40代から始めたい「脳梗塞」対策まとめ

2017.09.11.11:00

血圧手帳


脳梗塞というとお年寄りの病気と考えがちですが早い人では40代から発症しているとのこと。


2017年9月NHKあさイチ放送内容を元に、40代から始めておきたい脳梗塞対策をまとめてみました。


40代から脳梗塞危険となる理由


40~50代の女性に脳梗塞患者が増える理由として更年期。


「私は低血圧だから」「酒もタバコもやらないから」と健康に胡坐をかいているとある日突然Xデーならぬ脳梗塞になる可能性があるのです!


理由1.血圧の上昇


更年期に入ると女性ホルモンが低下することでそれまで抑えられていた血圧が高くなりがちになります。


若い時分、血圧が低い女性が多いことから更年期に入っても「自分の血圧が高いなんて信じられない!!」と妄信、高血圧になっていることに気づかないまま過ごす女性が多いそうです。


40代以降は日頃より血圧を計測、急に高くなることはないか注意しておく必要があります。


理由2.心臓機能の低下


年齢による心臓機能の衰えによって脳梗塞を起こすリスクもあります。


若くして脳梗塞を患ったタレントの磯野貴理子さん当時50歳もしかり。自覚症状を殆ど感じることがないままある日突然、脳梗塞を引き起こしています。


磯野貴理子さん自身、当時暴飲暴食をしていたことから生活習慣に関して大いに問題があったとはいえ血圧は正常範囲内、酒もタバコもやらない、どちらかというと健康には自信があった女性でも心臓機能衰えによって脳梗塞を起こす事例があるとのこと。


健康に自信があるなしに関わらず40代以降は注意しておくことに越したことはなさそうです。


走れば心臓がドキドキ、動悸があるのは当たり前!?ですが注意しておきたい心臓機能低下は以下のとおりです。


  • 不整脈が起きるようになった。
  • 歩いているだけでもドキドキ、動悸がする。

私自身、40代過ぎて健康診断でこれまで全く問題なかった心電図検査にて「不整脈」が出ている旨、指摘されたことをきっかけにかかりつけ医に相談、24時間心電図など精密検査を受けたことがあります。


結果的に問題がなかったも何ごとも案ずるより産むが易し!小さな変化であってもこれまでと違ったことが起きた時は自分のカラダと真摯に向きあうべきだと考えています。


対策編その1:自分の血圧、脈拍を知る。


ここからは対策編。


まずは普段から自分の血圧、脈拍を知っておくが大切です。


その上で普段と違うなと思った時、例えば動悸が気になるとき、めまい、耳鳴りがするときなどの血圧、脈拍はどうなっているか客観的に確認します。


血圧


家庭用血圧計を用いて原則として毎日・定時刻に測るようにします。


まずは起床後の安静時に計測した値を基準とします。


プラス寝る直前にも測ることができればベストです。


緊張しているだけで血圧の値は変わってしまうため慣れない内は2度計測、記録しておくことをおススメします。


脈拍


家庭用血圧計でも同時に測ることができるタイプが多くなりました。


計測器がなくても昔ながら指先を使って脈拍を測ることができます。


動悸がするときなど外出先でも手軽に測る出来ることから家庭用血圧計に頼らず自分で測る習慣もつけておくことをおススメします。


指先を使った脈拍の測り方は簡単!


親指の下、手首に人差し指、中指、薬指の三本をそっと当てて15秒間の脈をカウント、4倍すれば1分当たりの脈拍数がわかります。


不整脈が気になる場合はもう少し長く脈をとって様子をみます。


途中で脈が途切れる、テンポが変わった場合は不整脈となります。


一概に不整脈といっても問題なる・ならない場合があることから自分の脈はどのように途切れているのか日頃から観察しておきましょう。


対策編その2:生活習慣を見直す。


女性ホルモンが減少する女性は40代から、そもそも女性ホルモンに守られていない男性は30代から不摂生を繰り返していると脳梗塞リスクを高めてしまう可能性があります。


  • 深酒をしない。※1
  • 禁煙する。
  • ストレスを溜めない。
  • テキパキ動く。※2
  • コンスタントに水分を取る。※3
  • 食物繊維をたっぷり摂る。※4

※1:深酒と脳梗塞リスクの関係性は証明されていませんが飲み過ぎて良いことはなさそうです。


※2:ジムでわざわざ運動する時間を作らなくてもチリツモ!テキパキ歩く、テキパキ家事をすることで有酸素運動と同じ効果を得ることができますね!


※3:水分不足が多くなるといわゆる”血液ドロドロ・・”脳梗塞リスクを高めてしまいます。


とっているつもりでも実際とれていない水分。何かに集中すると水分を取ることを忘れがちなので常に自分の傍に水を置いて喉が渇く前からコンスタントに口に含むようにします。


※4:予備軍を含む糖尿病になると脳梗塞リスクも高くなると言われています。食物繊維を多くとることで糖の吸収がゆっくり行われるようになります。


脳梗塞を疑う症状とは?


脳梗塞が起きたサインとして”FAST(ファスト)”という言葉があります。


  • F:face…顔つきがおかしい。
  • A:arm…半身だけ動かない。
    片手だけ手に力が入らないなど。
  • S:speech…ろれつが回らない。
    言葉が上手く出てこない。
  • T:time…うまく歩けない。

脳梗塞を起こしている本人自身気づかないことも多いことから家族など近親者が日頃から様子を伺うことが大切な要素となります。


一人暮らしであっても毎日電話をかけて話す(できればテレビ電話が良い)だけでも普段と違う感じは見て取ることができます。


脳梗塞に関するQ&A


Q:救急車を呼ぶ間に出来ることは?


  • 普段病院に通っているのであれば薬手帳、診察記録など用意する。
  • 傍で付きそう。
    →嘔吐する可能性があるため。
  • 水を無理に飲ませない。
    →むせる可能性があるため。
  • 移動させない。

ありがちなことに救急車が来るまでの間、布団に寝かせようと動かすこと。救急車は10分程度で来るため無理に寝かせておく必要はなりません。


体勢があまりに悪ければ変えるとしても動かすことによって状態が悪くなる可能性があります。


Q:自覚症状としてしびれがある場合は何処で見て貰えば良い?


脳外科、神経内科で相談します。


Q:遺伝的要素もあるの?


クモ膜下出血は遺伝的要素があるため家族にいる場合、脳ドックを受けて置いた方が良い。


脳梗塞の原因となる血圧、コレステロールが高めも遺伝的要因。


高血圧、高コレステロール家系の場合、リスクを高めてしまわないために男性は30代、女性は40代から生活習慣を見直すことが必要。



参考にしたメディア等:2017年9月11日放送NHKあさイチ「40代からの脳梗塞対策」

関連記事

スポンサードリンク



theme : 健康管理
genre : ヘルス・ダイエット

サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

お気に入り♪
カテゴリ
最新記事一覧
40代から始めたい「脳梗塞」対策まとめ Sep 11, 2017
自分に合うマットレスを求めて!睡眠セミナーで診断受けてきました♪ Aug 26, 2017
40代からのキレイ習慣!ファイテン「カシス5000」飲んでみた感想 Jul 28, 2017
究極デンタルケア!アーユルヴェーダ”オイルプリング”体験レポ Jul 13, 2017
2Wayトリートメントでつるんとツヤ髪!リバースケア シャンプー&トリートメント【Gokubi-pro】感想 Jul 11, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ