実力野菜「ごぼう」の賢い取り方・使い方

2013.02.19.10:34

泥付きごぼう

40代過ぎた頃より、どれだけ食生活に気をつけても悪玉コレステロール値が微増していくことが気になって、野菜に含まれるポリフェノールの一種「サポニン」に着目しました。


野菜の中でも「サポニン」ポリフェノールが群を抜いて高いとされる「ごぼう」ですが、ちょっとした工夫で更に上手にポリフェノールを摂ることができます。


家庭で「ごぼう」調理する際にポリフェノール効果を上手に引き出すポイント


  1. 皮は剝かない。
    ごぼうの皮層には中身に比べて2倍のポリフェノールがあるそうです。皮を剥くという行為はみすみす良い部分を削り取っていたことになるのですね。
      
  2. 水に晒さない。
    アクに見えたものは実はサポニンと呼ばれるポリフェノールの一種なのだそうです。漢方の中でも高価なことで有名な「朝鮮人参」に含まれる主成分がやはりサポニン。コレステロールが気になる年代には積極的に摂りたい成分です。
     
  3. 料理をする時は丸ごとレンジでチンをする。
    ごぼうに大量に含まれるとされるポリフェノールですが、ごぼうには、同時にポリフェノールを壊してしまう酵素がごぼうの中に含まれるそうです。
     
    但し、ポリフェノールを壊してしまう酵素は70℃以上の加熱で死滅するとのこと。
     
    折角のポリフェノール効果を、ごぼうから最大限に惹きだすためには、ごぼうを料理する前・切る前に丸ごと電子レンジで加熱する(電子レンジがない場合はラップして蒸し器で蒸す)と良いそうです。

「ごぼう」の選び方


  • 泥付きのものを選ぶ。
    ポリフェノールが豊富とされる表皮の鮮度が保たれます。
  • 手に持った時にまっすぐ立つものを選ぶ。
    ごぼうを手に持った時にまっすが立つのは密度がしっかりしているため。それだけ新鮮な証拠となるそうです。

部位別「ごぼう」活用法


ごぼうの上の方(先の細い部分)


  • 特徴: 香りが良くてホクホク
  • 料理: 漬物
    家庭でも、お湯でゆがいた後、麺つゆとお酢で漬物を作ることができます。

ごぼうの下の方(太くなっている部分)


  • 特徴:パリパリと食感がある。味わいがある。
  • 料理:煮物、出汁として利用
    2月19日(火曜日)放送NHKあさイチにて紹介されていました!ササガキにしたゴボウを予め冷凍することでごぼうから出汁が出やすくなるそうです。冷凍ごぼうがあれば、いつでもサッと味噌汁や煮物に使うことができて便利そうです。

全体


毎日欠かさずごぼうを摂りたいならごぼう茶を作っておくと便利です。自宅で作るごぼう茶について下記記事にまとめました。
⇒ ごぼう茶の作り方


野菜なのに出汁に使われるだけのことはあって、出来上がったごぼう茶は想像以上に美味しく頂けます。そのままお湯で割って飲んでも美味しいのですが、白米に混ぜて炊いても美味しいごぼうご飯が出来上がります。

関連記事

スポンサードリンク



theme : 食と健康
genre : ヘルス・ダイエット

comment

※現在、記事単位のコメントエリアは閉じています。 コメントがある方は問い合わせフォームよりお願いします。
サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

お気に入り♪
カテゴリ
最新記事一覧
EMSトレーニングパット「Bodypump ボディポンプ」1カ月間使った感想 Oct 17, 2017
EMSトレーニングパッド Bodypump ボディポンプ使ってみた感想 Sep 25, 2017
井村雅代ヘッドコーチ語る「日本シンクロ復活」秘話~ファイテン・ファンの集い参加レポ Sep 22, 2017
40代から始めたい「脳梗塞」対策まとめ Sep 11, 2017
自分に合うマットレスを求めて!睡眠セミナーで診断受けてきました♪ Aug 26, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ