FC2ブログ

ウェラブル美顔器メディリフトなら本当に「ながら美容」が出来る訳

TOKYOうさぎ

TOKYOうさぎ

-

メディリフト つけた様子 上


ウェラブル美顔器として話題の”メディリフト”(ヤーマン直営ショッピングサイト販売)を2018年7月パシフィコ横浜にて開催された展示会にて手に取ってチェックしてきました♪


顔につけると「まるで忍者!」のような出で立ちに驚かされますが(笑)雑誌メディアなどで度々紹介、美容賢者たちに一目置かれる理由に納得しました。






スポンサーリンク


EMS美顔器を正しく使うことは意外に難しい?


EMSを使った美顔器、多くはハンディタイプは数多存在しますが、正しく使うことは意外と難しいものです。


Point !●鍛えるべき筋肉=大小頬骨筋
●休ませるべき筋肉=咬筋

頬を中心とした引き上がったフェイスラインに必要な筋肉は「大小頬骨筋=通称リフト筋」です。他方モノを咀嚼する筋肉である「咬筋(こうきん)」を鍛えるとエラが張ったいわゆる男性的な顔になるとされています。


要はバランスが大切。


若々しく女性らしい顔を目指すためには「引き締める筋肉(大小頬骨筋)は鍛えて緊張を緩ませる必要がある筋肉(咬筋)は休ませる」ことが必要となります。


顔のどこでも構わず鍛えれば良いという訳ではない以上、テレビを見ながらハンディタイプのEMS美顔器を扱う!なんていい加減なことが出来る筈もなく(苦笑)真面目に筋肉の位置を確かめながらEMS美顔器を使う事になります。


メディリフトなら本当に「ながら美容」が出来る訳


メディリフト 広げた様子


メディリフトとは10分間、顔に着けるだけで「見た目年齢を決める」上で特に重要といわれる「顔の下半分」にアプローチしてくれるウェラブル美顔器です。


美容プロなどによって選ばれた美顔器として「ながらケアに最適」「もたつきケアに最適」「最先端技術だと思う」の3部門で1位獲得されていたことで俄然、注目するようになりました。


メディリフト トレーニングEMS、リリースEMS


世の中に数多存在することEMS美顔器と大きく異なる点は「鍛えるべき筋肉(大小頬骨筋)」「休ませるべき筋肉(咬筋)」それぞれ別にアプローチしている点。


「トレーニングEMS(写真:水色の波形イメージ参照)」によって頬の皮膚、脂肪を直接引き上げることで引き締まった顔を作ります。「リリースEMS(写真:ピンク色の波形イメージ参照)」によって咬筋を緩めエラを張り出さないようにします。


顔の下半分をホールドするようにフェイスカバーを装着して使うためEMS正しい位置に当てることが出来ると同時に完全にオールハンズフリーなので使っていて疲れることがありません。


これぞ究極!ながら美容「メディリフト」使い方


メディリフト 使い方1


前準備:洗顔後、顔全体に化粧水をつけたます。


メディリフトは顎に合わせてから頭後方でマジックテープを留めて固定させます。


メディリフト 使い方3


顔の下半分にメディリフトを付けた状態です。


頬にEMSパットをしっかり設定することが出来ました♪


メディリフト 使い方4


次に顎下にある左右ベルトを手に持って上後方に向かって引っ張り上げます。


メディリフト 使い方2


point!フェイスカバーを引っ張り上げることでEMSを使う前段階で顔をリフトアップをしています♪


メディリフト 使い方5


ベルト先端についたマジックテープを頭頂部で留めます。


メディリフト 使い方6


完成!


2本のベルトを使うことでEMS位置を正しく装着させることが出来ると同時に顔をリフトアップをしながらEMSを使うことができる、一挙両得の働きがあることが分かります♪


メディリフト つけた様子 前


左右についた丸型スイッチを入れることでEMSを動作させることが出来ます♪


参考まで、フェイスカバー鼻の位置をわざわざ高くしている理由は装着感を上げるため辿り着いたカタチなのだとか。


そういえばシート式パックは鼻の位置でズレて上手く付けることが出来ないことが多かいですよね・・・正しい位置にEMSを当てるための努力の一端を垣間見たようなきがしました。


記事で紹介した商品を購入するには?


記事で紹介した商品は以下のヤーマンにて購入することができます。




編集後記


私自身、これまで何度も家庭用美顔器を使ったことがあるのですが”たった10分顔に当てるだけでOK”といっても毎日のこととなれば話は別!


そもそも美顔器を手に持つこと自体がだるくなってきたり、根っから怠け者な私にはどれだけ簡単に作られた家庭用美顔器であっても続けることの難しさを実感していました。


テレビを見ながらハンディタイプ美顔器を使おうものなら手元が狂ってあらぬところを刺激していましたね(苦笑)。


メディリフトに出合って最先端テクノロジーを屈指した美顔器であることはもちろんですが、それ以上に?これこそ根っから面倒なことが苦手な人(私)のために作られた究極の「ながら美容」だと思いました。



関連記事
Posted byTOKYOうさぎ