トゥルースリーパー・ウェルフィットを使い始め1カ月目感想

TOKYOうさぎ

TOKYOうさぎ

トゥルースリーパー ウェルフィット


快眠セラピスト&ショップジャパン共同開発で話題!二重構造マットレス「トゥルースリーパー・ウェルフィット(ショップジャパン販売)」を使い始めて1カ月目とちょっと経ちました。


マットレスを変えて実感したことは寝つきの良さ。熱帯夜など暑さで起きてしまった時も”すっ”と再び眠りに入ることができるようになりました。


※「トゥルースリーパー・ウェルフィット」「オムロンねむり時間計」モニター参加中です。



スポンサーリンク


検証:オムロンねむり時間計で見る眠りの変化


オムロン眠り時計


寝具を綿布団よりトゥルースリーパー・ウェルフィットに変える前後で睡眠時間に変化が出たのか、オムロンねむり時間計※で計測&チェックしてみました。


●トゥルースリーパー・ウェルフィット以前、綿布団の頃


トゥルースリーパー・ウェフィットを使い始める以前は睡眠時間を確保できるも4時間、長くても5時間しか眠れない日々が続いていました。


夜10時~11時頃には眠りに就くまでは苦労なくできるも深夜1~2時頃にどうしても一度起きてしまうのです。


起きたついでにトイレに行ってから再び床に就くも今度は目が覚めてなかなか寝付くことができないといった悩みを抱えていました。


●トゥルースリーパー・ウェルフィットに変えて1カ月経過後


トゥルースリーパー・ウェルフィットに切り替え直後より平均して6~7時間、眠ることができるようになりました。


暑苦しい夜などやはり夜中に目覚めてしまうことがあるのですが再び横になるといつの間にかすっと眠ることができるようになりました。


※オムロンねむり時間計とは?


オムロンねむり時間計とは寝具の動きを検出&眠りを測定してくれるグッズです。


アラームを設定した時間の30分前より寝ている状態に合わせ起きやすいタイミングでアラームを鳴らしてくれます。


眠りの質ならぬ詳細データについてフェリカ機能がついた携帯、或いはパソコンアプリを使って閲覧可能。睡眠時間や質について客観的に判断することができます。


我が家にあるフェリカ対応タブレットが現在故障中・・・につき残念ながら現状、計測できるのは「ねむり時間計」本体に表示される睡眠時間のみ!ですが客観的に睡眠時間をみることができるので参考になります。



1カ月経過後のマットレスの状態を確認


●マットレス表面をチェック!


トゥルースリーパー ウェルフィット


トゥルースリーパー ウェルフィットを使い始めて1ケ月経過後のマットレス表面の状態です。


夏向けの薄いシーツを上から掛けて使っていたこともあって目立つ汚れ&痛みは見当たりません。


●クッションのヘタリをチェック!


トゥルースリーパー ウェルフィット


二重構造になっているクッション内部をチェックしています。


トゥルースリーパー ウェルフィット


下マット部分、体を点で支えつつ湿気を外部へ放出してくれる凹凸部にヘタリや痛みは見当たりません。


●マットレス厚みをチェック!


トゥルースリーパー ウェルフィット


  • 写真左:使い始め直後のマットレスの様子
  • 写真右:使い始め1カ月ちょっと経過後のマットレスの様子

それぞれマットレスの厚みをチェック比較しています。


使い始め直後、1カ月経過後、それぞれマットレスボリュームに大きな違いは見られませんでした。


●マットレス内の湿気をチェック!


トゥルースリーパー ウェルフィット


室内温度:30度、湿度:58%の日に二重構造マットレスの間に温湿度計を約20分間放置、マットレス内の湿気を計測してみました。


梅雨~梅雨明けにかけて使っていたこともあってさすがにマットレスに湿気が溜まってしまっただろう・・と思ったのですがマットレス内・外側で温湿度に違いは見られませんでした。


一晩でコップ一杯分の汗はマットレスの外にしっかり排出されていた模様。


トゥルースリーパーを使い始め1カ月目感想


●蒸し暑い季節もサラッとした寝心地がお気に入り


1年の中でもっとも蒸し暑い梅雨~夏本番にかけてトゥルースリーパー・ウェルフィットを使って1カ月余。


「夏真っ盛りに使うなら通気性良くマットレスを丸ごと洗うことが出来る高反発タイプのマットレスを選ぶべきだったかな・・・」など考えが過るも全て杞憂であったことを実感しています。


二重構造トゥルースリーパー・ウェルフィットの場合、体に直接触れるマットレスは中反発なのですがまずこれが想像以上に通気性が良かったです。


肌触りやさしく、かつサラっとした状態がキープされていて心地よく眠ることができました。


マットレス内部はもちろん床面接地部にも湿気が溜まっていない理由は二重構造がなせる業と想像。1層目中反発で吸湿した湿気を凹凸感ある2層目マットレスで上手に逃がしていることを実感しました。


●睡眠時間、質、ともに改善


トゥルースリーパー・ウェルフィットマットレスに変えてからは以前たびたびあった睡眠たった4時間ということはなくなりました。


眠りの質に直接的ではない、でも間接的に関係する部分として、夏から秋にかけてダニが原因なのか昨年は原因不明の痒みに悩まされることもあったのですが(蚊の襲来を除き)今のところ痒みに襲われることはありません。


朝までしっかり6時間眠ると気分も爽快。


朝から元気よく活動することができるようになりました。



関連記事
Posted byTOKYOうさぎ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply