指先が温かい!「インナー手袋」で知るミズノ・ブレスサーモの実力&感想

2012.12.05.10:00


ミズノより販売されている手袋の下に重ねて使うインナー手袋が秀悦です。


発熱インナー素材「ブレスサーモ」&「手袋を重ねて使う」ことでポカポカ効果を実感!雪の日など、それまで厚手の手袋をしても冷たくなっていた指先の救世主となりました。



発熱素材「ブレスサーモ」のインナー手袋はミズノ公式オンラインショップで購入できます。ミズノ インナーグラブ


 
目次
  1. 手袋を重ねて使うことの利点
  2. ミズノ発熱素材「ブレスサーモ」とは?
  3. ミズノインナー手袋「インナーニットグラブ」詳細
  4. ブレスサーモ・インナー手袋を実際に使ってみた感想
  5. 合わせてCHECK!ヒーター付きインナー手袋

1. 手袋を重ねて使うことの利点


  • 空気を含み保温力が増す。
  • 外気に応じて重ねる手袋を変えることで温度調節が出来る。
  • 汗で万一インナーが濡れた場合でもインナー交換することが出来る。

手袋に限ったことではないのですが保温力を高めるアウドドアでの考え方、王道のひとつに「重ねて使うこと」があります。保温力を高めるために「重ねる」ことは「寒さ対策」として日常使いでもそのまま応用することが出来ます。


ちなみに防寒対策という意味で「重ねて使う」以上に大切なことに「防水対策」があります。


防寒対策のために2枚重ねて手袋をつけた後は、防水対策として防水加工された手袋を更に1枚重ねて使います。


ちなみに最後に重ねる防水用手袋はスキーグローブのように分厚いタイプではなく薄いモノが良いです。


分厚いグローブは1枚だけで使うために設計されているため重ねて使う際に厚すぎて入らない、入ってもうまく手を動かせないことになります。


2. ミズノ発熱素材「ブレスサーモ」とは?


世の中に数多「あったかグッズ」あれど、私がミズノの「発熱素材ブレスサーモ」を選ぶ理由は過酷なアウトドアシーンに培われたスポーツメーカーであること。


「汗=人が発する熱による湿気」を利用してブレスサーモ素材自ら発熱する仕組みになっているので、「冷え」がそのまま低体温の危険を招く過酷なアウドドアシーンはもちろん、運動後など温まったカラダが急速に冷える恐れがある時、雪の日など自宅に居ても底冷えがするような日にブレスサーモ入りインナーを活用しています。


以下、今記事ではブレスサーモ入りインナー手袋を紹介していますが、ミズノ公式オンラインストアでは肌着(インナー)からダウンジャケットなどアウターまで、各種ブレスサーモ入り商品が販売されています。


これまで「あったかインナー」を使ってみたけど、どうにも満足できなかった人、薄手で使いやすいインナー手袋が欲しい人にオススメです。


3. ミズノインナー手袋「インナーニットグラブ」詳細


以下、旧バージョンのインナー手袋のレビューになります。最新アイテムと細かな点で異なる可能性があります。


説明を確認



▲発熱素材ブレスサーモ26%含有はブレスサーモ製品の中では比較的多くなっています。


「ブレスサーモ」入りということもあってか、これだけ薄手でありながら普段使いであれば「インナー手袋」単体でも十二分に温かいです。


もっとも「保温力」とはその他素材であるダウンやウール、また空気を重ねることで上がるものなので、説明にあるとおり寒い日にはやはりブレスサーモインナー手袋の本来の使い方=「手袋を重ねて使う」ことをオススメします。


サイズ確認:着用前



▲第一印象は「100ショップにありそうな頼りなさ(笑)サイズは小さめ!」と思ったけど持ち歩くには小さい分非常に便利です。


サイズ確認:フリース手袋と比較



▲アウトドア用フリース素材の手袋(右側の黒色)と大きさを比較してみました。比べてみると「ミズノブレスサーモインナー手袋」の小さいところが更に際立ちます。まぁ「インナー手袋」なのだから、普通の手袋(今回の場合はプーマ黒)より小さくないと困るのですけどね(笑)。


手首周り



▲シンプル・イズ・ベスト?インナーなので余計な装飾は一切なし。



▲小さくても出来る印?!「ブレスサーモ」マークだけはしっかりついていました。


指先



▲軍手を想起させるシンプル過ぎるデザイン(笑)。


着用してみる。



▲向かって左側が普通の手袋代表プーマ(フリース黒)、向かって右側がミズノ・ブレスサーモインナー。小さくない?と思ったサイズは手の形に合わせてしっかり伸びてくれました。



▲グーのカタチでも比較してみました。厚みがない分、向かって右(ブレスサーモインナー)の方が小さく見えますね。


重ねて手袋をつけてみる



▲ブレスサーモの本領を測るためにインナーの上からプーマ黒の手袋を重ねてつけてみました。



▲向かって右側の手はブレスサーモインナーを内側に装着した上でプーマ手袋をつけています。2枚重ねした分、ちょっとだけ太った感じかな。


グローブinグローブ



▲こんな感じでブレスサーモインナーを装着していました。


【目次へ戻る。】

4. ブレスサーモ・インナー手袋を実際に使ってみた感想


  1. 左手:プーマフリース手袋のみ
  2. 右手:ブレスサーモインナーの上にプーマフリース手袋

以上、左右の手につける手袋を変えて東京都心の真冬・曇天の中、散歩をしてみました。


歩き始め~10分


歩き始めより冷たいままの「1.左手」と比べて「2.右手」はポカポカと温かくなってきました。


歩き始め10分後~30分後


「2.右手」がポカポカとしっかり温まったので、アウターとしてつけていたフリース手袋を外して「ブレスサーモインナー手袋」のみつけて更に20分間歩いてみたけれど、ポカポカとした温かさはキープ。


感想


冬の戸外で手がポカポカと温まる経験はずっとなかった私。「ブレスサーモインナー手袋+普段使いの手袋」重ね使いすることで、寒い日でも指先まで温かくなる感覚を得ることができました。また「ブレスサーモインナー手袋」単体でも一定の保温力があることを確認しました。



ミズノブレスサーモ商品ラインナップはミズノ公式オンラインストアにて確認できます。 スポーツメーカーだからできた発熱力。ミズノのブレスサーモ!


【目次へ戻る。】

5. 合わせてCHECK!ヒーター付きインナー手袋



ヒーター付きインナー手袋


更に強力な?!インナー手袋をベルメゾンネットで見つけました!


ミズノ・ブレスサーモの場合、自分のかいた少量の汗にも反応&温かくなるためウォーキングなどアウトドアでの利用に優れているのだけど、例えば足は動いているけど手は固定されたまま自転車に乗る時、或いは野外でじーーっと立ったまま待たなければイケナイような場合、「いつになったら温かくなるのかな・・」など心もとない感じが否めません。


そんな時、充電さえしておけば間違いなく温かいヒーター付きインナー手袋は強力なアイテムとなってくれること受け合い。


いわゆる人によって「温かく感じる度合い」がマチマチな「発熱素材」と違って電気のチカラで温めるので間違いなく誰でも温かいのが嬉しい。


充電池式なのでバッテリーを大切に使えば長く使うことが出来そうです。


【目次へ戻る。】
関連記事

スポンサードリンク



comment

※現在、記事単位のコメントエリアは閉じています。 コメントがある方は問い合わせフォームよりお願いします。
サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

お気に入り♪
カテゴリ
最新記事一覧
EMSトレーニングパット「Bodypump ボディポンプ」1カ月間使った感想 Oct 17, 2017
EMSトレーニングパッド Bodypump ボディポンプ使ってみた感想 Sep 25, 2017
井村雅代ヘッドコーチ語る「日本シンクロ復活」秘話~ファイテン・ファンの集い参加レポ Sep 22, 2017
40代から始めたい「脳梗塞」対策まとめ Sep 11, 2017
自分に合うマットレスを求めて!睡眠セミナーで診断受けてきました♪ Aug 26, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ