顔のたるみを本気で何とかしたい!40代後半からやっておきたい8つの習慣

TOKYOうさぎ

TOKYOうさぎ

ビーグレン「クイックリフトアップマスク」


「老け顔に見える元凶は"たるみ"にある」46歳を過ぎた頃から顔の"たるみ"を何とかしたいと真剣に考えるようになりました。本気で本気で顔のたるみを何とかするためにに40代後半から実践しておきたい8つの習慣をまとめてみました。


写真:「サイエンスコスメb.glen2014年サマービッグセールにて特別プレゼントとしてされた提供「クイックリフトマスク」。夏と冬に開催されるセールで一定金額以上を購入すると非売品スキンケアグッズをゲットすることが出来ます。

 

スポンサーリンク


本気で顔のたるみを取るためのポイント


1.リンパの流れを知る。


フェイシャルエステに通って居た頃、エステシャンの人から教えてもらったことが顔にあるリンパの流れを意識するということでした。


その後、NHKためしてガッテンや美のカリスマ田中宥久子さんがテレビ番組内で紹介するなど、リンパマッサージが話題になりました。


上手にリンパマッサージをするためには「顔」の中に存在するリンパが滞りやすい部分についてまず知ることから。


リンパが滞りやすい場所を以下に示してみました。


リンパという言葉を知らなくても顔を押されて「あら気持ちが良いな」「強い痛みがあるな」と思った場所が実はリンパの流れにとって大切な場所だったかも。意識してマッサージすることで効率良くセルフ・マッサージできるようになります。


【リンパマッサージに重要なポイント】
  1. 鎖骨
    特に鎖骨終端となる肩に近い部分は「リンパのゴミ箱」と云われています。
  2. 首筋
    肩から耳に向かう首の横のライン。リンパの通り道=経路に当ります。
  3. 顎の下
    二重あごが気になるあたりです(笑)
  4. 耳たぶを挟んだ前後
    リンパ節があるので指で押しただけで気持ち良く感じることができます。

顔21-001


自分の顔を出すのは恥ずかしいのでイラスト描いてみました・・ww。黄色に塗った部分がリンパにとって重要な場所となります。


2.マッサージ方法をマスターする。


マッサージしていく順番はリンパ節から遠い場所からリンパ節に向かって。


先に列挙した【リンパマッサージに重要なポイント】項番で言うと1~4の順でマッサージすることがポイントになります。


実際にリンパマッサージをやっているフェイシャルで体感してみることが一番の近道かと思うけど、近くにリンパマッサージをやっているフェイシャルなんてない。高くて無理、時間がない場合もあると思うので、別記事にまとめてみました。⇒ たるみが気になる人にオススメ!毎日続けよう小顔リンパマッサージ習慣


3.マスターしたマッサージを継続する。


実は、マッサージ方法をマスターするのと同じくらい大切なこと。美容も健康も同じ、どんなに良い物でも続けなければ効果は持続しません。


4.上手にマッサージクリームを取り入る。


顔のマッサージで肌にストレスを与えないためにも、マッサージクリームを適宜使うことは大切なこと。


もっとも手軽な方法は洗顔時に泡立てた石けんを使ってマッサージすること。


自分にあったものを見つけることが一番だけど、私の場合、肌乾燥も酷く進んでいるので、美容液成分を含んだものを選びたいなと思っています。


5.顔の筋肉を鍛える。


特別な運動をしなくても一定の筋肉量を保っていた若い頃と違って、ホルモンバランスが崩れる更年期以降、何もしないと筋肉量は40%程度落ちるそうです。


顔も同じ。


表情筋が衰えることでたるんだ表情になるので、40代後半からは意識して鍛える必要があります。


道具がなくても表情筋を鍛えることは可能。私自身もそうしています。



ただし!「自己流」に少しでも不安がある人は表情筋トレーニングのための道具を用いることをおススメします。道具を用いることで表情筋にアプローチ、効率良くトレーニングすることができます。



6.生活習慣を整える。


20代の頃、可愛い&美容にお金をかけているにも関わらずサメ肌&血色が悪い肌の女友だちがいました。


理由はタバコ。


顔のたるみに限らず、一般的に健康のため悪いと言われることは美容、にも悪いです。


  1. 睡眠を十分にとる。
    ⇒ どんなにリンパマッサージをしたとしても、更にリンパの流れが悪くなるような生活習慣をしていては元の木阿弥。成長ホルモンが出るといわれるエンゼルタイムと言われる10時~3時の間はしっかり就寝していたいですね。
  2. 野菜を十分に含んだバランス良い食事を心がける。
    ⇒ 野菜を最初に食べるだけで血糖値がが上がりにくくなります。
  3. タンパク質をしっかり摂る。
    ⇒ 特に寝る前に良質のタンパク質を摂ると効果的。
  4. タバコは吸わない。
    ⇒ 20代の友だちの肌トラブルの原因は多分たばこ。女性にとって最大の敵じゃないかな。
  5. お酒はホドホドに。
  6. 疲れ過ぎない。
    「疲労=老化」と言われています。カラダに良いと思うことでもやり過ぎは禁物。
  7. チョコレートなど甘いモノの食べ過ぎに注意する。
  8. ストレスを取り除く工夫をする。
    ⇒ 好きな音楽を聴く。休む。ゆっくりお風呂に入るなど。

本気で顔のたるみを何とかしたいと思った時が始め時?!まとめ


美魔女ブームになって久しいけど、私からみると45歳を堺に女は大きく変わると思っています。


理由は45歳くらいまでは平均して女性ホルモンに守られているから。


例えば自宅でマッサージをするなんて、やり方を覚えるなんて面倒、難しそうなんて思う人もいるかもだけど、エステにかける時間とお金を考えれば安いもの。何より若々しい自分の顔を観たら張り合いがでるもの。46歳以上は努力の差がそのまま顔に出て来るような気がしてなりません。


これ以上気になる「たるみ」を増やさないために8つの習慣をこれからも継続して行きたいと思っています。




2014.6.16:ビーグレンマスク記述追加、他記述訂正。
2018.7.4:https対応
関連記事
Posted byTOKYOうさぎ

Comments 2

There are no comments yet.

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2014/04/20 (Sun) 02:00 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/06/09 (Thu) 11:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply