断捨離:不用になった本を売ろう!BOOK OFF(ブックオフ)の上手な使い方

2013.02.03.10:47


間もなく春!部屋をキレイに整理&断捨離して気持ちも軽くしたいですね

要らなくなった本・CD・DVD・ゲームを大量に売りたい時に「BOOK OFF(ブックオフ)」実店舗とオンラインショップの違いと上手な使い方について、ライバルamazon(アマゾン)も例に用いて、まとめてみました。



【写真】ずいぶん整理してきたものの、我が家にあるまだまだある断捨離候補の本


ブックオフオンライン【PC・携帯共通】
 

2013年2月3日放送TBSがっちりマンデーでは「BOOK OFF(ブックオフ)」社長が出演、「BOOK OFF(ブックオフ)」実店舗、オンラインショップ、それぞれの魅力と違いについて語っていました。


実店舗、オンラインショップ、同じ「BOOK OFF(ブックオフ)」でも本の買取方法など違いがあることを知りました。


本を売るなら何処が良いの?「BOOK OFF実店舗」vs「BOOK OFFオンライン」vs「amazon」


「BOOK OFF(ブックオフ)実店舗」の特徴


  • どんな本でも引き取ってくれる。
    重たい本を持ち込んだものの、引き取って貰うことすらできず重たい本を持ち帰るほど空しいことはないですね。BOOK OFF(ブックオフ)の場合、持ち込んだ本は例え「査定0円」であっても、漏れなく引き取って貰えるため持ち帰るリスクがありません。
     
  • シンプル査定
    「BOOK OFF(ブックオフ)」実店舗で行っている査定方法「買取をするモノのの状態が如何に良いか」といった至ってシンプルなものであることで有名。複雑な査定を行えばそれだけロジック=作業量が増えるとその分コスト増となる為、なるべく単純な方法をとっているのだとか。そのため古本動向に疎い新米店員さんでも、簡単に査定できる仕組みである一方、本当は価値がある古書も一律安く査定されてしまう可能性があるので注意。

「BOOK OFF(ブックオフ)オンラインショップ」の特徴


  • 人気、売れ行きなどを考慮に入れた査定金額
    実店舗ではほぼ見た目によるシンプル査定だった古書も「BOOK OFF(ブックオフ)」オンラインの場合、勝手が違って、人気や売れ行きで査定金額が決まってくるのだとか。
    査定価格は在庫数、売れ行きから更新されるデータベースによって決まるため、査定時期によって値段が変動するのですね。
    2013年2月3日TBSがっちりマンデーで紹介されていた「のぼうの城」買取価格動向を例にとると、販売直後より買取価格は右肩下がりだったものの、映画公開決定直後になると査定価格が上がっていました。
     
  • キレイな本でも店舗査定より価格が下がることがある。
    反対に、実店舗でのシンプル査定に慣れていると、まるで新品のようなキレイな本であっても、在庫数が多い場合などは安く査定されてしまう可能性があります。
     
  • 重たい本を持ち帰ることはもちろん、持ち込む必要がない。
    自宅から直接、本を送ることが出来るため、そもそも重たい本を持ち込む苦労も、持ち帰ることもない。 

amazon(アマゾン)オンラインの特徴

  • 自分の売りたい価格で売ることが出来る。
    多くの人が出品しているため市場に余った本は手間だけ無駄になりかねない価格でしか売れないこともシバシバ。
     
  • amazon(アマゾン)売買システムを利用して本を売ることができる。
    私自身、amazonのアカウントを持って本を売ったことがありますが、システムとしては良くできていて非常に安定していて安心できます。
     
  • 本屋を一軒構えたつもりの覚悟は必要
    私自身amazonを使って自宅の本を売った経験があるのだけれど、amazonで本を売るということは売る相手がいるということを忘れてはいけない。軽い気持ちでamazon(アマゾン)に出品すると、売買によるトラブルに見舞われることがあるので注意が必要。

結局、本を売るなら何処が良いの?!まとめ


  • 「BOOK OFF(ブックオフ)」実店舗を持ち込みがおススメ
    比較的最近買ったキレイな本を持っている人
    ⇒ シンプル査定に合致
    近くに「BOOK OFF(ブックオフ)」実店舗がある人
    ⇒ 引き取りサービスがあるものの、近くに店舗があるに越したことはない。
     
  • 「BOOK OFF(ブックオフ)」オンライン利用おススメ
    映画やテレビで話題の本を持っている人
    ⇒ 本・CD・DVD・ゲームの時価に近い価格による査定に合致。
    大量の本・CD・DVD・ゲームを売りたい人
    ⇒ 査定時間短縮
     
  • amazon(アマゾン)オンライン利用おススメ
    一般的な古書店では殆ど見ることがないような価値ある本を持っている人
    ⇒ ロングテール狙い。
    古本屋を自分で持ちたい人、「人に本を売る」という行為に責任を持てる人
    ⇒ オンライン上とはいえamazonで本を売る行為=店を持つ気概が必要。

我が家の場合、30年前に趣味で買った美術書など古書が多かったこともあって「BOOK OFF(ブックオフ)」実店舗でのシンプル査定とほとんど合致せず、しばらくamazon(アマゾン)を使って自分で本を売ってました。


しかし、amazon(アマゾン)のシステムの先には個々の買い手がいて、スムーズに本を売るまでは良いものの「こんな筈じゃなかった」「話が違う」なんてトラブルに巻き込まれようものならさぁ大変!かけた時間でわずかな利益は軽く吹っ飛ぶものである上に、神経をすり減らしながら日々に長く続きませんでした。


「BOOK OFF(ブックオフ)」オンラインの位置づけは、私にとってamazon(アマゾン)と実店舗の丁度中間に位置する感じかな。今後は主な売り先となりそうです。





ブックオフオンライン【PC・携帯共通】
関連記事

スポンサードリンク



theme : お役立ち情報
genre : ライフ

comment

※現在、記事単位のコメントエリアは閉じています。 コメントがある方は問い合わせフォームよりお願いします。
サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

お気に入り♪
カテゴリ
最新記事一覧
EMSトレーニングパット「Bodypump ボディポンプ」1カ月間使った感想 Oct 17, 2017
EMSトレーニングパッド Bodypump ボディポンプ使ってみた感想 Sep 25, 2017
井村雅代ヘッドコーチ語る「日本シンクロ復活」秘話~ファイテン・ファンの集い参加レポ Sep 22, 2017
40代から始めたい「脳梗塞」対策まとめ Sep 11, 2017
自分に合うマットレスを求めて!睡眠セミナーで診断受けてきました♪ Aug 26, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ