FC2ブログ

足梗塞予防のためのセルフチェック&セルフケア

TOKYOうさぎ

TOKYOうさぎ

-

2019年9月NHKガッテン特集によると「脳梗塞」「心筋梗塞」に加えて第三の拘束「足梗塞」の人が増えてきているのだとか。


気が付いた時には足を切断しなければならない!なんて悲劇が起こらないようセルフケア&セルフチェックが大切とのこと。


ガッテンで紹介された内容を元にセルフケア&チェック方法をまとめてみました。



スポンサーリンク


セルフチェック


●足毛の生え方で左右に違いはないか?
●左右足指を見て爪の生え方に違いはないか?
●両足裏に色の違いはないか?※


※両足を上げて踵を固定、足首を30回上下に動かした後で足の裏で左右色の違いはないかチェックします。血流が悪いと片方の足だけ白くなっていることが分かります。


セルフケア


●マッサージ
●保湿
●適度な運動


日々自分の足をマッサージすることで両足で違いや変化はないかチェックします。適度な運動、マッサージは滞りがちな血流を促すためにおススメです。


まとめ


足を切断することも・・・


単に足の血流が悪くなったと済ませられない理由として重篤になると足を切断することもあるとのこと。


また命にかかわる「脳梗塞」「心筋梗塞」の前兆という可能性もあるそうです。


自分の足は自分で守る!?


欧米には足を専門に見る医師が存在します。


ルーツを辿るとそもそも靴を履く文化によりますがそれだけ足に対する関心が強いということ。


足専門病院があるほどなので日本で言うところ歯科医で定期的に歯の状態を見て貰う如く足の状態をチェックすることになるため安心です。


他方、日本においては足専門医がいないことはもちろん、足の痺れ、ちょっとした痛みを軽んじている傾向があるように思います。


なぜか。


日本では「足は汚いもの」として人に見せる文化がないため。積極的に足をケアする習慣がそもそもないと言うことらしいです。


靴を履くことが日常となった昨今、足専門医がいないならば自分自身で、常日頃から足をしっかりチェック&ケアすることは大切だと痛感します。

関連記事
Posted byTOKYOうさぎ