日本でエクストラ・バージンオリーブオイルは名乗り放題!?見極めポイントは?

TOKYOうさぎ

TOKYOうさぎ

DHC ヌニェス・デ・プラド エクストラバージンオリーブオイル


2016年7月17日(日)TBS放送”林先生が驚く 初耳学! "によると「日本でエクトラバージンオイルは名乗り放題」なのだとか。


そもそもエクストラ・バージンたる定義は?良質なオリーブオイルを選ぶためには何に気を付けたらよいのか?まとめてみました。



スポンサーリンク


日本で「エクストラ・バージンオリーブオイル」が名乗り放題になっている訳


「エクストラ・バージンオリーブオイル」定義とは?


「エクストラ・バージンオリーブオイル」とは簡潔にまとめると以下のとおりです。


  • 搾ったオリーブ果実を自然ろ過している。
  • 化学的処理を行っていない。
  • 酸度=0.8%以下

なぜ偽物が多発?


「エクストラ・バージンオリーブオイル」に対して基準が設けられていているEUでさえ近年、良質ではないオリーブオイルを混ぜて「エクストラ・バージンオリーブオイル」と名乗る偽物が多く出回るようになったそうです。


なぜか。


世界でオリーブオイルを使い始める人が増えたことが原因。


健康ブームも相まってオリーブオイルが食卓に並ぶ事が当たり前になった日本ですが規制は立ち遅れ。残念ながら現状、EU基準のような「縛り」が存在しない状況。


結果、偽物を「エクストラ・バージンオリーブオイル」と名乗ったとしても日本では罪に問われることなく名乗り放題となるそうです。


確かにね、ここ数年、デパートやスーパーなどで見かけるエクストラ・バージンオリーブオイル値段が安くなったなあと感じていました。


「安くなったけど味も落ちたような・・・」と思っていたのですが気のせいでもなかったのですね(苦笑)。


良質な「エクストラ・バージンオリーブオイル」を選ぶポイント


現状、日本において本当に良質な「エクストラ・バージンオリーブオイル」を選ぶためできる対策はただひとつ「エクストラ・バージンオリーブオイル」の名前だけを妄信して買わないに尽きそうです。


  • 信頼おけるオリーブオイル専門ソムリエに相談しながら買う。
  • オリーブオイル販売元の商品紹介ページにて素性をしっかりチェックしながら買う。

しかし我が家の近所には残念ながら信頼おけるオリーブオイル専門ソムリエがいない。


そもそもオリーブオイルを自分で持ち帰るのは辛い、重たいことから我が家ではネットで本物のエクストラ・バージンオリーブオイルを見極め購入することとなりそうです。


ネットで買える良質なエクストラ・バージンオリーブオイル


私自身が実際に試してみて”これなら安心!”と思えるエクストラ・バージンオリーブオイルを紹介します。


「ヌニェス・デ・プラド エクストラバージンオリーブオイル」


ヌニェス・デ・プラド エクストラバージンオリーブオイル


「ヌニェス・デ・プラド(3本セット)エクストラバージンオリーブオイル(詳細はDHC販売バージンオイル参照)」です。


ラベルに印字されたCAAEとは有機栽培されたオリーブ実を使用、品質チェックをクリアした「エクストラ・バージンオリーブオイル」に対して与えられるEU有機認証団体による認証です。


EU基準エクストラ・バージンオリーブオイル酸度の0.8%以下と比べて「ヌニェス・デ・プラド エクストラバージンオリーブオイル」酸度は0.2%以下


ヌニェス・デ・プラド エクストラバージンオリーブオイル


オリーブ実そのものの香りと芳醇な味わいはストレートでそのまま飲んでおいしい味です。



※写真:ヌニェス・デ・プラド エクストラバージンオリーブオイルはDHC試供品としていただいたものです。



関連記事
Posted byTOKYOうさぎ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply