fc2ブログ

ミズノ最新ブレスサーモダウンジェケット(ライトウエイト)感想

先日、ミズノ冬商品見学会に行った際、最新ミズノ・ブレスサーモ「ダウンジャケット」を拝見してきたのでご紹介。チェックしたのはこれから寒くなる冬に日常使いにも便利なミドラー向け「RGライトウエイト」レディース。今夏、涸沢に行った時に防寒着として活躍してくれたブレスサーモダウンからマイナーチェンジをしたデザインも続々登場!カラーも豊富になっていました。check!! ミズノブレスサーモダウンジャケットはミズノ公...

ミズノ発熱アンダーウエアの選び方!手頃な値段が嬉しい普段使いのブレスサーモ

「スポーツウエアやアウトドア用品は高いよね。」ミズノ発熱アンダーウエア「ブレスサーモ」商品見学に来ていた人の中には、スポーツメーカーが作るアンダーウエアは高くて手が出ないと思っていた人が少なからずいた模様。確かに、アウトドアやスポーツシーン、万が一にも失敗が許されない、過酷な自然環境でも成果を求められるウエアに妥協は許されない、普段使いとしては目が飛び出る程、高くなることもシバシバありました。←経...

ミズノ発熱アンダーウエアの上手な選び方!とにかく保温性が欲しい人の為のブレスサーモ

「どの発熱ウエアを買えば良いか分からない。」「発熱ウエアを買ったのに温かく感じられない気がする・・・?!」そんな疑問を解決するために週末は、原宿ミズノで開催された「ブレスサーモの温かさ体験会&商品説明会」に参加、スポーツメーカーだからこそ実現したテクノロジー「ブレスサーモ」の実力を体感して来ました。写真:MIDDLE WEIGHT(ミドルウエイト)ラウンドネック8分袖。機能面がある中で女性らしいデ...

ブレスサーモ温かさ実験で知る!スポーツメーカー「ミズノ」だから出来た発熱力

原宿で開催された「ブレスサーモの温かさ体験会」に参加して来ました。「発熱ウエアって値段も種類も多くてどれを選べば良いか分からない。」「折角、買ったのに全然温かくない。」発熱ウエアと言うとここ数年でメジャーになった感があるけど、スポーツメーカーであるミズノが先駆け、1994年リレハンメル冬季オリンピックでスキー選手のウエア中綿に使用された実績と歴史があるのですよね。実験を通して「ミズノ・ブレスサーモ...

ミズノ ブレスサーモ ダウンジャケット5年目感想~一番寒い季節に頼りになります。

発熱素材インナーで知られる「ブレスサーモ(ミズノ公式オンラインショップ販売)」ですが防寒の本命と言えばダウンジャケットもしっかり存在します。写真は5年以上前から愛用しているブレスサーモのインナーダウン。使い込む程にさすがスポーツブランド発の素材であることを確信!軽くて持ち歩きに便利なことから登山シーンはもちろん一番寒い時に頼りになる存在となりました。...

ミズノ「レインスーツ」を買ってみた:商品レビュー

久しぶりにレインスーツを新調しました。購入したのはミズノから登山用として販売されているレインスーツ。価格が1万円台前半と安いけど、そもそも登山用に作られているため高性能。カラー展開も豊富なのが女としては嬉しい。登山、トレッキング用としてはもちろんのこと、普段使いとして雨の日のジョギング、ウォーキング、自転車など、さまざまなアウトドアシーンで活躍してくれそうです。check!! 最新アイテムはミズノ公式オン...

WAVE REVIVE(ウエーブリバイブ)はどの程度アウトドアで使える?画像&動画で検証

MIZONO(ミズノ)より販売されているウォーキングサンダル「WAVE REVIVE Ⅱ(ウエーブリバイブ2:最新は3にバージョンアップ)」を使い出して間もなく1ケ月。素足感覚で歩けるのがお気に入り♪ほぼ毎日「WAVE REVIVEⅡ」を履いて過ごしているものの、ハタから見ると一体どのような感じなのだろう?「百聞は一見にしかず」「WAVE REVIVE Ⅱ(ウエーブリバイブ2)」で歩くことを客観的に判断するべく、実...

まるで草鞋!ミズノWAVE REVIVE(ウエーブリバイブ)履いてみた

この頃の私のMIZUNO「WAVE」熱が届いたのか(笑)「WAVE REVIVEⅡ(ウエーブ・リバイブ2)最新バージョンは3」をモニター商品として使わせて頂くことになった。日本古来、旅人に親しまれてきた草鞋(わらじ)の良い点を取り入れたサンダルは、素足で歩くことが好きな私にとってまさに時宜に叶った道具となった訳だけど、間もなく夏本番!野山に出かけて歩く機会が増える前に「WAVE REVIVEⅡ(ウエーブ・リバイブ2)」が果たしてウォ...

ミズノウェーブダイバーズを履いてエアロビしてみた。

「大切な足を守ってくれるシューズです。あなたは良い物を選んでいますか?」エアロビクスのインストラクターさんが言っていました。健康のために始めたつもりの運動によって、膝や腰を痛める人が後を絶たない理由のひとつに”運動に合ったシューズを履いていない”ことがあるそうです。「富士山にヒールで登っている」までは言いませんが、飛んだり跳ねたりすることが多いエアロビクス系運動の場合、十分なクッション性や足首を守る...