こんにゃくdeゆるダイエット!お芋とバナナの蜂蜜ベーグル

TOKYOうさぎ

TOKYOうさぎ

蒟蒻厨房「こんにゃくベーグル」


週末は「お芋とバナナの蜂蜜ベーグル」を作ってみました。気持ちに無理しない「ゆるりダイエット」ポイントは意識なくカロリーダウン&食物繊維を豊富に摂ること。こんにゃく(マンナン)ベーグルを使うことで「おやつ」なのにカラダにやさしい献立となりました。


こんにゃくベーグルは楽天市場にて販売しています。→一柳こんにゃく店




スポンサーリンク


クリームチーズとレモンピールの蒟蒻入りベーグル


蒟蒻厨房「こんにゃくベーグル」


▲蒟蒻厨房「こんにゃくベーグル」をモニターとして頂きました。


「たくさん食べるのに太らないよね」と言われる理由に食物繊維豊富な食事を心がけていること。パン食はどうしても食物繊維不足になりがちと敬遠せざる得なかったのですが、「こんにゃく(マンナン)ベーグル」を知ったことで、大好きなベーグルを食べながら食物繊維をしっかり摂ることが出来るようになしました。


私にとって、こんにゃくベーグルは無理しないダイエット=ゆるりダイエットには定番メニューです。


蒟蒻厨房「こんにゃくベーグル」


▲「お芋とバナナの蜂蜜ベーグル」は「クリームチーズとレモンピールの蒟蒻入りベーグル」を使いました。ベーグルをカットするとクリームチーズがたっぷり入っていることがわかります。レモンピールは何処に入っているのか写真では分からないかもですが、実際にベーグルを食べると口中に広がる爽やかなレモンの味がします。


【クリームチーズとレモンピールの蒟蒻入りベーグル原材料】

小麦粉、こんにゃく、クリームチーズ、レモンピール、砂糖、食塩、パン酵母、竹炭粉末、ジンジャーパウダー、粉末モルト、増粘剤、ビタミンC、水酸化カルシウム、原材料一部に乳を含む


【お芋とバナナの蜂蜜ベーグルサンドの作り方】


  1. こんにゃく(マンナン)は半分に切ってトーストする。
  2. 焼きあがったベーグルの上にスライスしたバナナと蒸したサツマイモを載せる。
  3. 上から蜂蜜を載せる。

塩分、当分、共に抑えるコツは最後に少しだけ載せる、或いは振りかけてること。素材表面についた甘みや塩味が直接、舌に伝わるため、ごく少量でも満足感が強いです。


蒟蒻厨房「こんにゃくベーグル」


▲ベーグルの中に入ったクリームチーズとバナナが良くマッチします。蒟蒻ベーグル同様、食物繊維をたくさん取ることが出来るサツマイモも1日に1回は摂りたいと思っている食材です。


おまけ:ヨーグルト&ベーグル


蒟蒻厨房「こんにゃくベーグル」


▲真っ黒な竹炭カラーベーグルと雪のように真っ白なヨーグルトを合わせてみました。食物繊維豊富な食材とと乳酸菌豊富なヨーグルトを一緒に摂ると腸の環境に良いのですよね。


蒟蒻厨房「こんにゃくベーグル」


▲ベーグルを表面がカリとする程度焼いて、ヨーグルトと一緒に頂きます。更に乳酸菌の餌となる蜂蜜など追加してもOK。私にとって腸ケア黄金コンビです。


煮物など食物繊維豊富な料理が多くなる和食と違ってどうしても食物繊維不足になりがちの洋風献立。こんにゃく(マンナン)ベーグル1つで1日に必要な食物繊維の約3分の1を摂ることが出来るので便利です。


関連記事
Posted byTOKYOうさぎ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply