【温活】ミズノ人工ダウン「ブレスサーモ」ダウンジャケットを着てみました!

2012.09.07.09:36

ミズノブレスサーモダウン全体


8月末に久しぶりに山小屋泊で登山をしたのだけれど、夏と言え、夜ともなれば外気温が10度を下回るのが当たり前の山岳地(涸沢小屋では8月にストーブに火が入っていました)では、防寒具は必需品なのですよね。


これまで夏山の防寒対策と言えば、もっぱら”カシミヤセーター+ウインドブレーカー”の組み合わせが唯一のアイテムだったのだけど、今回は最新テクノロジーに一新(笑)ミズノ防寒素材として有名なブレスサーモを採用したダウンジャケットを持参しました。


ブレスサーモ採用のダウンジャケットを着た感想は、軽いけど暖かい!頼りになるものでした。



ブレスサーモダウンジャケットはミズノ公式オンラインストアにて販売されいます。⇒ ミズノ公式オンラインショップ



ブレスサーモ、人工ダウンとは?


ミズノブレスサーモダウン説明


「ブレスサーモ」とは、カラダから発散されている水分を吸収して発熱するというシロモノ。


今回、防寒着として持参したダウンジャケットの他、インナーウエアなど、ミズノ防寒ウエアに採用されている最新テクノロジーとなっています。


ミズノ発熱ウエア研究所の所長さんは世界一受けたい授業で有名なでんじろう先生なのですね。


ブレスサーモの発熱機能の他、吸湿、防臭効果もあるとのことを、Web上ででんじろう先生が実験していました。


ところで先日、上高地の先、涸沢フェスティバルに参加した際のこと、ミズノのショップブースで「ブレスサーモ素材に霧吹きで水を掛けたら本当に温かくなるのか?」”ブレスサーモ体感実験”をやっていたので、私も実験に参加してみました。


吸湿時、ブレスサーモの感覚は「なんとなく暖かい」レベルを超えて「カイロみたいに暖かい」といった感じ。


上高地にあって気温が30度と暑い中での実験だったので、体感として温かく感じたのかも知れないし、一瞬芸(=持続性がどの程度あるのか、これだけの検証では分からない)かもしれないけれど、最新テクノロジーってスゴイとレガシーな防寒着に執着していた私は目からウロコの経験をして参りました。


ミズノ「ブレスサーモ」ダウンジャケットの商品レビュー


素材であるブレスサーモがどれだけ良くてもモノ=製品がしっかりしていなければ効果激減!今回、夏山に持参したブレスサーモ素材採用のダウンジャケットについて以下に細部チェックした様子をレビューします。


配達時の様子


ミズノブレスサーモダウン


▲大きなダンボールに入って我が家に届きました。


全体の様子


ミズノブレスサーモダウン後ろ


▲梱包より開けたてホヤホヤの状態です。切り替え部分が少し濃い目のピンク色になっているツートンカラー。ダウンジャケットのデザインについては微妙にマイナーチェンジしているみたいですね。


収納時の様子


P1090514.jpg


▲まずは「どれ位、コンパクトになるか」が重要なので、収納ケースに入れてみました。


一緒に登山した、やはりミズノダウンジャケットを使っていた人の中には「思ったより嵩張る」と言う意見もあったけど「バスの中で枕にするのに丁度良いサイズだよ」と私が言うと「なるほど」と納得していました。


まぁ非常用として持参するモノの場合、軽ければ軽いほど、小さければ小さいほど良い訳だけど、まぁダウンジャケットなのでこの程度の大きさになるのは仕方がない範囲かな、と思います。


アウトドア専用としてタンスの肥やしにするのは勿体無いので、今冬は普段使いのダウンジャケットとして活用するつもり。


すそ周りをチェック


ミズノブレスサーモダウン パーツ


▲ゴムですそ周りの締め付け具合を微調整できるようになっている。隙間風を通さない為にはすそ周りもピッタリカラダに密着出来るに越したことは無いですね。


袖口をチェック


ミズノブレスサーモダウン 袖


▲伸縮性のある袖口。”空気を如何に逃さないことが防寒着としては大切な部分。如何にもゴム!といったダサさをなるべく出さないように、苦肉の処理をしている感じ(^^;


フロント・ファスナー部をチェック


ミズノブレスサーモダウン 襟元


▲首周りが二重になっているため風が強い日でも隙間風が入ってくることはなさそう。


ポケットをチェック


ミズノブレスサーモダウンポケット


▲アウトドア用に作られているため、ポケットはファスナー付き。山に捨てて良い物はひとつもない!モノが落ちても拾いにいけないしね^^;


実際に着てみた様子


ミズノブレスサーモダウン着てみた


▲ピンク色は女性らしさを演出するにはピッタリですね、アウターとして着るには丁度良いサイズ。


裏返してみる


ミズノブレスサーモダウン裏側


▲そもそも製品仕様によると「中身の人工ダウンが出てこないように特殊加工の生地を使用」とあるのだけれど、それでも気になるのが生地と生地の縫い目なので裏返してみる。アウトドア用であるため当たり前の範囲だけど、縫い目がしっかり処理されているため、ダウンが縫い目から出てくると言う心配はなさそう。


気になったこと


ちなみに普段、私自身が着ているトップスはMサイズ。


胸囲87cm・・肩幅もあるため、ゆったり目を選ぶならLサイズ、Sサイズはかなり厳しい!といった体型。


そんな”ちょっとLサイズ寄りMサイズ”の私でも、ミズノ・ダウンジャケットの場合、Mサイズだけどちょっと大きいかなぁ?といった印象を受けました。(着用時写真参照)


一般的にダウンジャケットはアウターとして利用するものだけど、ブレスサーモを最大限に活用したい、アウトドアシーンであればウインドブレーカーの下にダウンジャケットを着ることも十分想定されること。ピッタリサイズが欲しい人は普段のサイズよりワンサイズ小さ目サイズを選んだほうが良いかも知れません。


まとめ


幸い今回の山行は、風雨など悪条件に見舞われていなかった為、ミズノダウンジャケットが防寒着として完璧であるか、実地検証として厳密な評価は出来ないものの朝夕となれば気温一桁台となる夏山登山の防寒具としては合格レベルだったと思います。


これから訪れる冬に向けて、建物内は暖房があるため暖かいものの、外は気温一桁台と寒い!イザという時に、欲しい防寒着として鞄の中に入れておく防寒着として活用するつもり♪


ブレスサーモ素材を有効活用するには、カラダの発水状態の影響を最も受けやすい部分=肌着として使ってみたいと思っています。



【PR】ブレスサーモ商品販売先(ミズノ公式オンラインショップ) ⇒ ミズノ公式オンラインショップ



2012年12月4日追記


※紹介させて頂いたダウンジャケットはミズノオンラインショップを確認したところ、売り切れていました><。寒さも相まってカラーだサイズによっては売り切れ商品も出てきている模様。温かい機能性ダウンジャケットの購入を考えている人はチェックしてみて下さいね♪



関連記事

スポンサードリンク



tag : ミズノ ブレスサーモ ダウン

comment

※現在、記事単位のコメントエリアは閉じています。 コメントがある方は問い合わせフォームよりお願いします。
サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

お気に入り♪
カテゴリ
最新記事一覧
EMSトレーニングパット「Bodypump ボディポンプ」1カ月間使った感想 Oct 17, 2017
EMSトレーニングパッド Bodypump ボディポンプ使ってみた感想 Sep 25, 2017
井村雅代ヘッドコーチ語る「日本シンクロ復活」秘話~ファイテン・ファンの集い参加レポ Sep 22, 2017
40代から始めたい「脳梗塞」対策まとめ Sep 11, 2017
自分に合うマットレスを求めて!睡眠セミナーで診断受けてきました♪ Aug 26, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ