敬老の日にオススメ!手入れ簡単で長持ちが嬉しい「プリザーブドフラワー」感想

2012.08.12.06:42

P1080578.jpg

”「日比谷花壇」敬老の日サロン”にて「敬老の日」ギフトを拝見してきた中から「プリザーブドフラワー」の商品を紹介します。

私自身、頂いて一番嬉しい花はやはり薔薇です。

ただ、どれだけ注意を払っても儚くも枯れていく様子が悲しいのですよね。

「せめてもう少し、私の前でその美しい姿を留めてくれないかしら?」と思うものの現実は厳しくて、季節にもよるのだと思うけど、1週間持てば相当良いですね。

花の美しい様をそのまま閉じ込めたプリザーブドフラワーは「せめてもう少し」花を愛でていたい思いを実現した技術、何時までも元気に居て欲しい大切な人に贈る花として敬老の日に贈りたいフラワーギフトかも知れません。

写真:日比谷花壇「敬老の日」プリザーブドアレンジメント「グレイスフルロッサ」


日比谷花壇_フラワーギフト_敬老の日特集
 

プリザーブドフラワーとは?


実は「プリザーブドフラワー」のことを「ブリザード(blizzard)」=”猛吹雪”と読み間違えていた私は長い間「凍らせて作るドライフラワーに違いない」などと勝手に思い込んでいました(苦笑)。

ドライフラワーとも違う。
プリザーブ (preserve)」=”保存する”」ために加工を施した花のことですね。

ポイントをまとめると以下の通りとなるかと思います。


1.水やりの手間が要らない


女性に憧れることが多い職業の花屋さんも実際、相当の重労働であると聞きます。

切花・植木、何れにせよ、水やりをする必要があるのですが、塵も積もれば山となる。1つ2つまでは良いとして、数が多くなると相応に負担となることも確かです。

そう考えてみると、高齢になった方に贈る花として水やりの手間が要らないプリザーブドフラワーは最適なアイテムかも知れないと思います。

2.長期間楽しめる


高温多湿、直射日光を嫌うものの、日本のような気候にあっても概ね2~3年程度は美しい状態を保ってくれるそうです。

私自身、今3月、ホワイトデーのお返しにプリザーブドフラワーを頂いたこともあって、出来るだけ長く美しい状態を持たせるにはどうしたら良いか調べて実践しています。

方法は以下2つ

・長期間、外出時はホコリがかぶらないように箱に入れて置く。
・直射日光を充てない。


本来であれば湿気も気にしたいところですが、日本に住んでいる以上、致し方なし。また箱から出し入れするのは手間が掛かることなので本当に出来る範囲で良いと思います。

私の場合、手元に置いて何時でも贈り主の顔を思い浮かべる幸せを感じていたいと思うので、生花のように飾っておけるタイプが好きです。

ちなみに我が家のプリザーブドフラワーですが、頂いてから5ヶ月、梅雨の時期を経て、現在、暑い夏にあっても殆ど色褪せることなく綺麗な花の色を保っています。花に鼻を近づけるとほのかに香りも残っていました。


【参考】

P1030403.jpg 
▲海外から頂いたものなので日比谷花壇の花ではありませんが、5ヶ月前に貰った我が家のプリザーブドフラワー・・(光を当てて撮影。盛っています^^)。


3.プリザーブドフラワー、本当の効用


私自身、プリザーブドフラワーを実際に頂いて、手元に置いて、実感したことは、何時でも大好きな人が傍に居てくれる感じがして嬉しいということでした。

何かに煮詰まった時、ちょっぴり辛い時、やはり大好きな薔薇の香水と共に、薔薇のプリザーブドフラワーを見ることが一番の癒しの時間となっています。

「長期間持つ」と物理的なこと以上に「いつも一緒」「いつまでも一緒」という意味がプリザーブドフラワーには籠められているように思います。



* * *

以下、日比谷花壇「敬老の日」サロンにて、敬老の日ギフトとして展開されているプリザーブドフラワー計2つについて、実際に拝見してきたのでレポートします。

グレイスフルロッサ

P1080579.jpg
【基本情報】

生花で作られるフラワーアレンジメント同様、白く透き通る陶器に活けられた「グレイスフルロッサ」は遠目から一見しただけでは、プリザーブドフラワーとして加工されたものであるのか、生花であるのか、分からないほど。

深い色合いを魅せてくれる薔薇の花はもちろんですが、秋色に染まる紫陽花、ペッパーベリーが秋を思わせるアレンジメントになっていました。

今春に開催された「母の日フェア」にてやはり日比谷花壇によるフラワーアレンジメントを拝見しているのですが、春をイメージして作られた「母の日」フラワーアレンジメントと、「敬老の日」秋をイメージして作られたフラワーアレンジメントでは、心象が随分違うものなのだなと思いました。

新宿御苑の年間パスポートを買ってしまう程、薔薇の花が好きで(笑)、今年も「薔薇園」を訪れているのだけど、ひと言で薔薇の花、と言っても実にさまざまな咲き方をしていることに気づかされます。

陶器に活けられた薔薇の花形をひとつひとつ見てみると剣弁咲き、オールドローズタイプのものと、実に多様な顔を覗かせてくれます。

「グレイスフルロッサ」が「今まさに摘んできたばかりの薔薇」をイメージさせてくれる所以かも知れませんね^^



【上から見た様子】

P1080579.jpg 
▲左下濃いピンク色が剣弁咲き。淡いピンク色がオールドローズ


【花器】

P1080580.jpg 
▲透き通るような白い陶器。数年後になると思いますが、花器としても利用できそうですね。


秋の香


P1080581.jpg

【基本情報】

真ん丸なポンポンダリアとピンクのローズが魅力的なプリザーブドフラワー、花弁をたくさんつけるダリアは人気の花のひとつなのだそうです。

紫色の陶器と組紐をイメージさせるリボンは和室にぴったり合いそうなアレンジメントのように思いました。

私自身、若い頃はもっぱら白やピンク、もっぱら明るい色が好きだったのですが、年齢を経る毎に好きになった色の一つが紫ですね。

明るいピンクの薔薇を中央に配しつつも、アレンジメント全体としてラベンダーカラーに染まる様子はまさに秋をイメージさせてくれました。


【寄って見た様子】

P1080582-001.jpg

▲ちょっと寄ってみると、鳥の巣のような上に花が飾られていました。組紐のようなリボンが印象的です。


【上から見た様子】

P1080583.jpg
▲囲気がまたガラッと変わる。


【全体の大きさ】


P1080661.jpg

▲手に持つとこんな感じ。紫色の陶器には受け皿がついていました。



* * *

私自身、若い頃はまったく意識しなかったのですが、年齢を経て「何時までもずっと一緒にいられる」ことの有難味、幸せを感じ入るようになりました。

贈り手がいつも傍にいてくれるようなプリザーブドフラワー、大切な方に贈ってみたくなりました。


日比谷花壇_フラワーギフト_敬老の日特集


関連記事

スポンサードリンク



theme : 花のある暮らし*
genre : ライフ

tag : 日比谷花壇 敬老の日 ギフト プリザーブドフラワー

comment

※現在、記事単位のコメントエリアは閉じています。 コメントがある方は問い合わせフォームよりお願いします。
サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

お気に入り♪
カテゴリ
最新記事一覧
40代からのキレイ習慣!ファイテン「カシス5000」飲んでみた感想 Jul 28, 2017
究極デンタルケア!アーユルヴェーダ”オイルプリング”体験レポ Jul 13, 2017
2Wayトリートメントでつるんとツヤ髪!リバースケア シャンプー&トリートメント【Gokubi-pro】感想 Jul 11, 2017
自宅で歯の黄ばみケアはここまで出来る!プレミアムブラントゥース使用レポ Jul 11, 2017
夏向け機能性アンダーウエア「ミズノドライベクターエブリ」とその他肌着を比較して分かったこと Jul 06, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ