EMSトレーニングパッド Bodypump ボディポンプ使ってみた感想

2017.09.25.05:22

EMSトレーニングパッド ボディポンプ 体験


美容機器専門店 ザ・ビューツールズ販売EMSトレーニングパッド Bodypump ボディポンプ The Beautools をモニター試用中です♪


コンパクトでもパワー十分&コスパが良いという噂は本当!?フィットネスジム歴10年!厳しい視線でチェックしてみました。


「Bodypump ボディポンプ」とは?


EMSトレーニングパッド ボディポンプ 全体


「Bodypump ボディポンプ」とはEMS電気信号によってコア(インナーマッスル)にアプローチ!自宅で手軽に使えるトレーニングパッドです。


大きさは手のひらに載る程小さなパットで気になる全身部位に貼り付けることで使うことができます。


単に痩せる、体重を落とすというよりはカラダ内側から締まった体を手に入れたい人におすすめです。


写真:動物の絵が描かれたお洒落な専用ポーチ付き!積極的に持ち歩きたくなります。


特徴まとめ


強度15段階
EMS波形8種類による刺激の少ない独自EMS信号
動作時間20分/1回
電源内臓リチウムイオン電池
重さ28g※/1個
サイズ手のひらサイズ
予算約2万円(本体のみ)
パット水洗い可
項目
 

※重さ28gは自宅グラム計を使って計測した値です。


個人的にもっとも興味を持ったことはコスパが良いこと。


使い捨てボタン電池ではなく充電可能なリチウムイオン電池内臓のためランニングコストを低く抑えることができます。


EMSトレーニングパッド ボディポンプ コンパクト性


自宅で使うEMSトレーニング機器はそもそもそれ程場所を取らないモノ!と思っていた私でも「Bodypump ボディポンプは際立ってコンパクト性が高いな~」と感心してしまう程、本当にミニサイズでした(笑)。


準備編


EMSトレーニングパッド ボディポンプ 交換用パット


EMS電流を通電させるために必要な専用パット(消耗品)です。本体も小さいのでパットも当然小さめ。


EMSトレーニングパッド ボディポンプ パット装着


使い始める前にまず本体にパットを装着します。


EMSトレーニングパッド ボディポンプ 充電


コントローラーを充電します。


EMSトレーニングパッド ボディポンプ 電源装着


充電したコントローラー(プラスマイナス印がついた四角い箱のようなもの)を本体(薄いは羽根のような形をしたものに装着します。


コントローラー中央部分を押すとスイッチon!薄く青色のランプがつきます。


それにしてもコントローラーにあるのは電源ON/OFF、プラス、マイナスのみ!非常にシンプルですね~。


EMSトレーニングパッド ボディポンプ パットの粘度


肌面につけるパットフィルムを外しています。肌にぴったりつけるために粘着性があります。


EMSトレーニングパッド ボディポンプ パットカバーシール


参考まで、使い終わった後はカラダに密着させていたパット粘着部を保護するための専用シールを用います。


パットよりも一回り大きく作られているのでスムーズに載せることができます。


実践編


パーツタイプなので全身、気になる場所に貼り付けて使うことができます。


実際に「Bodypump ボディポンプ」を使ってコアトレしてみた場所は以下のとおり。


  1. ウエスト
  2. 背中
  3. 太もも
  4. ふくらはぎ

ほぼ毎日ジムに通っているのですけどね~苦手なこと、筋トレ、ましてインナーマッスルを鍛えるなんて地味なことはどうしても後回しにしがちになってしまいます。


ずいぶん欲張り!ですが気になる場所が実際にこれだけあるのだから仕方ない(笑)。


感想


使い始め~1週間後の感想を良かった点、気になった点に分けてレポしています。


直ぐに使い始めることが可能


充電したら直ぐに使える手軽さが良いです。


EMSトレーニングパッド ボディポンプ マニュアル


見た目もシンプルなら使い方も当然シンプル!?非常にシンプルなマニュアルです。


最近、家庭用運動グッズの使い方を間違えて怪我をする人が増えているのだとか。


なぜか。


健康ブームで自主的に運動を始めるも私しかり分厚いマニュアルは読む気になれないことが原因。


そんな中、よくぞここまで薄くしてくれました(笑)。これだけ薄いマニュアルなので面倒臭がり屋の私でもあっという間に読了することが出来ました。


独自EMS波形は癖になります。


使い始めて直ぐに一番気に入ったことは「Bodypump ボディポンプ」独自のEMSトレーニング波形です。


これまで使っていたEMS波形=単調だった私にとっては目から鱗、もしかしてマッサージ機器?なんて思わず仕様をみなおしたほどです。


「Bodypump ボディポンプ」では独自EMSでは8つの独自トレーニング波形を持っているとのこと。


具体的に20分にやってくれる動きはこんな感じ。


筋トレ1→たたき1→筋トレ2→たたき2→もみ・筋トレ1→ほぐし1→もみ・筋トレ2→ほぐし2


筋トレ1、筋トレ2それぞれ波形は同じでも時間当たり回数がそれぞれ異なるため感じ方も違ってきます。


ほぐしの波形があることからレベルを弱めにすることでEMSマッサージ、レベルを強くする或いは2つ並べて使うことでと筋トレ、使い方次第で応用範囲が広がりそうです。


小さくてもパワー十分


EMSは既に何度も経験済みの私にとって「手のひらに載ってしまうほど小さなBodypump ボディポンプで果たして満足できるの?」といった不安がある中、使い始めました。


EMS経験者ということでレベルはかなり高め7程度から始めてみたのですがそんな自分が甘かった!


そのまま20分間続けることができずレベルダウンして続行することとなりました。


筋肉の中でも太くて丈夫と言われる腹筋、大腿四頭筋はともかく普段全く筋トレしていない二の腕、首はツラかった!!


自分が苦手な場所に如何に日頃何もしてこなかったかを痛感、使い始めは低いレベルから始めることが大切であることを再確認しました。


コントローラー得られる情報は最低限のみ


「Bodypump ボディポンプ」のコントローラーには表示パネル自体ないことから得ることができる情報は電源ON,OFF時のランプ、及び動作終了のアラーム音程度と極めてシンプルです。


これまで使っていた家庭用EMS機器の場合、手元のコントローラーで動作レベルや残り時間など表示してくれたことを考えるとシンプルゆえに最低限しか情報が得られないことは確かです。


コントローラーを手元で操作できない場合もある。


本体&コントローラー一体式のためカラダに貼り付ける場所によってコントローラーを直接目で見て操作できない場合があります。


例えば首の後ろなど。


手元にコントローラーがなくても操作できるようボタンに凹凸が付いていることに納得しました。


まとめ


記事で紹介した「Bodypump ボディポンプ」を購入するには?


記事で紹介した「Bodypump(ボディパンプ)」は家庭用美容機器を扱う専門店として有名な「ザ・ビューツールズオンラインショップ」で購入することができます。→ 美容機器専門店 ザ・ビューツールズ


家庭用EMS経験者ですが1週間で使い始めレベルは3~7の範囲でした。


この分だと最強となる15レベルしかも2つ並列使いの域に達するまでは相当時間がかかりそうです。


使いこなす頃には理想のカラダになっているかも!?捕らぬ狸の皮算用ですが今から楽しみです。



関連記事

スポンサードリンク



theme : 健康、美容、ダイエット
genre : ヘルス・ダイエット

サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

お気に入り♪
カテゴリ
最新記事一覧
EMSトレーニングパット「Bodypump ボディポンプ」1カ月間使った感想 Oct 17, 2017
EMSトレーニングパッド Bodypump ボディポンプ使ってみた感想 Sep 25, 2017
井村雅代ヘッドコーチ語る「日本シンクロ復活」秘話~ファイテン・ファンの集い参加レポ Sep 22, 2017
40代から始めたい「脳梗塞」対策まとめ Sep 11, 2017
自分に合うマットレスを求めて!睡眠セミナーで診断受けてきました♪ Aug 26, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ