首周りをキレイに魅せる外側から出来るケア

2011.11.21.20:59

首は体の長年の疲れが溜まっていると痛感

首周りと言えば見た目に老化が目立つ以上に、デスクワークが多い昨今、長年の疲れが溜まっている場所でもあります。40代に入って間もなくの頃でしたが、いつものように起きたら、首が左向きに全く回らないという出来ごとがありました。

「軽く寝違いただけだろう・・」とタカを括っていたことが間違いで翌日になると更に悪化ちょっとでも首を動かそうものなら激痛が走るに至り、整形外科に駆け込みました。

しかし整形外科としてはレントゲン上は何の問題もないとのことで痛み止めと首を固定するカラーだけ処方されただけ・・結局激痛が収まるまで週間、更に、痛み止めが効かず強い薬を再処方してもらうなどして、元の生活に戻るには自然治癒を待ってヶ月の時間を擁しました。その間、当時の職場のみんなからは「交通事故でもやったの??」と散々言われケアの重要性を思い知った次第(--;

がっている



フェイスケアはまず首を温めることから始めましょう」美肌で有名な佐伯チズさんが言っていました。首は体の、温めることで顔全体血行が良くなると美容液などの浸透も良くなるとのこと。


タオルで温シップ試してみました。


チズさんですが、首を中心に血行を良くする方法として、”フェイスタオルを熱湯温めたものラップに包み首に巻く”を紹介していました。濡れタオルの利点は首を温かくすると同時に乾燥も防げるので良いですね^^

2011-11-205.jpg

チズさんはタオルラップを包んでいましたが、都度ラップを使い捨てるのは勿体ないので米袋を利用しました。顔、肩周りの血行が促進されて気持いい~首・顔のケアに留まらず、上半身全体のケアとして有効に思えました温度条件にもよるかと思いますが30分程度は十分温かさを保つことが出来ます。

冬本番に用意したいネックウォーマー



趣味で山歩きをしていますが、外出時には着脱が簡単なネックウォーマーは手放せません。「ちょっと寒いな・・」と感じた時に温めるポイントです。

寒さが本当に酷い時は、腰にも防寒用ヒップスカートを使いますが、それより手軽にまずはネックウォーマーを用います。マフラーでももちろん良いのですが、荷物にならない、手軽に着脱可能と言う意味でネックウォーマーの上を行く防寒具はないと自負しています。

更にになると就寝時ですが、”冷え乾燥で朝起きたら風邪を引いていた!”ということがないように、やはりネックウォーマーを用います。

ネックウォーマーですが、外出時は手編みのものを使うこともあります。ただ毛糸の場合、手入れが面倒であること、寝ている時は、特に口にあたると部分が蒸れ過ぎてしまうこと、といった理由により、軽くて素材の良い既製品を使うようにしています。

少しアレルギー体質なのかもしれません、金属などに痒みを伴うことがあるため、時間、直接触れるものには気を使います。





※参考:首周りを内側からキレイに魅せるエクササイズの記事もあります。
関連記事

スポンサードリンク



tag : ボディケア ボデイケア

comment

※現在、記事単位のコメントエリアは閉じています。 コメントがある方は問い合わせフォームよりお願いします。
サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

お気に入り♪
カテゴリ
最新記事一覧
40代からのキレイ習慣!ファイテン「カシス5000」飲んでみた感想 Jul 28, 2017
究極デンタルケア!アーユルヴェーダ”オイルプリング”体験レポ Jul 13, 2017
2Wayトリートメントでつるんとツヤ髪!リバースケア シャンプー&トリートメント【Gokubi-pro】感想 Jul 11, 2017
自宅で歯の黄ばみケアはここまで出来る!プレミアムブラントゥース使用レポ Jul 11, 2017
夏向け機能性アンダーウエア「ミズノドライベクターエブリ」とその他肌着を比較して分かったこと Jul 06, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ