っても相当長持ちします。


ビーグレン2015リニューアル「キューソームホワイトシリーズ」


▲「Qusome White Essense(キューソーム・ホワイト・エッセンス)」美容液の本商品です。


プッシュ式なので必要な量だけ無駄なく使うことができます。


ビーグレン2015リニューアル「キューソームホワイトシリーズ」


▲「Qusome White Cream1.9(キューソームホワイトクリーム)」の本商品です。


手に収まるサイズですが数滴で十分肌に伸びるので意外と長持ちします。


エッセンス同様プッシュ式なので必要な量だけ無駄なく使うことが出来ます。


ビーグレン2015リニューアル「キューソームホワイトシリーズ」


▲「Qusome Moisure RichCream(キューソーム・モイスチャー・リッチクリーム)」本商品です。


乾燥による小じわが気になる年代には頼りがいがある、嬉しいクリームです。


30g入ってたっぷりと使うことができます。


新しくなったビーグレン「ホワイトケア」使ってみた感想


顔中シミだらけで写真を見るたびガッカリしていました。


「このシミがなければ何歳若く見えるだろう」など思っては出来てしまったシミを手で隠しては鏡に写った時分の顔を眺めたみたり、不毛の日々を送っていました。


「歳を取りました」の代名詞?!「老人シミ」を何とかするには高いお金をかけて美容皮膚科に行くしかもう手はないと思っていた私にとって、出来てしまったシミへアプローチしてくれるハイドロキノン配合というのが頼もしい。


良い意味で美白ケアしながらも、まるでエイジングケアシリーズを使っている感覚に満足しました。


やっぱりエイジングケアシリーズと同じ「キューソームモイスチャーリッチクリーム」が加わったことは大きいと感じます。


トライアルを1週間使っただけなので気になるシミの悩みは全クリアという訳にはさすがに行かないけど、保湿&はり感が翌朝まで続くので安心して続けることが出来そうです。



シミもシワも諦めたくない年代に強い味方!新しくなったビーグレンホワイトシリーズトライアル詳細&販売先はこちら[b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセット

関連記事

スポンサードリンク



theme : スキンケア&コスメ
genre : ファッション・ブランド

comment

※現在、記事単位のコメントエリアは閉じています。 コメントがある方は問い合わせフォームよりお願いします。
サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

お気に入り♪
カテゴリ
最新記事一覧
40代から始めたい「脳梗塞」対策まとめ Sep 11, 2017
自分に合うマットレスを求めて!睡眠セミナーで診断受けてきました♪ Aug 26, 2017
40代からのキレイ習慣!ファイテン「カシス5000」飲んでみた感想 Jul 28, 2017
究極デンタルケア!アーユルヴェーダ”オイルプリング”体験レポ Jul 13, 2017
2Wayトリートメントでつるんとツヤ髪!リバースケア シャンプー&トリートメント【Gokubi-pro】感想 Jul 11, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ