「RIZAP(ライザップ)」ジム検証3:ここが違った

2012.04.09.09:17

RIZAP1.jpg


フィットネスジム苦節20年の私から見て「CMで話題!RIZAP)は一般的なジムとココが違う!」点についてまとめてみました。以前書いたライザップ記事内容と一部重複する点はご海容をm(__)m。


写真はRIZAP(ライザップ)内にあった備品。ミニ冷蔵庫があってトレーニング中は飲み物&おしぼりの利用が自由。トレーニングに集中出来る環境をとことん追求している様子が伺えます。


ここが違った「RIZAP(ライザップ)」


1.専属の一流トレーナーとマンツーマンのトレーニング


実は私自身、マン・ツー・マンでトレーニングを受けた経験が何度かあるのですが「トレーナーによってここまで結果が違ってくるものか!」ということを実感しています。


私の経験から感じることはトレーニング内容そのものは実はそれ程大切なことではないということ。


なぜか?


カラダより心(メンタル)。如何にパートナーとなるトレーナーが受講者のカラダの特性を見抜き、更には受講者がどのような性格をしているのかを把握した上で、トレーニングに当たらない限り、最大限の成果は出ないと思うからです。


見学会に参加した際にトレーナーについて質問させて頂きました。


RIZAP(ライザップ)では、目標を共に達成するパートナーとなるトレーナーは気に入らなければ交換可能とのこと。


とは言え今までのところトレーナーを変えて欲しいと言って来た人はいないとのこと。また反対にトレーナー満足度アンケートに「120%満足している」と答えた人もいるのだとか。  


人材ありきの姿勢に好感を持ちました。


完全予約個室制でプライバシー重視


トレーニングに限ったことではないけれど何ごとも「目標」を達成することに最も大切なことは「如何に集中出来るか」ということなのではないか、と思ってます。


個室プライベートであればマシンの取り合いがないことはもちろん、他人の目が気になって思ったとおりトレーニングが出来ずに終わる、ということもないですね。


完全個室とは、プライバシーのみに非ず、時間を最大限に有効に使うこと、目標達成のために必要な空間であるように思いました。


24時間食事フルサポート


昨年度の特定健康診査で「メタボ」との判定を受けた人のうち、改善出来た人は実に14%しかいないのだとか。


失敗した理由が「食事」。食生活の改善を継続することが出来なかったのだといます。


食事については私自身も痛感しています。トレーニングである程度締まったカラダを手に入れることは出来ても、体重を落とすことはできないと。


筋力トレーニングと食事制限、両輪のアプローチが大切。


「RIZAP(ライザップ)」による24時間がサポートとは、どのような食事を食べたのかメールによる報告の繰り返しなのだそうだけど、侮るなかれ「記録」すること、更には「報告」する相手がいることは「継続」する上で大きな鍵となることは 「記録ダイエット」や「書くだけダイエット」で立証済みですね。


返金保証


私が最も驚いた制度がコレ。


RIZAP(ライザップ)では「30日間無条件全額返金保証」を謳っています。


「理由によって返金されなかったことがあるので100%ではない!」と一時メディアで物議が醸しだされたころからRIZAP(ライザップ)側では「無条件」という文言を謳った模様。


「そこまで保証してしまって大丈夫なの?」と他人事ながら心配してしまったのですが、それゆえプログラム開始前にトレーナーと受講者の間で納得が行くまでカウンセリング、目標設定を行うことになるのだとか。


「納得してから始める」迷える利用者にとって始めやすい制度であることは間違いないも、現状、返金を申し出て来る人が極めて稀である理由は、入会当初のカウンセリングがしっかりしている、RIZAP(ライザップ)の門を叩く人の本気度に違いがあるから、なのかもしれません。


完全成果コミット型


「目的達成ありき」の姿勢はまさにプロ集団であることを感じました。「100%全額返金保証」と相通じる部分なのかもしれないも、これが所謂普通ジムとの最大の違いに感じました。


RIZAP(ライザップ)に向く人・向かない人


向かない人


●ジムでお風呂に入ったり友だちと話すことが楽しみ。
●本気で痩せるつもりはない。
●時間つぶしにジムに通っている。
●トレーナーに対して心を開くつもりはない人。
●病気で医師より食事制限を受けている人。


私の知人の中には「フィットネスジムでお喋りしたりスパに入ることが楽しい」なんて人もいます。当然ながらこの手の人にRIZAP(ライザップ)は不向きです。


RIZAP(ライザップ)では運動のほか糖質制限オフによる食事制限にてダイエットを実現しています。


糖質制限すること自体が医師よりストップされている人は当然RIZAP(ライザップ)でのダイエットに向いていません。


向く人


●結婚式前など短期集中で本気でダイエットを実現したい人
●仕事など忙しくダイエットのために時間をたくさん取れない人
●本気でダイエットをする必要がある人
●ひとりダイエットをして何度も失敗している人


反面、同じ費用であれば時間を掛けて行うより短期間に達成出来る方が良いと思っている人、例えば芸能人など結果を求められる職業の人はもちろん、結婚式前などにブライダルエステならぬブライダルダイエットなどはまさにRIZAP(ライザップ)向きだと思います。


その他、メタボなどで10kg以上痩せる必要がある人、何度もダイエットに失敗している人、本気で痩せる気持ちがある人・・今この時「理想のカラダに取り換えたい」と切望す人、全てが対象となるように思います。


まとめ&注意


※当記事内容は記事執筆時点内容です。


現在ライザップでは無料カウンセリング受付中です。


何事もまずは話しをしてみることから・・・


実際に自分自身の持つ不安、疑問、これまでの失敗談など何でも話してみることで「RIZAP(ライザップ)でのダイエットが本当に自分にあっているのか見えてくる部分が大きいと思います。


ライザップ(RIZAP)詳細、問い合わせ先はこちら  無料カウンセリング受付中/ライザップ

関連記事

スポンサードリンク



theme : スポーツクラブ
genre : ヘルス・ダイエット

comment

※現在、記事単位のコメントエリアは閉じています。 コメントがある方は問い合わせフォームよりお願いします。
サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

お気に入り♪
カテゴリ
最新記事一覧
EMSトレーニングパット「Bodypump ボディポンプ」1カ月間使った感想 Oct 17, 2017
EMSトレーニングパッド Bodypump ボディポンプ使ってみた感想 Sep 25, 2017
井村雅代ヘッドコーチ語る「日本シンクロ復活」秘話~ファイテン・ファンの集い参加レポ Sep 22, 2017
40代から始めたい「脳梗塞」対策まとめ Sep 11, 2017
自分に合うマットレスを求めて!睡眠セミナーで診断受けてきました♪ Aug 26, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ