FC2ブログ

40代からDHC漢方シリーズのススメ!新発売記念「半額」キャンペーン開催中♪

TOKYOうさぎ

TOKYOうさぎ

-

DHC漢方シリーズ 生薬


イライラ、冷え感、疲れ、頻尿etc…40~50代に掛けて女性ホルモンバランス変調や更年期障害に伴い次から次へとやってくる不定愁訴、何となく不調には漢方がおススメです。


漢方に興味はあるけれど始めることが出来ずにいる人、漢方薬を飲んだことはあるも継続して飲む(処方して貰う)ことは物理的に難しいと断念した人(私です、苦笑)でも安心!「DHC漢方シリーズ」なら無理なく漢方を始める&継続することが出来ます。


写真:展示会にてDHC漢方シリーズで実際に使われている生薬(一部)を見てくることができました。


Check!DHCオンラインショップでは現在、漢方シリーズ新発売を記念して大盤振る舞い!!2018年12月15日まで期間限定にて半額キャンペーン開催中です。



スポンサーリンク


DHC漢方シリーズとは?


DHC漢方シリーズとは2018年10月発売解禁となった錠剤タイプの漢方薬(第二類医薬品)です。


記事執筆時点でDHC漢方シリーズとして販売されいている漢方薬は以下4タイプ。


  • 葛根湯エキス錠
  • 麻杏甘石湯エキス錠
  • 加味逍遥散エキス錠
  • 八味地黄丸エキス錠

私しかり「ゆらぎ世代(49歳前後)」真っただ中で悩める女性に嬉しいラインナップは「加味逍遥散エキス錠」「八味地黄丸エキス錠」の2タイプ。


病院に行くほどではないも何となく不調が続く時、一過的な悩みというより長期的に続く悩みに対して漢方の力を借りてカラダ全体からアプローチ、調整したいと思っている人におススメです。


DHC漢方シリーズ


「漢方薬=生薬を湯で煎じて飲む苦い味」の印象があるもDHC漢方シリーズは全て錠剤タイプです。


錠剤タイプにすることで漢方特有の苦みを感じることなくサプリ感覚で外出先でも手軽に飲むことが出来ます♪


以下、DHCオンラインストアで販売中の4種漢方薬について主な成分、用途についてまとめてみました。


葛根湯エキス錠


DHC漢方シリーズ 葛根湯エキス錠


主成分葛根湯エキス
用途風邪の引き始め※、頭痛、肩こり、鼻かぜ
体力中程度以上

※「風邪の引き始め」に使われることで有名ですが正確には「汗をかいていない風邪の引き始め」に用いられる漢方です。


それほど漢方に詳しくなくても「風邪を引いたとき葛根湯を飲んだことがある」人も多いのでは?眠くなる成分が含まれていないので家事や仕事を休むことなく手軽に飲むことが出来ます。


麻杏甘石湯エキス錠


DHC漢方シリーズ 麻杏甘石湯エキス錠


主成分麻杏甘石湯エキス
用途せき込む
気管支が弱くゼーゼー、ヒューヒューする
体力中程度以上

病院に行くほどではない&比較的体力もあるも咳が何時までも止まらなと悩む人におススメ!


昨今、大人で咳ぜんそくになる人が多くなっているのだとか。


もっとも気を付けたい季節は秋。


猛暑で劇的に増えたダニは秋になると死骸となり摩擦によって微細化、肺の器官奥へと入り込むため質が悪いとされています。


かつて風邪でもないのに1カ月間以上咳が続いた経験がある私にとって大量にダニの死骸が増える秋は鬼門の季節。年末を待たず大掃除に明け暮れる季節となりました。


夜中に眠れないほどの咳で苦しんでいたあの頃を思い出すに何ごとも悪くなる前にカラダを整えておくことは大切。備えあれば患いなし「麻杏甘石湯エキス錠」を常備しておけば安心です。


加味逍遥散エキス錠


DHC漢方シリーズ 加味逍遥散エキス錠


主成分加味逍遥散エキス
用途疲れやすい
イライラしがち
冷え症
月経不順
更年期障害
体力中程度以下

月経不順、はたまた40代以降、女性ホルモン低下による不調で悩む人におススメ!「血の巡り」を整えてくれる生薬「加味逍遥散」を手軽に摂ることが出来ます。


40~50代女性で「もしかして更年期障害かな?」と感じたらまずは試してみたい漢方のひとつとして有名です。


イライラ、のぼせなど問題がある時だけだけ飲んで済ませるというよりは一定期間、継続して飲み続けて自分に合う漢方であるか見極める必要があります。


八味地黄丸エキス錠


DHC漢方シリーズ 八味地黄丸エキス錠


主成分八味地黄丸エキス
用途疲れやすい
手足が冷えやすい
頻尿、軽い尿漏れ、排尿困難
高血圧に伴う肩こり・耳鳴り
体力中程度以下※

カラダの「水の巡り」を整えてくれる生薬「八味地黄丸」を手軽に飲むことができます。


※漢方の考え方で「腎虚=腎が弱っている」点にアプローチしている漢方であることから前出「加味逍遥散エキス錠」よりも更に体力低下を感じている人向けに位置付けられる漢方と認識しています。


40~50代より悩み始める人が多いとされる頻尿対策に用いられる漢方として有名です。


漢方の始め方


「漢方薬に興味があるも何処から始めたら良いか分からない」と悩める女性も多いのでは?


40代前半より本格的に漢方薬を始めて早10年、私自身の経験より漢方の選び方、始め方のポイントをまとめてみました。


その1:期間で決める。


短期間、低予算でまずは漢方を始めてみたい、どんなものなのか試してみたい人におススメは「葛根湯エキス錠」です。


振り返るに私自身はじめて飲んだ漢方は葛根湯でした。風邪の引き始めに手軽に使うことができることから漢方とは何ぞやを知るには最適だなと思いました。


他方、一定期間続けて飲むことで自分の体質に合うかどうか見極める必要がある漢方は「加味逍遥散エキス錠」「八味地黄丸エキス錠」の2タイプになるかと。


漢方医から処方された場合であっても”冷え改善”など体質にアプローチする漢方の場合「最低でも1カ月、出来れば3カ月間、様子を見てください」と言われることが多いです。


その2:体質で決める。


DHC漢方シリーズ パッケージ色の違い


「DHC漢方シリーズ」では漢方の考えに則り、体質によって漢方を選ぶことも出来るようにパッケージカラーを黄色、青色の2タイプに分けてます。


「黄色」は体力中程度以上人向け。


いわゆる普段の生活をする上で特に支障はないと思う人向けであることから比較的若いうちから漢方薬を飲み始める人に多く見受けます。


他方「青色」は体力中程度以下人向け。


普段の生活の中で「最近、疲れたなぁ、疲れるようになったなぁ」と感じることが多くなった世代向け。40~50代より意識始める漢方カテゴリーになります。


「どの漢方から始めれば良いか分からない」と悩む人は今現在、自分自身が感じる体力、体質、或いは年代から「青色」または「黄色」、パッケージカラーで自分に合う漢方を大別、選ぶことも出来ます。


その3:もっとも悩みが深いことから決める。


否が応でも避けることができない女性ホルモン低下。


40~50代で顕著に現れる事といえば「血の巡り」「水の巡り」が滞ることによる不定愁訴です。


「血」or「水」自分は一体どちらの「巡り」に問題があるのか、客観的に判断する材料としてまずは自分自身を客観的に観察する必要があります。


血の巡りが悪いと起こること
  • イライラする。
  • 疲れやすい。
  • ホットフラッシュがある。
  • 上半身がのぼせやすい。


水の巡りが悪いと起こること
  • 疲れやすい。
  • 手足が冷えやすい。
  • 頻尿。
  • 夜トイレに決まって起きてしまう。
  • 軽い尿漏れ。
  • 高血圧に伴う肩凝り、耳鳴り。


【血の巡りが悪い時に起こること】【水の巡りが悪い時に起こること】チェック項目共に該当する項目がある場合、どちらの項目によりチェック項目がより多いか、或いは悩みが深いかによって漢方を選択します。


漢方医で診てもらう時も実際、体質チェックによる問診によって飲むべき漢方を決めています。


その4:飲んでから決める。


意外かも知れませんが漢方の専門科、漢方医より処方された漢方薬であっても「まずは1カ月間、飲み続けて様子をみてください」と言われます。


体質に合った漢方を選んだつもりでも実際は飲んでみないと、薬によっては1カ月間以上のみ続けない限り分からないことが実際、多いのです。


反対に、例え漢方医に処方された漢方薬であっても途中断念、中断した経験があります。


例えば、飲み始めてみたもののどうも胃腸がすぐれないなど、期待していたこと以上に副作用の方が問題になってくる場合もあるのです。


胃腸がすぐれない程度であれば良いのですが良かれと思った漢方でカラダを壊しては本末転倒!はじめて漢方薬を飲む時はどんな副作用があるのかチェックしておく、飲み始めておかしいなと思ったら一旦、中断して専門科に相談する必要があります。


その5:専門科に相談して決める。


DHCオンラインショップでは医師、薬剤師など専門科によって構成される「DHC医薬品相談室」を用意しています。


漢方シリーズはじめDHCオンラインショップで医薬品を購入するにあたり質問、相談することが可能。


さすがに24時間対応と言うことはありませんが…薬局実店舗の薬剤師に相談する感覚で気軽に相談できるので安心です。


私自身、漢方を飲み始めて10年以上になることから「今の自分に合う漢方」は自分自身で探すことが出来るようになりましたが、それでも飲み合わせなど不安な時は気軽に相談するようにしています。


参考:私の場合


長期スパンで取り組むべく体質改善に向けて「八味地黄丸エキス錠」半額でのまとめ買い上限となる4個を購入予定です。


現在、更年期真っ只中!イライラ、冷え感もあることから「加味逍遥散エキス錠」にも興味あるもそれ以上に一昨年より急に悩むようになった頻尿対策として「八味地黄丸エキス錠」を試してみたい気持ちになりました。


「八味地黄丸エキス錠」1瓶で15日分あるため4瓶まとめ買いすることで約2カ月試すことができる計算となります。


個人的には3カ月間続けてみたいと考えていたのですが万一、自分に合わなければ無駄な買い物になりますしね・・・2カ月間だけでも半額で試すことが出来るのは嬉しい限りです。


記事で紹介した商品を購入するには?


記事で紹介したDHC漢方シリーズ「DHC公式オンラインストア→「[医薬品」にて検索&購入することができます。


詳細&販売先→DHCの漢方シリーズ

期間限定!新発売記念キャンペーン詳細


期間:2018年10月11日(木)~12月5日(水)


※期間中一人各4個まで。


まとめ


漢方では「7の倍数の年齢に節目がある」とされています。


その言葉のとおり!?49歳を節目に昔は体力に自信があったのに今は体力に全く自信がなくなりました。


経験者(私)は熱く語ります!40~50代にかけて女性のカラダは目まぐるしく変わっていくため定期的に自分自身のカラダをチェック、見直す必要があります。


半額キャンペーンを上手に利用して自分に合う漢方を見つけてくださいね!


関連記事
Posted byTOKYOうさぎ