ニッセン「パッ!とクール」を実際に使ってみた感想

2012.07.26.20:53

パッとCOOL(クール)

販売前にニッセン展示会でひと目見た時から大いに興味があった商品のひとつ夏本番前には何としても手に入れたかった・・結局、夏も盛りとなってしまったけど「パッ!とCOOL(クール)」が先日ようやく手元に届いた(喜)!

連日、猛暑にへろへろになりつつあった私。

着用初日こそ「あれ?汗をかかないと涼しくないの?」と少々困惑気味だったものの、数々の試行錯誤を経て、今ではまさかのほぼ毎日着用(インナーとして着ているため同じ物を着ていることはバレないと信じる^^;)に至ったパッとCOOL(クール)について、手元に届くまでの道のり、実際に着てみてわかったこと、試してみてわかったことをまとめてみた。


写真:パッとCOOL(クール)「キャミソール」サイズMを着た様子(身長:160cm/体重:53kg)
普段使いとしてはインナーとして、汗をたくさんかくフィットネスジムではアウターとして利用するつもり。

記事で紹介した商品最新版はニッセンオンラインサイトで確認できますニッセン

ようやく届いた!


教訓!シーズンinの頃が最も手に入りにくい?!


TOKYOうさぎと名乗っているものの、実は何ごともやることがノロマな私。


6月から販売と知りながら、注文しようと腰を上げたのが暑くなった盛りの7月初旬。時既に遅し!欲しいと思っていた「パッとCOOL(クール)」キャミソールが在庫切れ!で半月ほど待つことになってしまった(TT)。


パッとCOOL(クール)


ニッセンからはお断りがあったものの、実際「待つ」というのは長く感じるもので、指折り数えて待つこと約2週間!ようやく届いた~嬉しい~(ToT)。


パッとCOOL(クール)


細部を確認


パッとCOOL(クール)


▲キャミソールタイプのため、後身頃全面にパッとCOOL(クール)素材が縫い付けられている!


パッとCOOL(クール)


▲裾周りと身頃の縫い代をチェック!


パッとCOOL(クール)


▲夏になると非常に気になる「ネームタグ」もまぁこれだけ小さいのであれば許容範囲かな。


パッとCOOL(クール)g


▲肩紐をチェック!繋ぎ目がなく柔らかな紐なので負担が少なそう。


パッとCOOL(クール)


▲透け感チェック。白地なので透けることは承知。インナーとして着るか、魅せブラで敢えてアウターとして着るか、双方楽しむつもり♪。

他社キャミソールと比較

Nissenパッ!とクール7


毎度、比較対象として登場する我が家のタンスの肥やし(?)某ファストファッション系1000円程度のキャミソール(^^;。


身幅(横幅)はそれほど変わりないものの、身丈(長さ)は「パッとCOOL(クール)」のキャミソールの方が5cm程度長く作られていた。


暑くて仕方ない夏であってもお腹だけは隠しておきたいのが女ココロ。侮る無かれ5cm!お陰で比較対象に使った某ファストファッション系キャミソールは寝間着にさえならずといった始末(--)。


私がキャミソールタイプを選んだ理由


  1. クーラーは余り好きではない。暑いのは嫌いだけど、自然な涼しさが好き。
  2. あまり汗をかかない。クーラーが効き過ぎた部屋ではむしろ上着が必要。
  3. 上に着るものを変えることでアレンジが可能。

1「自然な涼しさが好き」については「パッとCOOL(クール)」素材を選んだ理由。発汗、気化熱を利用した清涼感は自然の形そのものだと思ったため。


2,3について


「Tシャツタイプ」「チュニックタイプ」などある中で「キャミソール」を選んだ理由は暑いのは苦手、でも冷えすぎも苦手な私は、盛夏であっても薄着に上着を持って歩くスタイルが一般的であったため。


パッとCOOL(クール)


写真:薄手&白地なのでどのようなものともしっかり合う^^v


気になった点・困った点


  • 汗をかかなければ涼しくない。
    恐ろしく汗をかくことが苦手な私の場合、なかなかパッとCOOL(クール)素材を実感することが出来ず苦労。パッとCOOL(クール)はやはり汗をかいてナンボの商品だと思った^^;
      
  • 更なる商品展開を希望
    ちなみに現在「パッとCOOL(クール)」として商品展開されているTシャツはインナーとして使用するには厚過ぎるよね、と思って手を出していない。インナーとしての使用を考慮した、もっと薄手&胸元が大きく開いたタイプのTシャツがあると嬉しい。

    更に言うと、やはりカラー展開がもっとあると2枚目、3枚目を購入しやすいと思う。さすがに同じ色のものを何枚も持つことは少ないので。


実際に着てみた感想


商品展示会で「パッとCOOL(クール)」素材を触った時は「厚手」と思ったけれど、実際に渇いた状態で着るとサラっとした感じだった。


また最初に着てみた時、室温30度程度では殆ど汗をかかない私にとって、なかなかクール感を味わうことが出来ず苦虫を味わうこととなったものの、次の方法でパッとCOOL(クール)を実感することを実現した。


  1. 風呂あがりに着る。
    なかなか汗をかかない私でも、風呂あがりは別。熱く火照ったカラダに直ぐに服を着るなんてイヤでイヤで仕方なかった。さりとて何時段時、誰かが尋ねてくるか分からない時分にずっとハダカでいるわけもいかず(--)困っていた時にパッとCOOL(クール)が重宝した。
     
  2. フィットネススタジオでアウターとして着る。
    夏になると着替えを複数枚用意してフィットネスジムに通っていたが、パッとCOOL(クール)をジムウエアとして利用する様になってから1枚で済むようになった。パッとCOOL(クール)ならでは、ちょっと水で洗いで手で絞っただけで再び着用可能。もちろん濡れているけどサラッとした使い心地は暑く火照ったカラダには丁度良い。保水性が高い生地特性から水がポタポタ落ちることも無い。
     
  3. インナーとして利用する。
    キャミソールタイプであればインナーとして利用することをオススメ。そもそもサラっとした肌触りは乾いていても汗で濡れても肌に直接触れる部分が心地よいのでインナー向き。半袖とは言えインナー&アウター二枚重ねが辛い猛暑でも、ナンタって汗をかくことがウェルカムなパッとCOOL(クール)であれば怖いものなし?!
     
  4. パッとCOOL(クール)素材が縫い込まれている後身頃を霧吹きなどを利用して濡らしてから着る。
    「そんなぁバカなぁ」と思うかもだけどお試しあれ!汗をかきにくいけど暑がりの人にオススメ。

気になる新商品:フェイスタオルとアームカバー


パッとCOOL(クール)のハンカチを使ったことはあった。


最初から水に浸して持ち歩くことで炎天下、野外でも自然なひんやり感を味わうことが出来るため私のようになかなか自分から発水(発汗)できない人間にはなかなか便利だった。


「もっと大きいサイズがあれば良いのにな」と思っていたらいつの間にかタオルとアームカバーが新発売されていた!


キャミソール+タオルの組み合わせは鬼に金棒。


女子的にはアームカバーも興味津々。いざとなればタオルの代わりにもなるし、水道が近くにあれば直ぐに濡らして清涼感を取り戻すことができるし、日焼けしたくない、でも暑いのもイヤな女性にはもってこいの商品ではないかな?


まとめ


最初に着てみた当初こそ、汗をかけないゆえに「ヒンヤリ感」を今ひとつ実感できなかった私も、今では堂々無くてはならないクールビズのひとつとなった。これから訪れる長くて本格的な夏「パッとCOOL(クール)」で何とか乗り切りたい。



【参考リンク】パッとCOOL(クール)関連記事



記事で紹介した商品最新版はニッセンオンラインサイトで確認できます
ニッセン
関連記事

スポンサードリンク



theme : 買った物ヽ(・∀・)ノ
genre : ファッション・ブランド

tag : パッとCOOL パッとクール ニッセン クールビズ 女性

comment

※現在、記事単位のコメントエリアは閉じています。 コメントがある方は問い合わせフォームよりお願いします。
サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

PickUp
カテゴリ
最新記事一覧
スレンダートーンでポッコリお腹は何処まで凹む?1ヶ月経過レポ Mar 20, 2017
イイハナ・ドットコム2017母の日ギフトは早期注文がお得♪ Mar 18, 2017
ヴァントルテ・ミネラルシルクファンデ感想~カバー力あるのに敏感肌でも使うことが出来ました♪ Mar 12, 2017
血糖値スパイク対策に低GI「えん麦」で作るトロトロ料理&スイーツ Mar 11, 2017
コラーゲンでカラダ内外から本気でスキンケア・マニュアル Mar 07, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ