紅葉の高尾山へ行って来ました♪

2012.11.18.20:00

20121118紅葉の高尾山~小仏城山-021

紅葉真っ盛りの高尾山まで、紅葉狩りに行って来ました。


フィットネスクラブの女友だち・・・私と同じ歳なのだけどフルマラソンに出場してしまうの程の強者(?)、友だちの愛犬・・・若いこともあって元気イッパイの”すごちゃん、そして私の2人と1匹。


歩いたコースは高尾山口~(1号線)~高尾山山頂~一丁平~小仏城山~(稲荷山コース)~高尾山口。歩いたルートの正味商用時間は約5時間半程度、休み時間を入れると7時間程の山行となりました。


【高尾山:荷物事情】
20121118紅葉の高尾山~小仏城山

▲京王高尾山口にあるロッカーの様子。紅葉シーズンピークの週末で多くの人手となった一日だったけど、ケーブルカーが動き出す直前となる朝8時の時点ではまだロッカーも十分空いていたので荷物を預ける予定のある人は朝8時頃には高尾山口に到着していることをオススメします。


【京王高尾山口駅にて】
20121118紅葉の高尾山~小仏城山-001

▲朝8時なのでまだ人もそれ程多くない状態。


【高尾山口駅前にあるコース図】
20121118紅葉の高尾山~小仏城山-002

▲メインのコース上にトイレがたくさんあることが確認できる。


【1号線にて高尾山を目指す】
20121118紅葉の高尾山~小仏城山-003

▲時間を節約するためにはケーブルカーを利用することも考えたものの、悩んだ挙句、折角山へ来たのだからと1号線を歩き始める。


【高尾山頂を目指す:金毘羅さん付近にて】
20121118紅葉の高尾山~小仏城山-004

▲鳥居の紅と紅葉が紅が重なりキレイでした。


【高尾山頂にて】
20121118紅葉の高尾山~小仏城山-005

▲雪を頂いた富士山がキレイでした。


【高尾山頂にて】
20121118紅葉の高尾山~小仏城山-006

▲8時頃には京王線高尾山口に着いていた為、ケーブルカーを使わずに徒歩だけで歩いてきても10時前には高尾山頂に到着も高尾山頂には既に早出の人たちでいっぱい。座る場所もないほどでした。

【高尾山頂を一丁平方面に少し離れた場所にて】
20121118紅葉の高尾山~小仏城山-008

▲高尾山頂は座る場所もないほど多くの人でごった返しているため、ゆっくり休むのには不適。なのでしっかり歩ける靴を履いている人は、ほんの10分程度で良いので一丁平方面に脚を向けることをオススメします。観光地の如く雑然としていた山頂と付近と打って変わって落ち着いた山の趣になっていくことを感じることができます。


【高尾山:トイレ事情】
20121118紅葉の高尾山~小仏城山-010

▲今回歩いたコース上には要所要所にトイレがあるため安心。


【高尾山頂を目指す すごちゃん】
20121118紅葉の高尾山~小仏城山-009

▲すごちゃんにとって初めての山歩きだったけど、水を得た魚のように元気に飛び回っていました。


【高尾山頂にて】
20121118紅葉の高尾山~小仏城山-013 

▲凛々しいお顔をしているかな?


【城山茶屋付近にてお昼の休憩】
20121118紅葉の高尾山~小仏城山-014

▲城山茶屋まで来ると観光客は不在、山好きの面々が集まっていました。今回はお弁当を持って行ったので残念ながら利用していないけど、城山茶屋で販売されていた「なめこ汁」を多くの人が飲んでいて美味しそうでした。おでんも500円とベラボーに高い訳ではないし、温かな食べ物が山で気軽に食べられるのは嬉しいですね。次回は是非利用してみたいです♪


【城山付近より富士を望む】
20121118紅葉の高尾山~小仏城山-015

▲前日に激しい雨が降ったこともあって視界クリアでした。


【城山付近にて】
20121118紅葉の高尾山~小仏城山-016

▲相模方面から登ってきたお友だちとご挨拶する”すごちゃん
相模方面(?)からのコースの場合、高尾方面と違って人通りが少ないのでワンコ連れでも歩きやすそうでした。


【小仏城山付近にて:休憩中】
20121118紅葉の高尾山~小仏城山-017

▲山の自然に触れてとてもはしゃいでいたすごちゃんだったけど初登山でさすがに疲れたかな?ちょっぴり眠そうでした。


【帰り道にて】
20121118紅葉の高尾山~小仏城山-019

▲前日、雨が降ったのでところどころ地面が濡れていました。


【紅葉の様子】
20121118紅葉の高尾山~小仏城山-020

▲まさに紅葉真っ盛りでした。


【小仏城山 ⇒ 高尾方面】

20121118紅葉の高尾山~小仏城山-018

▲小仏城山で休んだ後は高尾方面へ帰路に着きました。多くのハイカーとすれ違う時どきに暖かく迎えられる様子のすごちゃん。皆んなに優しくしてもらって良かったです^^。


【帰り道】
20121118紅葉の高尾山~小仏城山-022

▲疲れを全く見せないすごちゃん


【ケーブルカー混雑状況と下山の様子】
20121118紅葉の高尾山~小仏城山-023

▲帰路15時時点での高尾山口のケーブルカー乗り場の様子。帰りはケーブルカーの待ち時間が90分とアナウンスされていました。90分も待てなかったのか稲荷山コースを自力でお年寄りの姿を多く見かけたのだけど、足元がおぼつかない人も多くいてヒヤヒヤものでした。私たちが降ってきた稲荷山コースはそれなりの山道となるため滑りやすい場所もところどころありました。どうしても歩かなければいけないのであれば1号線、自信がなければ例え90分待ってもケーブルカーを利用することをオススメします。


【帰路:高尾山口にて記念撮影】
20121118紅葉の高尾山~小仏城山-024

▲参道は蕎麦屋、団子屋などが店を連ね、とても賑やかでした。



2014年5月28日追記


記事執筆当時(2012年秋)に触れていなかったのですが「混雑する犬連れで山を歩く」ことについて問題になってきているため、以下、個人の見解を追記しました。


2012年秋。初めての犬連れ&高尾山登山ということもあって、自分たちなりに調査&問い合わせしてみました。


特定鳥獣保護区など禁止区域でなければ犬連れ登山が可能であると分かったこと。最終的に友だちが高尾山ケーブルカー運営会社に直接電話「犬を連れて高尾山へ行きたい」旨、問い合わせ確認してみたところ「混雑していなければケーブルカーも乗車可」との返事だったので行ってみることにしました。


しかし実際に犬連れで高尾山へ登ってみて思ったことのひとつに、多くの人が行き交う山では、どれだけマナーを守っているつもりでも、すれ違いの人の中に犬が嫌いな人もいる。大渋滞の山道にあっては犬の存在自体が邪魔になる時があるなど、様々な問題があることがわかりました。


結果として、ルール以前の問題として「混雑する山へ犬を連れて行くことは控えておくべき」と考えるようになりました。


その昔、スイス山行をしていた頃に人間と犬が共にケーブルカーに乗り、低山を歩く姿を多く見かけては、私自身、ほのぼのとした気持ちになっていました。


日本のように狭い国土にあっては、なかなか難しいことなのかも知れません。また犬を一度も飼ったこともなく、どちらかと言えば傍観者だった私が、正面切って人間と犬との共存について果たして何処まで理解しているのか?という問題もありますが、スイスまでいかなくとも例えば日本でも名も無き低山では今でも地元の人が犬を連れ長閑に山を歩く姿、共に暮らしている様を見受けます。人も動物も上手に共存できる世の中になってくれると良いなと願っています。


関連記事

スポンサードリンク



theme : アウトドア
genre : 趣味・実用

tag : 高尾山 一丁平 小仏城山 紅葉

comment

※現在、記事単位のコメントエリアは閉じています。 コメントがある方は問い合わせフォームよりお願いします。
サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

PickUp
カテゴリ
最新記事一覧
スレンダートーンでポッコリお腹は何処まで凹む?1ヶ月経過レポ Mar 20, 2017
イイハナ・ドットコム2017母の日ギフトは早期注文がお得♪ Mar 18, 2017
ヴァントルテ・ミネラルシルクファンデ感想~カバー力あるのに敏感肌でも使うことが出来ました♪ Mar 12, 2017
血糖値スパイク対策に低GI「えん麦」で作るトロトロ料理&スイーツ Mar 11, 2017
コラーゲンでカラダ内外から本気でスキンケア・マニュアル Mar 07, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ