FC2ブログ

ファイテン平田社長に訊く!目から鱗が落ちる「ストレス」対処法

TOKYOうさぎ

TOKYOうさぎ

-

ファイテン平田社長


2018年9月東京銀座にあるファイテンIPサロンで開催されたスペシャルセミナーに参加してきました。


ストレス過多で不眠、めまいなど不定愁訴が続く私にとって特に興味深かった内容はファイテン平田社長自身による「受け手のストレス次第で変わるカラダの状態」に関する話でした。


「ストレス」によっておこることとは?自分自身ではどうにもコントロールできない「ストレス」と上手く付き合うには?目から鱗が落ちるファイテン式ストレス対処法を紹介します。



写真;2017年ファイテンの集いで撮影した平田社長。



スポンサーリンク


塩素が入ったプールで肌に炎症が出るとき、出ないときがある理由


私自身、今回初めて知ったことなのですがファイテンではプールに入りたくても入ることが出来なかったアトピー性皮膚炎の人を支援する事業を手掛けているそうです。


アトピー性皮膚炎で悩む人の場合、プール水に含まれる塩素によって肌に炎症を引き起こしてしまうとのこと。


「塩素を入れて水中の細菌や微生物を殺している」訳だから肌にとっても決してやさしい環境ではないことは素人の私にも容易に想像できます。


実際プールに入ることで普段は皮膚炎になることがない人間=私であっても、水泳キャップを使わなければ徐々に毛の色が抜けてくるし、ゴーグルを外して泳ごうものなら目が赤くなった経験を数えればきりがありません。


問題が起こると得てして原因を特定、除外しようとするのが世の常。


プールで炎症が起きる場合は「塩素=悪役」を避けるためにプールには入れないという結論に至ります。


そんな中、ファイテンでは逆転の発想。


プールに入ると必ずと言って良いほど炎症を起こしていた人でも実は皮膚炎を起こさない日があることに着目したそうです。


環境は同じでも受け手の状態、すなわち受け手にストレスがあると炎症を起こしやすいのではないか?と考えたそうです。


慢性的に隠れ脱水状態の人は熱中症になりやすい。そもそも体調を崩している時はお腹を壊しやすい、或いは風邪をこじらせやすい。


塩素入りプールで起きる炎症に限らず「受け取り側にどれだけクッション(バッファ)があるか、或いはないかによって外的要因を受けやすい、はたまた受けにくいと捉えることが出来ることが分かります。


ファイテンの考えるストレス軽減法とは?


ファイテンの考えるストレス軽減法はずばり受け手のクッション(バッファ)を増やすことです。


クッション(バッファ)を増やすとは?


言い換えるとカラダの緊張を解き、リラックス感を与えるということになります。


リラックス感がある状態とは、例えば温泉に入ってゆったりしたあとの感覚など。心身共にリフレッシュできている状態だと普段は不眠で苦しむ私も熟睡できる、更には不定愁訴が嘘のように消えていくから不思議です。


ファイテン「メタックス」技術の神髄は人間のカラダ(細胞)ひとつひとつから発せられる電気に着目、メタックスに溶け込んだ金属の作用を利用して細胞レベルにアプローチしている点にあります。


「カラダから発せられる電気とは?」と思った人(私がそうでした、苦笑)は健康診断を思い出してみましょう。心電図や脳波で見ることができる数値はカラダから発せられる波長、すなわち電波状態です。


ファイテンでは「独自の水溶化メタル技術」によって、アクアチタン、ゴールドなどの金属をナノレベルで水中に分散。野球選手などアスリートが首に巻いていることで話題のファイテン・ネック、ボディケア用品として人気があるローションなど商品に応用しています。


ファイテン テクノロジー「メタックス」


写真:水溶化メタル技術によって各種金属を水中分散させた状態は目で見て確認することができます。チタン、ゴールド・・・水溶化された金属によって色が異なります。


ファイテン 商品


ファイテンより販売中の商品一例です。


アスリート御用達!ファイテンネック、気になる場所に手軽に使えるクリーム、スプレータイプ、ピンポイントで使えるテープタイプ他、リラックスタイムに使いたいマットレスやクッションまで幅広く展開しています。


まとめ


バリバリと仕事、休日には趣味のゴルフを続けるファイテン平田社長ですが、そもそもボディケアに携わる仕事を手掛けたいと思った理由は難病を患ったことが切っ掛けだったそうです。


ファイテン式ともいうべきストレス対処法はまさに今、平田社長ご自身が長い時間をかけて体現していたことだったのです。


力を入れることは簡単でも意識的に力を抜くことは非常に難しい。


自分自身ではどうにもならない、一見すると複雑に見える問題も「要因」ではなく「自分自身のストレス」に目を向けることで案外シンプルに解決するかも知れないと思えるようになりました。







関連記事
Posted byTOKYOうさぎ