卵殻膜アルマード「チェルラー モイストファンデーション」継続使用してみた感想

2016.06.06.18:43

チェルラー モイストファンデーション アルマード


卵殻膜で有名な【アルマード】よりリニューアル登場『チェルラー モイストファンデーション』※を使ってみました。


10日間継続して使用してみた感想、また汗をかいた後のメイク崩れについて検証しています。



※モニター企画参加中です。


『チェルラー モイストファンデーション』の魅力と特徴


チェルラー モイストファンデーション アルマード


『チェルラー モイストファンデーション』は1つで日焼け止め、化粧下地、コンシーラー3役を担ってくれるリキッドファンデーションです。


日焼け止め機能:SPF50・PA++++UVカット機能は日本における最高レベルなのでこれから暑なる夏も日焼け止対策はバッチリ安心です。


カバー力あるのに透明感


「チェルラー モイストファンデーション」でツヤ肌メイクが実現できる理由は以下3つのステップによるもの。


  1. 凹凸な肌にもフィット力ある成分を配合
  2. 成分を吸着させる成分の配合
  3. 光の乱反射を利用

気になる毛穴、小皺をフラットに見せつつ光の乱反射を利用して透明感あるツヤ肌をを導き出してくれます♪


メイクしながらスキンケア気分


メイクしながら保湿感を感じることができる理由はアルマード独自の美容成分。


  • 卵殻膜
  • タナクラクレイ
  • リンゴ果実培養細胞エキス
  • ヒアルロン酸Na
  • セラミド1
  • セラミド3
  • セラミド6Ⅱ

特に注目している成分はアルマードといえばやっぱり卵殻膜とタナクラクレイ。


生命のプラントと言われる「卵殻膜」はスキンケア注目の成分です。


またフェイスパックに使われることも多い海のミネラル豊富なタナクラクレイは疲れた夏肌をメイクしつつ癒やしてくれそうです。


新しくなってここが変わった!夕方になってもツヤ肌が続きます!!


リニューアルした『チェルラー モイストファンデーション』の真の実力は夕方、一般的にはメイク崩れが気になる時間に現れる!?


アルマードでは汗をかいたり水でぬれることが多かい夏はどうしてもメイク崩れが気になる点に注目。


ファンデーションの粉を皮脂を含む度に透明感を増す構造に変えることでメイクが崩れにくい&時間がたってもくすまない。更に皮脂でぬれることで透明感がすようにしたと言うのです!!


肌にやさしい成分はそのまま、メイク崩れ宿敵である皮脂を味方につける発想はまさに進化形ファンデーションです。


『チェルラー モイストファンデーション』詳細チェック


全成分・原材料


チェルラー モイストファンデーション アルマード


水、シクロペンタシロキサン、ジメチコン、BG、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、フェニルトリメチコン、加水分解卵殻膜、タナクラクレイ、センチフォリアバラ花油、プルーン分解物、アセロラエキス、ミルシアリアデュビア果実エキス、ヒアルロン酸Na、ヒメフウロエキス、セラミド3、モモ葉エキス、セラミド6II、ダイズ種子エキス、アセチルテトラペプチド-5、コンドロイチン硫酸Na、アセチルヘキサペプチド-8、アテロコラーゲン、セラミド1、リンゴ果実培養細胞エキス、レシチン、グリセリン、PEG-400、硫酸Mg、(ジメチコン/(PEG-10/15))クロスポリマー、(アクリレーツ/ジメチコン)コポリマー、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、ポリメチルシルセスキオキサン、塩化Na、硫酸Ba、トコフェロール、ハイドロゲンジメチコン、ラウロイルラクチレートNa、テトライソステアリン酸ペンタエリスリチル、コレステロール、フィトスフィンゴシン、カルボマー、キサンタンガム、ジメチルシリル化シリカ、フェノキシエタノール、酸化チタン、マイカ、酸化鉄、水酸化Al、ステアリン酸

※アルマードHP商品情報より抜粋


不使用成分


  • 紫外線吸収剤
  • タール系色素
  • タルク
  • 石油系界面活性剤
  • 鉱物油
  • アルコール
  • パラベン
  • 合成香料

肌に負担をかけないコンセプトは新しくなっても健在。


アルコールでも赤く反応が出てしまう敏感肌の私でも安心して使うことができます。


『チェルラー モイストファンデーション』を使ってみた感想


テクスチャー


チェルラー モイストファンデーション アルマード


テクスチャーはクリーミィな液体状です。


天然香料入ですが香りは殆ど感じません。


ほんの少量でも伸び感良くす~と肌に馴染んでいきます。


使い始め感想


本当に少量でも良く伸びるためつけ過ぎに注意!


顔全体メイクするために1プッシュあれば十分といった印象。


使い始めは少しずつシミ、そばかすのカバー具合を見ながら量を加減していくと良いと思います。


メイク崩れについて


メイク後にジョギングするなどして敢えて汗をかいて検証してみました。


チェルラー モイストファンデーション


アラフィフ肌を晒すにはこれが限界だ!!と思いつつジョギング前後、メイクの状態を写真に収めてチェックしてみました。


ジョグ後の肌が全体ピンク色の理由は走ったことで代謝が上がったためと思われます。


ジョギング後、本来であればメイク直しが必要なのですがメイクが大きく崩れることがなかったためそのまま過ごすことができました。


本格的な夏になって大汗かくようになったらどうなるか?は未検証ですがちょっとした汗であればメイク崩れの心配はなさそう・・・安心材料が一つ増えました。


ちなみにチェルラー モイストファンデーションに限ったことではないのですがメイク崩れしないコツは「しっかり保湿→薄付きメイク」すること。


シミが出来た部分など乾燥している場合が多くメイクが崩れやすいです。


念入りにスキンケア、保湿してからメイクすることが急がば回れメイク崩れしないコツです。


もうひとつ、私自身も経験があるのですが厚塗りは厳禁!どれだけ良いファンデーションでも厚く塗れば崩れます。


カバー力について


顔全体シミだらけ!なので完全に隠しきることはできないものの全体的に透明感が出たことで明るい印象。


気になるシミ・そばかすも目立たなくなった気がします。


気になるシミをしっかりカバーするために厚塗りしたい衝動に駆られることシバシバですが(苦笑)メイク崩れの元となるためガマンしています。


まとめ~継続して使ってみた感想


「チェルラー モイストファンデーション」が手元に到着してから今日(6月14日)まで10日間続けて使ってみました。


サッとつけることが出来る、メイク崩れしにくい、カバー力があるなど使い勝手が良いことはもちろんですが私にとってもっとも良かったなと思うことは実は保湿感です。


6月に珍しく乾燥注意報が出るなど乾燥肌にとっては辛い初夏の訪れでしたが「チェルラー モイストファンデーション」を使っていたおかげで夕方になって肌の乾燥が気になる!ということがなくなりました。


チェルラー モイストルースパウダー


オススメの使い方は姉妹品「チェルラー モイストルースパウダー」と合わせて使うこと。


リキッドタイプのファンデーションの上から使うことで肌ニュアンスをコントロールすることが出来る他、UVプロテクト機能がアップします。



記事で紹介した『チェルラー モイストファンデーション』はアルマード公式通販ショップにて購入することが出来ます。



関連記事

スポンサードリンク



theme : スキンケア&コスメ
genre : ファッション・ブランド

comment

※現在、記事単位のコメントエリアは閉じています。 コメントがある方は問い合わせフォームよりお願いします。
サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

お気に入り♪
カテゴリ
最新記事一覧
美容ヒフ科発スキンケアコスメで話題!Dr.K(ドクターケイ)使ってみた感想 Jun 24, 2017
水素で髪見違えるって本当!?エイジングヘアケア”ミネコラ パーフェクト3”口コミ Jun 23, 2017
oisix(おいしっくす)おためしセット感想~お得に新鮮野菜&殿堂入り商品を試せて満足♪ Jun 21, 2017
kit oisix(きっと、おいしっくす)は忙しい人の味方!短時間で美味しい献立が完成します♪ Jun 21, 2017
いろいろ試せて美味しい!自然派マイクロダイエット1週間置き換えダイエット体験記 Jun 18, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ