カレーとチーズの蒟蒻ベーグルde鶏むね肉ハムサンド

TOKYOうさぎ

TOKYOうさぎ

こんにゃくベーグル


40代以降~カラダに大きな変調のある女性にとって大切なことは無理しない、ゆるーいダイエットだと考えるようになりました。週末は写真、やっぱり大好きな「こんにゃく(マンナン)ベーグル」を使ったレシピにしました。



お徳用!タップリはいった「こんにゃくベーグル」が楽天市場で販売しています。→ こんにゃく40%以上含有のベーグル! お買い得な25個セット。★お買い得★こんにゃくベーグル25...



スポンサーリンク


前菜「具だくさん味噌汁」


こんにゃくベーグル


「フードマッチング」の観点から見るとベーグルと味噌汁は合う合わない、賛否あるかもですが、味噌汁はあくまでも前菜。この頃流行りの「食べる順番ダイエット」に則り、野菜を先に食べることにします。


ちなみに「食べる順番」をしっかり意識するのであれば野菜たっぷり具だくさん味噌汁を飲んで5分以上空けてから炭水化物であるベーグルを食べると良いそうです。


メイン「カレーとチーズの蒟蒻ベーグルに鶏むね肉ハムサンド」


材料


  • カレーとチーズの蒟蒻ベーグル:1個
  • 鶏もも肉の低温煮ハム:数枚
  • キュウリ:半分程度
  • トマト:輪切りにして数枚

鶏もも肉の低温煮ハム


「鶏もも肉の低温煮ハム」作り方はこちらの記事で以前に紹介しています。⇒ フードセーバーで真空レシピ♪鶏むね肉のハムを作ってみた。


調理行程で一般家庭にはないと思われる「真空パック」を使っています。「真空パック」器さえあれば実に簡単に作れるレシピである反面、「真空パック」器がないと全く「手軽」では無いレシピということ点が難点といえば難点(苦笑)。


代用案を提示するなら低温蒸し。


私の場合、根性で土鍋&温度計を屈指して蒸し物をするけど「スチーマーなら持っている。」という人も多いかも知れません。「70℃程度温度を保つ」ことが出来れば「真空パック」を使わなくてもそこそこの味になるかと思います。


ちなみに「鶏もも肉をそのまま熱湯でボイルする」という荒業がありますが、さすがに鶏もも肉がパサパサになってしまうので余りオススメできません。


何れにせよ、一度作ってしまえばカットするだけで利用できるのでお手軽に良質たんぱく質を摂ることができます。


カレーとチーズのこんにゃくベーグル


こんにゃくベーグル


▲溶けたチーズがベーグルの上にたっぷりのっています。


こんにゃくベーグル


▲こんにゃくベーグルをカットするとカレー粉でついた色が食欲をソソります。


こんにゃくベーグル

【カレーとチーズのこんにゃくベーグル原材料】
小麦粉、こんにゃく、豆乳、カレー粉、ナチュラルチーズ、砂糖、食塩、パン酵母、粉末モルト、増粘剤、ビタミンC、水酸化カルシウム、(原材料の一部に乳、大豆を含む)

▲小麦粉の次に堂々登場する「こんにゃく」は原材料として多く使われている証拠。


「炭水化物を上手に摂るコツ」として、食べる順番ダイエットに則り、炭水化物を食べる前に食物繊維豊富な野菜を食べることはもちろんですが、もうひとつ大切なことに炭水化物と食物繊維を摂ること。こんにゃくベーグルを使う大きな理由です。


「カレーとチーズの蒟蒻ベーグルに鶏むね肉ハムサンド」を食べてみる。


こんにゃくベーグル


▲鶏もも肉の煮ハムがあることが条件ですけどね、材料さえあればカットしてこんにゃくベーグルに挟むだけの簡単レシピです。軽く塩コショウして頂きました。マヨネーズも合いそうです。カレーとチーズの味があるので挟む材料に味付けは薄味でも満足出来ます。


関連記事
Posted byTOKYOうさぎ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply