明治神宮まで初詣へ行って来ました。

TOKYOうさぎ

TOKYOうさぎ


2013年も明けて6日目になりましたが、明治神宮まで友だちと一緒に初詣へ行って来ました。


深緑の森に囲まれた境内に一歩足を踏み入れた瞬間、東京都心の中でも一際多くの人でごった返す原宿駅を先ほど降り立ったことがまるで嘘のように、厳かな気持ちになりました。


 

スポンサーリンク



▲まずは境内に入る前にある古神符納札所に寄ってお守りを納札します。



▲日本酒の樽が奉納されていました。



▲反対側にはワインの樽の奉納がズラリと並んでいました。



▲暫く参道を歩くと再び鳥居に向けられます。向かって右側にはたくさんの提灯が飾られていました。



▲お参りする前に手を清めます。ちなみに写真は初詣用に臨時に作られた手水舎ですね。



▲常設の手水舎です。着物姿の女性もチラホラ見受けられました。



▲参拝順路の大きな看板がありました。正月三が日は長い参道から南神門まで辿り着くのも大変なのだけど、本日1月6日ともなるとスムーズに南神門まで進むことができました。



▲南神門に入る前にあるお守り販売所。



▲南神門です。



▲明治神宮「南神門」で有名な破魔矢です。



▲南神門を潜った境内。



▲おみくじ販売所付近。参拝に来た皆さんもドキドキ?!おみくじ見ていました。



▲賽銭箱の前。元旦より5日経つのに賽銭箱の前はさすがに多くの人が参拝していました。とは言え比較的空いている午前中に行ったこともあって最も混雑している中央付近で30分程度で参拝出来たと思います。



▲賽銭箱を横から見た様子。三が日は大きな白いシートもたくさんの賽銭で覆われます。



▲参拝後は友だちが家へお守りを買って帰りたいと言ったので販売所へ寄りました。



▲友だちが買った「福扇」1500円でした。一般的な「守護」破魔矢に比べると華やかですね。



▲帰り道参道にて。たくさんのおみくじが結ばれていました。


降れば雪になると言われた連日の厳しい寒さも小休止で、参道を歩く内、着ていたコートが邪魔になるほど、寒さが緩んだ一日でした。



関連記事
Posted byTOKYOうさぎ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply