アクティブ派に最適!にノースフェイス「ホライズン ハット」買ってみた。

TOKYOうさぎ

TOKYOうさぎ

North Face


今週末2泊2日で久しぶりに山に行く事にしたこともあって、アウトドア用の帽子を新調しました。


選んだ帽子はノースフェイスの「ホライズンハット」。


アウトドア用として作られた帽子だけに抜群の機能性はもちろんのこと、何と言ってもビビットな赤色がファッションのワンポイントとなってくれそう・・可愛いデザインがお気に入りです。





スポンサーリンク


UVカット率をチェックする。


P1090001.jpg


紫外線対策を一切しないまま、若い頃より海山とアウトドア三昧だったこともあって、顔やカラダにシミ多数(悲)。


普段の生活でも紫外線が気になって仕方ない夏だけど、標高が高くなると更に紫外線の影響が高くなるのよね・・・(--)。


「日焼けはアウトドアを愛する証」なんてことはもはや言ってられない!これ以上、日焼けしたくない私にとっては、とても大切なUVカット率かも知れません。


何とUVカット率85%以上!って、正直、残り15%がどの程度のモノであるのか良くわからないけど、高いに越したことはないですね。


実力については、今後、使用を重ね、結果を検証してみたいと思います。


材質をチェックする。


P1090003.jpg


▲一見すると「薄い綿素材」を思わせる質感&見た目なのだけど、ナイロン100%。


ちなみに「濡れてもすぐ乾く、重くならない」がアウトドア用品の大切な条件のひとつ。


だから「綿」素材は概ねNG。


濡れるとずっしり重たくなるジーンズ素材なんてもっての外ですね。


ついでに指摘される前に白状しておくと帽子サイズは「L」にしました。


ノースフェイスを初め、外国の帽子を試着してつくづく思うのは、外人さんってカラダは大きい癖に、頭は小さいのよね(--)。


それに比べて日本人・・私だけ?カラダは小さいのに頭だけは大きいのは何故???


一応、女子だし、見栄もあって(苦笑)、ピッタリサイズの「M」にしようかなぁ・・と迷ってはみたものの、加齢で減ってきたとは言え髪量も多いし、蒸れて暑くて帽子をかぶっていられない!なんてことがないように、ユトリある「L」にした次第。


←と何やかんや言い訳がましい私。


デザインを全方位からチェックする。


2012-08-22.jpg


▲ビビットな赤色が際立つデザイン、オフホワイトがアクセントになっている。


前面に「The North Face」のロゴ。


ロゴを表にだすことに賛否、好みが別れるところだけど、大好きなノースフェイスだから許しちゃう。


後ろ面から見ると、頭に帽子がフィットするようにワンタッチで調整出来るゴムが付いていることが分かる。


頭を覆う部分、帽子のつばをチェックする。


ホライズンハット


このごろ、余計なものが気になる私。


邪魔だからタグを切り取ってしまおうかなぁと思ったけれど、名前でも書くために取っておくことにしました。


外界の宿と違って、多くの登山客が一同に利用する山小屋、荷物など散乱&万一、同じ物を持っている人がいたりすると、どれが自分のモノだか分からなくなって困ることがあるから名札は必須なのよね。


側面に蒸れ帽子のためのネットが張られていた。


アウトドア用今どき帽子であれば当たり前となった感もあるけど、ムレ防止のために是非とも欲しい機能のひとつ。


帽子つばを選ぶ基準について


大きければ大きいほど、紫外線カット率は高くなる一方で、風で飛ばされる心配がある。


よってアウトドア、特に風に煽られることが想定される山道での使用を考えると、それ程大きなつばのモノは不適ですね。


ノースフェイス「ホライズン ハット」の場合、そもそも登山用として作られたこともあって、紫外線カット、風による抵抗、それぞれ丁度良い加減で作られたつばの大きさだと思います。


通気性をチェックする。


P1090014.jpg


▲赤の生地部、オフホワイトの生地部は通気性を確保するため、数箇所止めてあるだけなので、生地をめくってみると裏面に張られたネットが見える。


紐をチェックする。


P1090023.jpg


▲風が吹いて帽子が飛んで行かないように首にかけることが出来る紐も必須。


表地に使われている生地と共布にて紐が付いている。


片手でもワンタッチで長さ調整可能。


フィット感調整


P1090105.jpg


▲「緩いほうがラク、蒸れない」とは言え、すぐに頭から外れてしまうようでは勝手が悪い。


自分の頭の大きさに合わせて微調整できるように調整ゴムがついているのが嬉しい。


ノースフェイス・ホライズンハットを購入するには?


記事で紹介したホライズンハット(最新)は以下オンラインショップにて購入することができます。


●Amazonで購入 → ホライズンハット
●楽天で購入 → ヒマラヤ楽天市場店


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply