「花とギフトの母の日フェア 2012」に参加しました。

2012.03.14.08:00

P1030062-2.jpg 
リンクシェア主催『花とギフトの母の日フェア 2012』に参加してきました。

私自身、息子を持つ母であり、また私を育ててくれた母と暮らす娘であるので、贈り贈られる双方の立場で、”家族の絆の架け橋となってくれるギフトに出合えるかな?”そんな思いでフェアに参加してきました。


写真:日比谷花壇「母の日」ブーケ制作の実演に使われた花です。
『母の日ファア 』 参加企業は下記のとおり。

※↓各リンクはショップ毎のレポートにリンクしています。

ランズ・エンド
All About スタイルストア
FUJIFILMネットプリントサービス
イーハナ・ドットコム(千趣会イイハナ)
日比谷花壇(フラワーギフト)
日比谷花壇(その他
セコムの食


信頼に裏打ちされたギフトショップ母の日ギフトとして自信を持って提供する商品をたくさん紹介して頂きました^^。

私自身、母の立場として
「こんなギフトを貰えたら嬉しいな、素敵だな・・

また娘の立場として
「これならお母さんの笑顔が見られそうだな・・
 
  
なんて妄想(笑)しながら、普段、ネットでしか見ることができない商品を直接手に触れ確認して来ました。

また商品開発のエピソードや拘りをショップの人から直接聞く場として、またこちらから質問を投げかけることができる場として、とても有意義な機会だったと思います。

フェアの中で圧巻だったのは、日比谷花壇シニアデザイナー福井崇史(フクイタカシ)さんの母の日向けブーケの実演!

ブーケのテーマは”「絆」を形にすること”

タカシさんの見事な手さばきで創り上げられていく華やかなブーケ、そして「絆」の形に会場にいた女性一同(もちろん男性も)酔いしれていました。

ブーケ制作過程を以下にご紹介します。

花の扱い方について、日常に取り入れることができるポイントがたくさんあって勉強になりました。

 1.全てをイメージしてから作り始める。  

「左手」にブーケを持って作業をするため、一旦、ブーケを作り始めると使えるのは「右手」ひとつになるそうです。

そのためブーケを創り始める前に 、頭の中で 全体イメージを 創り上げておくことが大切

また両手で出来ることはブーケを作り始める準備段階で全てやっておくことが鉄則なのだそうです。

  .ラッピングペーパーも上手に利用する。
P1030065.jpg 

P1030066.jpg 
 
ラッピングペーパーを使ってパイプのような形を作っていました。

曰く「ラッピングペーパーでを丸みを浴びた形にして”包む”雰囲気を演出したい」とのこと。

ラッピングというと単に花を包むものと思っていたけれど、テーマ「絆」を形にするアイテムの一部として、独創的に変身させてしまう様子はさすがです。

 3.ブーケをまとめ始める。
P1030068.jpg 

持ち手に花を螺旋状にまとめていきます。

こうすることで大きなブーケであっても最後まで片手ひとつでまとめ上げることができるのだそうです。
 
使った花はリブページュ(?)、ラナンキュラス、「母の日」なのでオレンジ色のカーネーション。

ちなみにカーネーションは力を入れると折れてしまうので、普段はパフォーマンスに使わないそうです。

P1030069.jpg 
 
 4.グルーピング
P1030070.jpg 

同じ色の花を固めて配置することで色のメリハリを作ることを「グルーピングテクニック」というそうです。

大きな花束の場合、遠くから見ることが多いためこのような工夫をするのだそうです。

 5.結ぶ。
   
仕上げに、螺旋状にまとめていった茎をテープで止めていきます。

紐でやることもあるそうですが、花を置かずに片手で巻くことができるためテープを使うとのこと。

日比谷花壇では、ブーケを貰った人がテープを外すときのことを考えてテープ終端を折り返しておくそうです。

細かな気遣いが嬉しいですね^^

 6.余分な茎をカットする。
P1030072.jpg

茎を潰さないためにはナイフが最適、吸水効率を高めるためには茎を斜めに切ると良いなのだそうです。

また茎全体の真ん中を短めにカットすると机の上でもブーケを立たせることができるそうです。

 7.出来上がり 

ラッピングペーパーで作ったとは思えないチューブに包み込まれるように花の彩りはまさに「絆」

華やかさの中に醸し出される温かみに感激しました。

P1030075-4.jpg

出来上がったブーケからは花の香が辺り一面に広がっていました。

今まで花ブーケと言うと、華やさばかり目が行っていましたが、根底に製作者の花への細心の気遣いと愛情があることを知りました。

そして花は永遠、いつの時代もどんな時でも、人の心をやさしく包んでくれるものなのですね。

今春は母に花を贈ろうかな^^。
 

日比谷花壇 フラワーギフト 母の日 通販 2012
関連記事

スポンサードリンク



theme : おすすめ商品
genre : ライフ

tag : 体験談

comment

※現在、記事単位のコメントエリアは閉じています。 コメントがある方は問い合わせフォームよりお願いします。
サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

お気に入り♪
カテゴリ
最新記事一覧
40代からのキレイ習慣!ファイテン「カシス5000」飲んでみた感想 Jul 28, 2017
究極デンタルケア!アーユルヴェーダ”オイルプリング”体験レポ Jul 13, 2017
2Wayトリートメントでつるんとツヤ髪!リバースケア シャンプー&トリートメント【Gokubi-pro】感想 Jul 11, 2017
自宅で歯の黄ばみケアはここまで出来る!プレミアムブラントゥース使用レポ Jul 11, 2017
夏向け機能性アンダーウエア「ミズノドライベクターエブリ」とその他肌着を比較して分かったこと Jul 06, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ