涸沢フェスティバル2012に参加して来ました!

2012.08.29.17:03

涸沢カール-001.jpg

8月25日(土)夜~27日(月)夜にかけて「ヤマケイ涸沢フェスティバル2012」に行って来ました。

元祖山ガール世代の中では、多分、末端辺りに位置する私。
(あくまでも感覚で言っています^^;)。

当時、最初にアプローチしていたのが南アルプスで、テントを担いだ3~4人程度のグループで、休みの度に出掛けていました。

「さて、これから北を攻めるぞ!」という時に出産で、登山グループから私ひとりが離脱(結婚も出産も早かったのよね^^;)。

以来、私にとって北アルプスと言えば、憧れの地として、胸の奥にず~っと封印されていた場所となっていました。

本格的な山行としては4年ぶり。日本の山としては高尾山など半日程度で歩いた場所を除けば実に20年ぶり!(単身で歩く場合、どうしてもインフラが整っている海外が便利なのですよね・・・)。

「上高地・河童橋から先の世界を知らないなんて」と散々、やはり登山仲間だった姉に言われ続けること数十年!あれから随分と歲月が経ってしまったけれど、若い頃に断念した北穂登頂への憧れの火はまだ消えていなかった?!北アルプスの懐に身を委ねたい気持ちがフツフツと私の中でいっぱいになっていました。

今回は憧れの北穂途上、涸沢カールまで。

私にとって、日本では初めての山岳ツアーとなる”女性限定山岳ツアー「ミズノで行こう KARASAWA FES.2012」に参加して、涸沢まで。カラフェス2012を堪能して来ました。

山が大好きな仲間と一緒に歩いた涸沢への道、そして山が大好きな人間が集まった涸沢フェスティバルに、久しぶりに居心地が良い場所に戻ってきたような、気持ちになりました。

う~ん・・今秋にも紅葉を観に山を登りたいなぁ。


徳沢会場


涸沢フェスティバル2012548-001.jpg

氷壁の宿「徳沢園」があることで有名な「徳沢」。

「カラフェス2012」のイベントの会場のひとつとなっていて、芝生の上にアウトドアメーカーのブースがたくさん立ち並んでいました。

クイズに答えるとサンプルを貰うことが出来るブースがあったり、アロママッサージを体験出来るブースがあったり、楽しみながら知らず山の知識を学ぶ場となっていました。

以前は涸沢でブースを開いていたそうですが、涸沢で開くと混雑が酷くなるので徳沢に会場を移したのだとか。

上高地からも歩いて2時間の場所にあるため「山歩きはまだしたことがないので自信がない、だけどトレッキングやウォーキングならやっている」”ウォーキング以上登山未満の人”にはまさに打って付け、カラフェスの一端を楽しむことが出来る場所とも言えるかも知れません。

レストランで食べたカレーとソフトクリームが美味しかった~


P1090671.jpg


▲やはり食べ物には弱い私、徳沢で食べたカレー、お肉も大きくて中まで柔らかくて美味しかったです。


P1090674.jpg

▲これは絶対、外せない!と思うのは私だけ(?)じゃん!ソフトクリームです。空気が良い場所で食べるとまた格別な味がしますね♪

横尾会場


涸沢フェスティバル2012551.jpg

徳沢より更に歩くこと約1時間で到着するのが横尾。

梓川に架かる横尾大橋が有名。

横尾大橋を渡ると少しずつ道も少しずつ平らではなくなってくることもあって、たった1時間なのだけど、徳沢とはまたグッと雰囲気が変わって山岳ムード一色になってくる場所。

当日15時から始まる涸沢での開会式に間に合わせる為、私たちミズノグループは、急ぎお昼ご飯を食べただけで横尾会場を通過してしまったけれど、こちらも「カラフェス2012」の会場のひとつ。いろいろなプログラムが用意されていたみたいです。

時間があるなら1泊と言わず、敢えて先を急がず、例えば子どもと一緒に、山のことをしっかリ勉強するために連泊するのも悪くないかも知れません。


P1090552-002.jpg 

▲横尾大橋にて急ぎお昼ご飯を食べるミズノツアーのメンバー。残り物=ゴミ=全て持ち帰る荷物となるため、皆さんしっかり完食していました。

涸沢へ続く道にて


涸沢フェスティバル2012559.jpg

▲小さなハイカーも一人前な装備で涸沢を目指します。

涸沢フェスティバル2012582.jpg

▲夏も終わりですが高山植物が可憐な姿を魅せてくれていました。

涸沢会場


開会式の様子


涸沢フェスティバル2012587.jpg

▲山をこよなく愛する人が集う場、涸沢カール・テント場にて開会式が取り行われました。本当に、良い天気に恵まれた一日でした。

涸沢フェスティバル2012588.jpg

涸沢フェスティバル2012591.jpg

▲涸沢カールにてみんなでワインで乾杯♪

タレントの福島和可菜さん!


涸沢フェスティバル2012594.jpg

元自衛隊で有名なタレントの福島和可菜さんも涸沢フェスティバルに参加しました!

キャンドルナイトの様子


涸沢フェスティバル2012597-001.jpg

▲誰かが向こう側からキャンドルの写真を撮っていた模様・・(泣)中程に写っている手のようなモノは心霊写真ではありません(念のため)。

涸沢フェスティバル2012599.jpg

カラフェス2012イベントとして夜8時過ぎに隣の山小屋「涸沢ヒュッテ」と協賛で行われたキャンドルナイト。

テント場ではテント一張りにひとつずつ、またテラスではテーブルの上やフェンスの上に置かれたキャンドルに火を灯して涸沢に集った登山者みんなで涸沢のほんのひと夜を過ごしました。

キャンドルを数十分間灯した後は、一斉に火を消して漆黒の闇を堪能。写真に撮れなかったけど(泣)月明かりがこれ程、明るいとは・・都心では決して味わうことが出来ない夜は思い出深いものとなりました。

涸沢の朝:日の出

P1090608.jpg 


涸沢フェスティバル2012612.jpg

▲涸沢カール全体の様子、朝焼けがキレイでした。

涸沢の朝:朝ヨガ


涸沢フェスティバル2012624.jpg

▲こんな岩場でヨガが出来るのか?大したことは出来ないのではないか?と実はタカを括っていたののだけれど、ヨガをすることで自分の内なる精神を落ち着かせるという意味では、足場の悪さなど瑣末なことであることに気付かされました。

これまで多くのヨガ・ワークショップに参加していますが、山の新鮮な空気を吸いながらヨガをした経験は、これまで参加したどのヨガワークショップよりも、思い出深いものとなりました。

女性限定「ミズノで行こう KARASAWA FES.2012」について


P1090632-001.jpg
 

ミズノ・アウトドア製品を身に着けて「カラフェス」を訪れようと言った内容のミズノ・オフィシャルツアーに参加しました。

ツアーに参加した女性10名に付いてくれた面々が何とも豪華!でこれだけでこのツアーに参加して本当に良かったと思っています。

まず何と言ってもスゴイの頂点が、今回、山行の先導の役を担って下さったアウトドア・アドバイザー松原尚之(まつばら まさゆき)さん、マカルー(8463m)登頂、K2(8611m)登頂、ヨセミテ・ハーフドーム北西壁登頂などの山岳歴を持つ強者、つい数日前まで韓国の山を歩き、今回ツアーの後は、再び涸沢へ上がると言うのだから365日の間、山に居る方が多いのではないか?と思えるほどのスゴイ方でした(@@)。

次にスゴイ人がタレントの福島和可菜さん!
ミズノのアウトドア・イメージ・キャラクターを努めているとのことでツアーに同行。

元陸上自衛官で有名な若菜ちゃんだけど、OJTおんたけウルトラトライアル100kmまで走ってしまったというのだからタダモノではありません。

そしてミズノ社員の方々、アウトドア・シューズを始めとする商品各部門の開発担当者が勢揃い(?)する程の勢いで同行して下さいました。

ツアーに参加した女性たちの数より周囲を固める経験達者な方々の方が人数が多いということは、平たく言えばマンツーマンと同意かも知れない。これであれば何か問題があった時に、誰かしらスタッフが付いてくれそう・・何より贅沢&安心出来る山行となりました。

これだけ手厚いツアーはオフィシャルだからこそですね(多謝)。



【参考】
アウトドアに限らずスポーツをする人であれば必見?!ミズノオンラインショップより「クラブミズノ」に入会&メーリング登録しておくことで、今回オフィシャルツアーのような企画の情報をいち早くゲットすることができます。オススメです。

公式ショップの利点をまとめた記事
⇒ ミズノ公式オンラインショップの賢い使い方
関連記事

スポンサードリンク



theme : 登山・ハイキング
genre : 旅行

tag : 涸沢フェスティバル2012 ミズノ MIZUNO

comment

※現在、記事単位のコメントエリアは閉じています。 コメントがある方は問い合わせフォームよりお願いします。
サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

お気に入り♪
カテゴリ
最新記事一覧
EMSトレーニングパット「Bodypump ボディポンプ」1カ月間使った感想 Oct 17, 2017
EMSトレーニングパッド Bodypump ボディポンプ使ってみた感想 Sep 25, 2017
井村雅代ヘッドコーチ語る「日本シンクロ復活」秘話~ファイテン・ファンの集い参加レポ Sep 22, 2017
40代から始めたい「脳梗塞」対策まとめ Sep 11, 2017
自分に合うマットレスを求めて!睡眠セミナーで診断受けてきました♪ Aug 26, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ