ミズノ・ブレスサーモを徹底比較

2013.09.17.11:12

昨年、発熱インナー(ミズノ・ブレスサーモ)について記事を書いたのですが、数あるランナップの違いを今ひとつしっかり伝えきれていなかったで、改めて比較記事としてアップすることにしました。


ブレスサーモ「エブリ」シリーズからはレディースの他メンズ。アイテムとしては七分袖ほか、半袖、長袖、カラー違いなど多数揃っているのが魅力です。



MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ


check!!現在ミズノ公式オンラインショップでは冬のクリアランスセール開催中!ディスカウント価格でブレスサーモを購入することが出来ます。


目次
  1. 「ミズノ・ブレスサーモ」各シリーズ特徴
  2. 「ウールヘビーウエイト」と「ヘビーウエイト」どこが違うの?
  3. 生地の好みで選ぶ
  4. 対応温度域で選ぶ
  5. 目的で選ぶ

1. 「ミズノ・ブレスサーモ」各シリーズ特徴


「ミズノ」より販売されている「ブレスサーモ」シリーズラインナップを一挙ご紹介します。


自分のニーズにはどのシリーズが合っているのか、ミズノより販売されているシリーズ概略を掴んで置くといざブレスサーモを探す時にスムーズです。


  • エブリー
    普段使いに手頃な価格を実現したブレスサーモ。ブレスサーモ初心者。費用はあまりかけたくないけどブレスサーモを試して見たい人にオススメ。 
  • エブリープラス new!!
    普段使いに手ごろな価格が嬉しいエブリーに登場したニューフェースです。普段使いながら中厚と冷え性さんには嬉しい仕様。ガーゼ2枚重ねによる肌触りが心地よく癖になります。

     
  • 女子のブレスサーモ
    冷えが気になる女性向けに作られたオフィスシーンなど普段使いを考えて作られたブレスサーモ。スカート着用時も腰回りが冷えないよう工夫があるなど、ミズノ女子社員による試行錯誤の末、生まれた製品で、働く女性ならではの細やかな視点があって良いです。冷え性の女性にオススメ。公式オンラインショップ限定販売です。
  • オレのブレスサーモ new!!
    メンズ向けブレスサーモ商品です。女子のブレスサーモ同様、オフィスなど普段使いに活用できるようアウターに響き肉薄手インナーなどラインナップが豊富。公式オンラインショップ限定販売です。

    個人的におススメはブレスサーモの中でもニューカラーとなるウォームグレーのインナー。チラっとインナーが見えた時でもグレーカラーはおじさん臭さがなくお洒落です。
     
  • LIGHT WEGHT(ライトウエイト)
    スリムでストレッチがある軽量モデル。温かさ、グレードとしては前出エブリーにもっとも近くなります。

    高尾山のような年中無休冬でも登ることができる1000メートル以下の山を登ることを考えた時、晴れた日の但しスポーツシーン向けに作られているため着心地はエブリーより上。薄手ながら肌触りも良いです。
     
  • MIDDLE WEGHT(ミドルウエイト)
    袋編み採用で厚い空気層を実現。名まえの通りミズノブレスサーモの中では中堅どころのブレスサーモです。公式オンラインショップ限定販売。
     
  • WOOL HEAVY WEGHT(ウールヘビーウエイト)
    極寒地対応モデル。ブレスサーモ+ウール!ウールはメリノウール採用、編み組織により発熱、保水量を実現しています。
     
  • HEAVY WEIGHT(ヘビーウエイト)
    極寒地対応モデル。袋編みと裏起毛の重層化構造で着心地良好。柔らかな着心地、ソフトな風合い、締め付けを軽減は柔らかなストレッチ性を実現しています。公式オンラインショップ限定販売です。
     

※名まえからして似ていて良く分からない!WOOL HEAVY WEGHT(ウールヘビーウエイト)、HEAVY WEIGHT(ヘビーウエイト)については次の2章で詳しく比較しています。



【目次へ戻る。】

2.「 ウールヘビーウエイト」と「ヘビーウエイト」どこが違うの?


次にミズノブレスサーモのラインナップの中でも、もっとも分かりにくいとされる、見た目は殆ど同じに見える「WOOL HEAVY WEGHT」と「HEAVY WEGHT」の違いについて比べてみることにしました。


ウールヘビーウエイト



画像:ミズノ ウールヘビーウエイトクルーネック長袖シャツです。ミズノブレスサーモの中でも温かさが際立つトップクラスのブレスサーモ。スポーツシーンのみならず温かな部屋着としてもオススメ。


ヘビーウエイト



画像:ミズノ ヘビーウエイトクルーネック長袖シャツ(レディース)です。前出「ウールヘビーウエイト」に比べると機能面で劣るも温かさは同等トップクラスです。


「WOOL HEAVY WEGHT:ウールヘビーウエイト」と「HEAVY WEGHT:ヘビーウエイト」重さ(メンズMタイプ)を比較


  • WOOL HEAVY WEGHT(ウールヘビーウエイト):201g
  • HEAVY WEIGHT(ヘビーウエイト):217g

重さが違う!と言ってもほんの16gの違いなのですよね。なので見た目&着用感として殆ど違いはわからないと思われます。


違いは「アンモニア(汗)消臭」&「pHコントロール機能」


それより何より、大きな違いはWOOL HEAVY WEGHT(ウールヘビーウエイト)には、アンモニア(汗)消臭、肌にやさしいpHコントロール機能があること。まるで同じように見えて値段も2000円近く違う理由は機能面の差に尽きるかと。


WOOL HEAVY WEIGHT(ウールヘビーウエイト)は従来型であったHEAVY WEIGHT(ヘビーウエイト)より更に高所登山を想定して昨年新しく作られたブレスサーモに位置づけられています。


昨年、ミズノ展示会に行った際、ミズノウエア開発スタッフの人に直接、伺った話では、1枚で十分暖かいこと、また厚みがあって肌触りが良いことからHEAVY WEIGHY(ヘビーウエイト)の活用法として、冷房の効いていない部屋でのあったかウエアとして活用もオススメとのこと。


双方、冬山登山向けではありますが、また実際に私自身、双方使って山登りをした訳ではないのですが、もし私が冬山へ行くのであればWOOL HEAVY WEGHT(ウールヘビーウエイト)を選択、普段使いであれHEAVY WEIGHT(ヘビーウエイト)を選びます。



【目次へ戻る。】

3. 生地の好みで選ぶ


  1. ゆるぬく
  2. 厚手:WOOL HEAVY WEGHT(ウールヘビーウエイト)
  3. 厚手:HEAVY WEIGHY(ヘビーウエイト)
  4. 中厚:MIDDLE WEGHT(ミドルウエイト)
  5. 中厚:エブリープラス
  6. 薄手:女子のブレスサーモ
  7. 薄手:オレのブレスサーモ
  8. 薄手:LIGHT WEGHT(ライトウエイト)
  9. 薄手:エブリー

あくまでも個人的な好みで順位をつけると↑こうなりました。


1位「ゆるぬく」は靴下など小物が中心。


ミズノ公式オンラインショップのブレスサーモ商品一覧に表示されなかったりして「もしかしてブレスサーモじゃないの!?」と疑われる方もいるかも(笑)ですがしっかりブレスサーモ素材採用で肌触りは抜群に良かったです。


その他、個人的に超・冷え症なので薄手よりも厚手を中心に上位表示しています。同じ薄手でもエブリーは低価格な分、他の薄手のブレスサーモ商品に比べると肌触りは若干劣るところがあります。



【目次へ戻る。】

4. 対応温度域で選ぶ


  1. WOOL HEAVY WEGHT(ウールヘビーウエイト)
    0℃ ~ -25℃
  2. HEAVY WEIGHY(ヘビーウエイト)
    0℃ ~ -25℃
  3. MIDDLE WEGHT(ミドルウエイト)
    10℃ ~ -15℃
  4. LIGHT WEGHT(ライトウエイト)
    15℃ ~ -5℃
  5. エブリープラス
    設定なし
  6. エブリー
    設定なし
  7. 女子のブレスサーモ
    設定なし
  8. オレのブレスサーモ
    設定なし

以上、ミズノカタログより作成しました。


ウールヘビーウエイト~ライトウエイトまでしっかり対応温度設定があるのは如何にもスポーツブランド発機能性ウエアといった感じ。


実際に冬登山をする人のためにしっかり対応可能温度を示しています。


「エブリー、エブリープラス」、「女子、及びオレのブレスサーモ’の場合、対応温度設定は未設定ですが体感としてはライトウエイトと同等、エブリープラスについてはそれ以上と考えて良いと思われます。


アウターが限定される登山などアウトドアシーンと異なり、ブレスサーモの場合は上から何を着るかによって大きく対応温度が異なってきます。


実際に私自身、普段使いとして「エブリー」愛用中ですが、ブレスサーモの中ではもっとも対応温度が低いと思われるエブリーであっても綿やウールを重ね着することで暖かさを長くキープすることができています。



【目次へ戻る。】

5. 目的で選ぶ


  • 普段使いになるべく低価格で利用したい。
     エブリー
  • オフィスシーンに合わせて使いたい。
     女子のブレスサーモ、オレのブレスサーモ
  • 冷え性、高齢者向けあったか普段着として。
     HEAVY WEIGHY(ヘビーウエイト)、エブリープラス、ゆるぬく
  • 着物やドレスのインナーとして
     女子のブレスサーモ、エブリー、エブリープラス
  • 冬の観光地防寒着として使いたい。
     LIGHT WEGHT(ライトウエイト)
  • スキー、スケートなどウインタースポーツのアンダーウエアとして
     MIDDLE WEGHT(ミドルウエイト)
  • 日帰り1000m程度冬の低山登山時アンダーウエアとして
     MIDDLE WEGHT(ミドルウエイト)
  • マラソン大会、ランニングなどスポーツ前後の保温対策として
     MIDDLE WEGHT(ミドルウエイト)
  • 冬場の旅行
     MIDDLE WEGHT(ミドルウエイト)
  • 冬の登山アンダーウエアに活用したい。
     WOOL HEAVY WEGHT(ウールヘビーウエイト)★
     HEAVY WEIGHY(ヘビーウエイト)
  • 冬場アウトドアシーンのインナーとして
     HEAVY WEIGHY(ヘビーウエイト)

低山向けにMIDDLE WEGHT(ミドルウエイト)とミズノでは推奨していますが、実際、冬の高尾山をMIDDLE WEGHT(ミドルウエイト)をアンダーウエアとして着用、歩くと汗による発熱効果で暑くて仕方なかった!という意見もありました。


目的はあくまでも目安。ブレスサーモ以外の服に何をを合わせるかによって大きく異なってくると思います。


ブレスサーモが歩く程度で発生する汗で発熱する特性を考えて、選ぶこともポイント。


何れにせよ、暑ければ脱ぐことも可能ですが、何もなければ寒さに凍えることになるので備えあれば憂いなし、と私は考えています。



女子のブレスサーモ【おやすみStyle】より展開中の「おやすみブレス」です。冷え性の女性におススメ。



ブレスサーモ「エブリ」レディースです。お値段が安いので気軽に使い始めることができます。



普段使い定番ブレスサーエブリが進化!保温力&やわらかな着心地を実現したエブリプラスです。中厚なので普段使いのアウターとしても活用してみたいです。



男性向けに新登場!オレのブレスサーモ販売アンダーウエアです。


画像は ワイルドなカモフラージュ柄。ここまで来るともはやステテコのイメージは皆無。積極的にチラ見せしたいお洒落アイテムです。オレのブレスサーモからはワイルド柄のほか「千鳥のライン柄」も展開!何れもお洒落です。



ミズノブレスサーモはミズノ公式オンラインストアで扱っています発熱ウエアが一同に集結。ミズノのブレスサーモ特集



【目次へ戻る。】
関連記事

スポンサードリンク



comment

※現在、記事単位のコメントエリアは閉じています。 コメントがある方は問い合わせフォームよりお願いします。
サイト内検索
プロフィール

TOKYOうさぎ

Author:TOKYOうさぎ
健康と美容、心が豊かになれることを綴っています…つづく
受賞履歴

お問い合わせ
お問合せはこちらからお願い致します。 ★お知らせ★
特集記事【目次】
SALE
セシール - 灼熱の1,000円分値引きキャンペーン

お気に入り♪
カテゴリ
最新記事一覧
40代から始めたい「脳梗塞」対策まとめ Sep 11, 2017
自分に合うマットレスを求めて!睡眠セミナーで診断受けてきました♪ Aug 26, 2017
40代からのキレイ習慣!ファイテン「カシス5000」飲んでみた感想 Jul 28, 2017
究極デンタルケア!アーユルヴェーダ”オイルプリング”体験レポ Jul 13, 2017
2Wayトリートメントでつるんとツヤ髪!リバースケア シャンプー&トリートメント【Gokubi-pro】感想 Jul 11, 2017
最新コメント
最新トラックバック
リンク
【姉妹サイト】


全ての記事を表示する

お気に入りリンク集

RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
参加中
レビューポータル「MONO-PORTAL」

ブログタイムズ