「寝ながらメディキュット ロング ずっとあったか」使ってみた感想

TOKYOうさぎ

TOKYOうさぎ

ドクター・ショール「寝ながらメディキュット ロング ずっとあったか」


秋の夜風が身に沁みるようになってきたこの頃、ドクター・ショールより9月1日新発売となった「寝ながらメディキュット ロング ずっとあったか」を使ってみました。40代になってめっきり下半身冷えに苦しむことが多くなった私には、手放せいアイテムになりそうです。



ブログで口コミプロモーションならレビューブログドクター・ショールのモニターに参加しています。



スポンサーリンク


「寝ながらメディキュット ロング ずっとあったか」の魅力と特長


ドクター・ショール「寝ながらメディキュット ロング ずっとあったか」


  • ソックス全体に「カシミヤ混合素材」を使用。
  • 「太もも」「つま先リブ」に「アンゴラ素材」を使用。
  • 寝ている状態にあわせた段階圧力設計。
    →足首21hPa、ふくらはぎ16hPa、ひざ上11hPa

熱伝導率を比較してみるとドクター・ショール「レギュラー品」に比べても70%程度暖かさかさがアップしているとのこと。冷えが特に気になる「太もも」「つま先リブ」には「アンゴラ素材」が使われているので暖かさを更に実感できます。


ドクター・ショール「寝ながらメディキュット ロング ずっとあったか」


▲肌触り抜群の「カシミヤ」混合素材をソックス全体に使っているので肌触りが抜群に良いです。


ドクター・ショール「寝ながらメディキュット ロング ずっとあったか」


▲手で触ってみただけで、ふんわりした肌触りを実感できます。


ドクター・ショール「寝ながらメディキュット ロング ずっとあったか」


▲敏感肌なので肌に直接当たることになる裏側もチェック。


空気を包みこむ「ワイドリブ編み製法」


寝ながらメディキュット ロング ずっとあったか


  1. 私が現在使っている普通の「着圧くつ下」(ドクター・ショール製ではありません。)
  2. ドクター・ショール「寝ながらメディキュット ロング ずっとあったか」

網目を比較すると一目瞭然!空気を包みこむ「ワイドリブ編み製法」のため睡眠中に体温を逃しにくい設計になっているそうです。


「寝ながらメディキュット ロング ずっとあったか」を履いてみた様子


ドクター・ショール「寝ながらメディキュット ロング ずっとあったか」


「わぉ・・あったかい


ドクター・ショール「寝ながらメディキュット ロング ずっとあったか」


▲足首は寝るときの姿勢に合わせたフラット設計になっているそうです。


「寝ながらメディキュット ロング ずっとあったか」を履いてみた感想


履きやすさ


今回私が履いてみたのが「M」サイズ。普段履いているストッキングが「M」と「L」の中間の私。


厚みがある分、多少履きづらいかも知れません。次回購入時は1サイズ大きめサイズから選んで比べてみたいと思いました。


着圧感


普段から「着圧くつ下」を履き慣れていることもあって窮屈感はありませんでした。


ぽかぽか感


履いた瞬間よりホンワカぽかぽか感が気落ち良いです。


残念ながら「ドクター・ショール」ではないのだけど、我が家にある「着圧くつ下」と履き比べてみました。


数字として表すことが出来ないけど、履いてみた瞬間、違いは歴然!暖かさを実感することができました。


これまで揉んでも、通常版「着圧くつ下」を履いても、ゆるゆる「スパッツ」を付けても、何をしても「冷え」ていた脹脛(ふくらはぎ)も「寝ながらメディキュット ロング ずっとあったか」を履くことで安眠を迎えることが出来そうです。

関連記事
Posted byTOKYOうさぎ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply